美容・健康 流通

日本製CBDオイル【RECALM】の事業譲受に関するお知らせ

株式会社LUNAN
美容・健康・老化防止・鬱・リラックス・ストレス・快眠・生理痛などにも効果がある植物由来成分CBDオイル

株式会社LUNAN(本社:東京都渋谷区恵比寿西、代表取締役:菅谷剛志、以下当社)は株式会社echelle(本社:東京都渋谷区渋谷、代表取締役:山村真稔)から日本製CBDオイルRECALM(リカルム)事業を譲り受けすることで2021年3月22日に合意し、クロージング期間を経て、5月1日より弊社での販売をスタート致しましたのでお知らせいたします。



【事業譲受した理由】


当社は恵比寿にテーブルアートのお店【dolloom ebisu】などを運営しております。
新型コロナウイルスの影響が出るまでは連日予約でほぼ満席でしたが、2020年3月後半から大幅に売上が減少しました。テイクアウトやデリバリーも行っておりますが、売上は依然として厳しいままで現在でも前年対比を大きく下回っています。

現在は時短営業、席数を減らしての営業もあり当社の社員やアルバイトの「雇用を守るために」以前より私自身が効果効能を感じていたCBDオイルでのEC事業参入を考えていたところ、知人を通じてCBDオイルのD2C事業を運営されているechelle様をご紹介いただきました。

実際に私やスタッフで、提供されているCBDオイルを使用し効果を感じたことに加え、国産のCBD自体がまだまだ少ない中、日本製で安全な製造工程で作られる製品自体に魅力を感じたことから、echelle様と交渉をスタートし、21年3月でCBDオイル【RECALM】事業を譲渡していただく形となりました。



【CBDオイル事業を通じで実現したいこと】


新型コロナウィルス感染症の感染拡大によって、この1年で働き方や余暇の過ごし方が大きく変わりました。
勤める会社やご自身の事業に大きく影響があった方も多いと思います。私自身もその一人です。

時短営業が出るたびに繰り返される相次ぐ予約キャンセルと食材のロス、思うようにスタッフを勤務させてあげられない日々。
恵比寿という場所もあり固定費も高く補償金では対応できず、不安の中、寝付きが悪い日々を過ごしていました。

約4か月前にCBDオイルと出会い、毎日摂取することで不思議なことに精神を落ち着かせることができ、快眠も得られるようになりました。CBDオイルが広く流通している欧米では、すでに多くの研究が進んでおり、緊張の緩和や不眠の改善に効果があるとの論文も多く発表されています。正直、もっと早くCBDに出会えていたら良かった、と思っています。

当社はCBDオイルによって、1人でも多くの方の不安や苦痛を緩和する一助となり、心豊かで穏やかな毎日を過ごせる世の中を実現していきたいと考えております。



【CBDオイル【RECALM】の特徴、他のCBDオイルとの違い】




当社のRECALMは安全、安心な「日本製」です。
製造は企画・監修から入り、実際の製造工程はOEM委託先の国内工場で丁寧に製造・瓶詰めしております。

「海外から既製品を輸入しラベルだけ変えたブランドではございません。」

また、現在、効果や製品に対して「特許出願中」です。
 




【当社のRECALMは5月より販売開始】




5月よりRECALMのパッケージを一部新しくし販売開始をしました。

通常7344円(税込み)をキャンペーン中は6900円(税込み)にて販売いたします。

又、今後は様々なキャンペーンも実施予定しております。
詳細は下記のインスタグラム、ツイッター等で随時告知していきます。

【公式ホームページ】 https://recalm.co.jp/
【LPページ(製品紹介)】 https://recalm.co.jp/product/
【ECページ(製品販売)】 https://shop.recalm.co.jp/

【インスタグラム(recalm_cbd】 
https://www.instagram.com/recalm_cbd/?igshid=7vtrwu41d7tg

【インスタグラムサブアカウント】(recalm_cbd_oil)
【ツイッター】https://twitter.com/recalm_official




5月より販売開始に伴いキャンペーン実地中。2本セットは8%OFF。3本セットは15%OFF







友人におすすめしたいCBD。使い続けたいCBD。で2部門でNO1も頂いております。


 




1本1本丁寧にオリジナルケースに入れてお届けいたします。





企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)