その他 医療・医薬・福祉

神戸市、「こども・若者ケアラー」の相談・支援窓口を2021年6月1日(火)設置

神戸市
~ 様々な困難を抱える子どもへの支援など、すべての子どもたちの未来を応援する施策を推進していきます ~

神戸市は、社会問題化する通称「ヤングケアラー」の支援に向けたプロジェクトの一環として20代の方も含めた「こども・若者ケアラー」の相談・支援窓口を2021年6月1日(火)に設置。当事者はもちろん、関係者からの相談を受け付け、ケースに応じた支援へとつなげていきます。 また、関係機関及び関係者の共通認識を図ることを目的にマニュアルも作成しています。





神戸市HP https://www.city.kobe.lg.jp/a06448/kodomowakamono_carer.html
神戸市「こども・若者ケアラー支援マニュアル」 https://www.city.kobe.lg.jp/documents/43292/manyual2.pdf


1.「こども・若者ケアラー」とは
障がいや病気のある家族、幼いきょうだいなど、ケアを必要とする人がいるために、本来大人が担うと想定されているような家事や家族の世話などを日常的に行っている子どもや若者のことです。
ヤングケアラーは一般的に18歳未満の児童を指しますが、神戸市では20代の方も含めて、「こども・若者ケアラー」と呼んでいます。

2.窓口の開設
こども・若者ケアラー当事者や、関係者からの相談を受け付け、ケースに応じた支援へとつなげていく専門の窓口を開設します。
(1) 開設日:令和3年6月1日(火)
(2) 場所:神戸市総合福祉センター 1階

3.相談受付
(1)受付時間:平日9時~17時(祝日・年末年始除く)
(2)受付方法:6月1日(火)より開通
   1. 電話 078‐361‐7600
   2. Eメール carer_shien@office.city.kobe.lg.jp
   3. 来所

4.対応業務
・相談への対応、相談ケースに応じた支援方針や支援計画の検討・決定
・介護保険サービスや障害福祉サービス等の公的サービスの活用に向けた調整
・ご家族に対するアプローチ
・学校等における見守り、寄り添い
・ケアラー同士の交流・情報交換のための居場所づくり(年度後半を予定)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)