教育・資格・人材 美容・健康

株式会社アイグランホールディングス ●全従業員約4500名に対し第2弾の「特別感謝金」を支給 ●ワクチン接種(任意)をする社員の内希望者へ特別有給休暇(ワクチン休暇)の付与

株式会社アイグランホールディングス
~新型コロナウイルス感染拡大状況を踏まえた革新的な取組~

保育施設運営園数全国トップクラスの株式会社アイグランホールディングスは、運営する保育・関連施設464か所、フィットネスジム17か所で勤務する全社員(パート含む)約4500名に第2弾の「特別感謝金」を支給。 また、ワクチン接種時の副反応が人により重篤との報道等を鑑み、特別有給休暇(ワクチン休暇)付与を決定しました。


 新型コロナウイルスの新規感染者が引き続き増加傾向にある中、全国で保育・関連施設464か所、フィットネスジム17か所を運営する(株)アイグランホールディングスは、行っている事業全てが決してテレワークに代替することが出来ない事業であります。コロナ禍においても日々それぞれの保育園等で頑張ってくれている社員の皆さんに少しでも感謝の気持ちを伝え、労をねぎらいたいとの想いから、昨年4月に続き2回目となる「特別感謝金」を全社員(パート含む)約4500名を対象に2021年5月25日支給分の給与に上乗せして支給します。
 さらに、ワクチン接種が全国で実施され始めたことを受け、人によっては副反応が重篤だという報道等を鑑み、ワクチン接種当日と翌日(合計4日)を対象とした「特別有給休暇(ワクチン休暇)」を今年度付与することを決定しました。
 この二つの取組に対してアイグランホールディングスは、最大で総額約2億円の拠出を予定しています。
■「特別感謝金」支給の想い
 新型コロナウイルスが猛威を振るう中、保育園等の社会インフラの維持のために頑張ってくれている社員の皆さんに対する感謝の想いでの支給となっています。当社の展開している事業は、テレワーク等に切り替えることが絶対にできない事業です。現在の国家的危機ともいえる状況下において、アイグラングループの理念である「未来に貢献できる企業でありたい」を全うするために、日々全国の保育施設等で感染対策に細心の注意を払いながら、ご利用者様に真摯に向き合い職務にあたっている社員の皆さんに対して、少しでも感謝の気持ちを伝え、労に報いることができればという想いから昨年4月実施の第1回目に続き第2回目の「特別感謝金」の支給を決定しました。
■「特別有給休暇(ワクチン休暇)」支給の想い
 アイグランホールディングスでは、保育園等をご利用いただいているご利用者様に安心して利用いただける施設を運営するために、それと同時に社員の健康や命はかけがえのない大切なものであるという考えのもとに、昨年12月より自主的にほぼ全社員約4500人を対象に毎月PCR検査を継続実施しています(ワクチン接種済者は毎月のPCR検査対象から外す予定です)。新型コロナウイルスワクチンの接種が始まり、接種時の副反応が人によっては重篤だという報道等を鑑みて、ワクチン接種(任意)をした社員のうち(接種後に痛みや体調不良等を理由とした)希望者を対象にしてワクチン接種当日と翌日(合計4日)に「特別有給休暇(ワクチン休暇)」を今年度付与することを決定しました。
 ワクチン接種を希望する社員が仕事や有休の都合を気にしてワクチン接種を先送りにすることなく、安心してワクチン接種に臨める社内環境を構築することを考えての取組となっています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)