医療・医薬・福祉

汎用超音波画像診断装置 “LOGIQ P10”を新発売 ~日常診療に忙しい専門医の心強い味方コンパクトな中に、ハイエンド画質と機能を凝縮~

GEヘルスケア・ジャパン株式会社
汎用超音波画像診断装置“LOGIQ”シリーズの新モデル「LOGIQ P10」(ロジック ピーテン)を販売開始

医療課題の解決に取り組むヘルスケアカンパニー、GEヘルスケア・ジャパン株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長兼CEO:多田荘一郎、以下GEヘルスケア)は、汎用超音波画像診断装置“LOGIQ”シリーズの新モデル「LOGIQ P10」(ロジック ピーテン)を販売開始しました。


LOGIQ P10
「LOGIQ P10」は、40万件以上の顧客サーベイ結果から得られたデータ解析と顧客の声を反映し、短時間での診療に直結する画質と機能を追求した新製品です。総人口に占める高齢者の割合が増加するに従い、受診者数が増加し、患者さん一人ひとりに対して効率的かつ高精度な個別化医療が今後さらに必要とされています。また、医療技術の発展による超音波検査の幅の広がりや安全性を考慮した超音波ガイド下生検の需要も非常に高くなっています。このように、スピードと正確性が同時に求められる医療現場で、超音波検査に従事する医師・ソノグラファーの負担を軽減し、検査室・外来・病棟など検査する場所にとらわれず、自信をもって患者さんの病態を短時間に把握したいというニーズに応えるべく、「LOGIQ P10」は以下の特徴を有しています。

【製品特徴】
■診療スピードに直結する「ハイエンド画質」

LOGIQ P10には、フラグシップモデルのLOGIQ E10シリーズと同じXDclearプローブの搭載が可能で*1)優れたペネトレーションと高い空間分解能を両立しています。XDclearプローブは単結晶の振動子を用いることに加え、Acoustic Amplifier技術により損失していたエネルギーの効率的な利用を可能とし、Cool Stack技術により熱損失を低減することでペネトレーションと分解能を最大化する日本で開発されたプローブです。帯域幅の拡大により、従来2本のプローブを必要としていた周波数帯域を1本でカバーできるため、多忙な日常診療の中でも、精査・治療までの的確な判断をスピーディに下せるようにサポートします。
また、穿刺時の確実なターゲットの把握のために、穿刺用のマイクロコンベックスにも単結晶プローブを採用し、超音波ガイド下生検やドレナージ、インターベンションに大きく貢献します。さらに、超高周波22MHzリニアプローブを採用し、フラグシップモデルのみ対応していた超高周波プローブを外来や処置室等など限られた場所でも活用することができ、診療の幅を大きく拡大することが可能です。各診療科の専門的な診療に、ハイエンドな画質で応えます。
*1)C1-6-Dプローブ, C3-10-Dプローブ

<LOGIQ P10 Advanced Image Quality>

従来はハイエンドモデルにのみ搭載可能であったXDclearプローブ(左・中)と超高周波リニアプローブ(右)

■1分1秒の価値を引き出す「操作性」
日々ご使用いただく機能やモードを、まるで体の一部のように迷うことなく使用できるように、ボタンやキーを厳選し、操作パネルからタッチパネルまでの距離を短く設計したことで、検査の効率化を図ります。初めてLOGIQ P10に触れる方でも、ひと目で操作を直観できるように、各診療科に合わせて、タッチパネルは計測、コメント、ボディマークを1ページにレイアウトできるMy Pageを搭載。従来はモードの起動・選択に2ステップを要していた操作も1タッチで完了します。また、1秒でも早く最適な画像を得られるように、オート機能も充実しています。Bモードの自動最適化機能*2)、カラードプラ*3)・パルスドプラ*4)の自動最適化機能、計測項目の多い心血管領域の自動計測機能*5)など、検査時間を大幅に短縮できる機能を搭載し、検査者と患者さんの負担軽減を目指しています。
*2)ATO:コントラストの最適化
*3)Auto Doppler Assist:関心領域の最適化
*4)ASO:ドプラ波形の最適化
*5)Auto EF:心駆出率の自動計測、Auto IMT:内膜中膜複合体厚の自動計測

<LOGIQ P10 操作パネル>

操作パネルからタッチパネルまでの距離は極めて短く設計され、手元操作の範囲やストロークを少なくすることで、検査の効率化に貢献。ボタンの数を軽減し、迷うことなく、まるで体の一部のようなスムーズな操作性を実現しました。

■各診療科のニーズに応える「専門機能」
限られた時間の中でも自信をもって診断し、患者さんからの高い信頼を得たいと願う先生方のご要望に応えるべく、各診療科向けに、様々なシーンに応じた専門的な機能をカバーしました。Shear Waveを用いた硬度計測は、せん断波の伝搬精度を可視化するクオリティマップを採用し、再現性の高い計測が可能です。穿刺針の視認性を高めるB Steer+機能は、安全かつ正確な穿刺に貢献します。フォローアップ検査の際にも過去の画像と画像パラメーターを一致させて比較しながら検査を行うことができるCompare Assistant機能は、前回検査からの変化について患者説明の際にお役立ていただけます。このように、1台のLOGIQ P10で診断から治療、フォローアップまで、専門的な検査を短時間かつ簡便に行うことができます。

<LOGIQ P10 2D Shear Wave Elastography>

Shear Wave Elastographyは、2D Color MapとQuality Mapに対応しています。

■院内を軽やかに駆けめぐる「機動力」
コンパクトサイズで67kgというクラス最軽量*6)を実現しました。スペースの限られた診察室や病棟はもちろん、救急や手術室など場所を選ばずハイパフォーマンスのLOGIQ P10をお使いいただけます。当社同クラス最大の23.8インチの高精細ベゼルレスワイドモニターを搭載し、様々な検査環境でもストレスなく、かつ円滑に検査を行うことが可能です。
*6)当社LOGIQシリーズコンソール型超音波画像診断装置における最軽量

<LOGIQ P10 Compact & Light>



汎用機だけでなく、専用機や訪問医療にも対応できるポケットタイプまで、幅広い超音波画像診断装置の製品群を展開するGEヘルスケアが、日本の狭小な環境でもご活用いただくことが可能なハイパフォーマンスでコンパクトな製品を実現化しました。ハイエンドから踏襲された高画質と高機能をコンパクトな中に凝縮し、日常診療に多忙を極めている専門医の先生方に寄り添う超音波画像診断装置に仕上がりました。

■その他、本資料に記載された装置の製品名/薬事販売名/医療機器認証番号は以下の通り:




GEヘルスケア・ジャパンの超音波画像診断装置
当社の超音波画像診断装置は、現在、汎用の「LOGIQ(ロジック)」、循環器用の「Vivid(ヴィヴィッド)」、産婦人科用の「Voluson(ボルソン)」、各診療科の特定ニーズに対応する「Venue(べニュー)」、開業医向け「Versana(ベルサナ)」、乳房用「Invenia ABUS(インべニアエイバス)」、ならびに2010年10月に発売したポケットサイズの「Vscan(ヴィースキャン)」の7ブランド体制で、エントリーモデルからプレミアムハイエンド機まで、医療機器のニーズにきめ細やかに応える製品を世に送り出しています。また、VenueシリーズやVscanなどバッテリー駆動の可能性と簡便性、高い機能性を誇る装置を通じて、在宅・災害医療時や、麻酔科や整形外科、リウマチ科などこれまで超音波画像診断装置の使用頻度が低かった分野における新たな利用機会の創出を積極的に進めています。
これらの取り組みを通じて、全てのブランドにおいて幅広い製品の投与ならびにサービスの充実を進めることで、優れた医療ソリューションの提供を図り、「人にやさしい、社会にやさしい」医療の実現に貢献することを目指します。

GEヘルスケア・ジャパンについて
GEヘルスケア・ジャパン株式会社は、GEヘルスケアの中核拠点の1つとして1982年に創設されました。予防から診断、治療、経過観察・予後管理までをカバーする「プレシジョン・ヘルス」の実現を目指し、インテリジェント機器やデータ分析、ソフトウェア、サービス等を提供しています。国内に研究・開発、製造から販売、サービス部門までを持ち、日本のお客様のニーズにお応えしつつ、日本が直面する医療課題の解決に取り組んでいます。日本における社員数は約1,700名、本社および約60カ所の事業拠点があります。
詳細はホームページwww.gehealthcare.co.jpをご覧ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)