その他 医療・医薬・福祉

新型コロナウイルスワクチンを安全管理します!神戸市役所保健局に「ワクチン管理監」を設置

神戸市
再発防止のために2021年5月14日(金)より業務を開始し、「ワクチン接種対策室」の体制強化も実施

神戸市は、5月11日(火)に集団接種会場に配送された新型コロナワクチンの管理が徹底されず、192バイアル(960回接種分に相当)のワクチンが 使用できない状態になった事故を受け、再発防止のため、新型コロナウイルスワクチンの保管・配送・受領等の安全管理にかかる統括を行うワクチン管理監を、5月14日(金)付で健康局に設置します。また、ワクチン接種を迅速に進めるために、神戸ハーバーランドセンタービルに設置する神戸市独自の大規模ワクチン接種会場について接種開始日・接種規模等が決定しましたのでお知らせします。





神戸市独自の「大規模ワクチン接種会場」の接種開始(5/25)について


1. 概要
場所 : 神戸ハーバーランドセンタービル3階・5階(約3,600平方メートル )
    神戸市中央区東川崎町1丁目3-3
予約開始日 : 2021年5月14日(金曜)
接種開始日 : 2021年5月25日(木曜)
       ※開始当初は3階のみ、2回目接種開始以降は3階及び5階

2. 接種規模
1日平均2,000人 (当初約1,000人接種、段階的に約2,000人接種)

3. 運営体制(予定)
接種 : 歯科医師または看護師 28名
予診・急変時対応 : 医師 4名程度
問診・接種補助・経過観察 : 看護師 86名
薬液準備(希釈) : 薬剤師または看護師 24名

4. 歯科医師への研修(神戸市医師会館4階ホール)
日時 : 5月15日(土)15時
      16日(日)10時、14時
23日(日)10時、14時
内容 : 講義、筋肉注射の実技

5. 接種シミュレーション
日時:2021年5月20日(火) ※非公開


ワクチン管理監の設置について


◇ワクチン管理監



斉藤 博之(さいとう ひろゆき) 63 歳
前環境局環境保全部長

<参考>
5月14日には、ワクチン接種対策室の体制強化として、部長級1名、課長級1名、係長級1名を増員するとともに、係長級1名の兼務発令を行います。
これに先んじて、大規模接種会場の運営等のため、5月10日に課長級3名、係長級4名、担当4名の11名の兼務発令をしており、今回の体制強化により、ワクチン接種対策室の体制は、本務10名、兼務23名の計33名の体制となります。



新型コロナワクチンの接種状況と予約状況について


【接種状況】
◇医療従事者の接種 (5月6日時点)
〇 約3万3,000人が1回目接種済(約54%)
〇 約1万4,000人が2回目接種済(約23%)

◇高齢者の接種
1.高齢者入所施設における接種 (5月12日時点)
〇 50施設 約4,200人が1回目接種済
〇 1施設 60人が2回目接種済50施設
2.集団接種会場における接種
〇 5月10~12日 1,860人(620人/日)

【予約状況】
〇 14万3,621人が予約済 (75歳以上の約60%)
⇒うち2万3,476人がお助け隊のサポートによる予約 (上記の16%)
〇 予約可能施設の追加
・6月7日(灘区)集団接種会場での接種開始
・5月14日(灘区)暫定集団接種会場の設置(12か所目)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)