医療・医薬・福祉 暮らし

一般社団法人LMNが全国で「おもいやりサポーター」の募集を開始します。

一般社団法人LMN
超高齢社会に必要とされるシニアライフサポートのノウハウが身につき、実践に活かせます。

週刊誌やTVなどで今、介護から納骨までのシニアライフ特化型コンシェルジュサービスを行っている一般社団法人LMNが、クライアント様向けに行っている生活サポートサービスを担当する方々を全国から募集します。


一般社団法人LMNではシニアライフの生活サポートサービスを全国に拡大すべく、LMNおもいやりサポーターを全国で募集開始いたします。

■LMNおもいやりサポーターとは
一般社団法人LMNがご契約いただいたクライアント様向けに行っている生活サポートサービスを行う方々です。
これまで関東圏中心でしたが、お問合せの全国規模拡大を受け、全国で募集するに至りました。

■おもいやりサポーターのサポート例

定期訪問
緊急時の駆付け・同行援助
終末期時のサポート
ご家族のサポート
専門分野の仲介や紹介
入所・入院等の手続き代行やサポート
介護サービス等の申請代行
行政手続き代行

▶私たちの仕事について、以下でご紹介されました。
「親の面倒を見るのは子の務め」は常識ではない|ByondHealth
https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/feature/00003/050600206/?P=1

■サポート依頼の流れ

クライアント様からの依頼
各地域の登録サポーターへの依頼
サポートを実施(サポーターは実施報告書提出)
お客様から本部へ代金振り込み(4時間程度対応 1.1万円 8時間程度対応 2.2万円)
おもいやりサポーター様の口座へ本部から支払い(4時間程度対応 5.5千円 8時間程度対応 1.1万円)


■おもいやりサポーターはこのような方におすすめ

終活の資格は取ったけど…実際には活かされてない
介護士やヘルパーの資格までは自信がないけど誰かのサポートをしたい
以前、介護関連の仕事をしていたが少しの時間でいいならまたやってみたい
現役で働くのは少し無理かも知れないけどまだ働いていたい


■おもいやりサポーター登録までのながれ

先ずはシニアサポートの基礎として動画や資料で学習をしてもらいます                   (登録手数料・教材代金として1.1万円)
一通り終わり、おもいやりサポーターの申し込み希望の方は用紙にて申し込み
2時間程度のおもいやりサポーターの活動についてを受講後に実際の活動を開始できます        (※契約は業務委託契約のため、福利厚生や雇用契約は発生しません)
認定証とおもいやりサポーター認定カードを発行致します。

おもいやりサポーターとしてシニアライフの知識を身につけたい方、スキルを活かしたい方はぜひお問合せください。


<募集概要>
【募集名】LMNおもいやりサポーター
【募集開始】2021年5月17日より
【募集人数】  100名
※応募者多数の場合は、応募を中止する可能性もございます。
【応募方法】
申込先 :メールまたはフリーダイヤルでお申し込みください。
メール : info@support-lmn.com
電話 :0120-003-867(受付時間10時~17時)

上記いずれかで応募後、「おもいやりサポーター概要」を送りますので、お読みいただき正式にお申し込みください。
※お問合せも上記連絡先にお寄せください。

【一般社団法人LMNについて】


最期まで利用者様の「自分らしく」を私たちLMNが伴走いたします。 L(Life 生活)M(Medical 医療)N(Nursing)の組み合わせがあらわすように、私たちは医療・介護の場面はもちろんQOL(生活の質)の維持や誰もが必ず迎える終末期の準備までクライアント様関わる方々との「つなぎ役」となれるように考えています。 それぞれの家族の最期を大事に一つでも多くのよい想い出を増やせるように私たちにお気軽にお声をかけてください。

また、私たちは多くのサポートスタッフや知識・経験豊富な提携先とも繋がり一人一人にあったサポートをご提案しています。決して諦めずご相談いただければ重くのしかかった荷物を少し軽くする事ができるかも知れません。

<会社概要>
会社名:一般社団法人LMN
事業内容:シニアライフ特化型コンシェルジュサービス
シニアライフサポーター育成事業
設立:2016年7月15日
代表者:遠藤英樹
会社URL:https://www.support-lmn.com
連絡先: Tel 0120-003-867
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)