食品・飲料 その他

ニュージーランド産ジャズりんご、ブランドデザインをリフレッシュ  今年も全国販売開始

T&G Global Limited


T&Gグローバル社(本社:ニュージーランド・オークランド、代表:ギャレス・エッジコームGareth Edgecombe)が輸出する、ニュージーランド産の高級リンゴ「JAZZ™りんご」は2021年5月18日(火)に日本初入荷となります。今季からJAZZ™りんごのブランド強化のため、ブランドロゴを始め、ホームページなどデザインを一新しました。より鮮やかな色合いのデザインとタグラインの「ALWAYS REFRESHING」は、JAZZ™りんごのスッキリした味わいを表しており、ブランドイメージをより引き立てています。新ブランドデザインは、今後アメリカや日本をはじめ、世界各国のマーケットへ導入される予定です。

日本の輸入りんごの97%がニュージーランド産であり、日本向けに輸出されるJAZZ™りんごは、有数な生産地の中でも品質管理が徹底されている北島東岸のホークスベイ産です。今年は年末年始の大雨、雹の影響で、ニュージーランド全体の国内生産が低下したにも関わらず、日本に輸入されるJAZZ™りんごは 前年と同様の170,000-180,000箱となる見込みです。販路は、全国約2,500-3,000店舗のスーパーマーケットでの販売を予定しています。日本とニュージーランドの季節は逆のため、JAZZ™りんごのシーズンは5月中旬から8月中頃です。

JAZZ™りんごとは?
JAZZ™りんごは、ニュージーランド生まれの「ロイヤルガラ」と「ブレイバーン」を交配させて育成した品種で、ニュージーランド国内で最も日照条件のよい地域で栽培され、真夏の太陽から果実を守るために、りんごの木の葉を落とさず栽培され(葉取らずりんご)、小ぶりのサイズで、赤と黄色のツートンカラーの皮が特長です。残留農薬が厳しく管理されている環境で育てられたJAZZ™りんごは、ワックスをかけていないため、栄養分豊富な皮まで食べられます。

JAZZ™りんごは、「サクッ」とした食感、甘みと酸味の絶妙なバランス、さっぱりとしたジューシーさが特徴です。冷やして食べれば、日本の蒸し暑い夏の健康的なおやつに最適です。またサイズが小ぶりなため、子どもでも無駄なく食べきれるサステイナブルなりんごです。

JAZZ™りんごの品種はサイフレッシュで、T&Gグループが所有する登録商標のJAZZ™の名称で販売されており、ニュージーランド、米国、チリ、南アフリカ、アジア、英国、フランス、オーストラリアでT&Gのライセンスに基づいて栽培されています。

サステイナブルな取り組み
私たちT&G グローバル社は、サステナビリティ(持続可能性)のリーダーを目指しています。ニュージーランドの先住民マオリの言葉の「カイティアキ タンガ」は、土地、人々、農産物、資源、地域社会を次世代のために最大限の敬意と配慮を払いながら守ることを意味します。この言葉は、従業員、パートナー、およびステークホルダーの心に深く響き、真の永続的かつポジティブな影響を世界に与えるために、より良いことをしたいという行動を私たちに促します。具体的には、2025年までに達成する野心的な目標である埋め立てゴミゼロ、未収穫農産物の寄付や供給、資源消費の削減などが含まれます。

JAZZ™りんご取扱い店舗 (2021年5月18日現在)
イズミヤ、イトーヨーカドー、いなげや、ウオクロ、コープ/ 日本生活協同組合連合会、サミット、サンエー、サンシャイン、スミプロ福岡、トップ、トライアル、トライアルカンパニー、とりせん、ドン・キホーテ、ピーコック、フードワン、フィール、ベニマル、ベルク、メトロキャッシュアンドキャリージャパン、ヤオコー、ユナイッテッドベジーズ、ゆりストア、リウボウ、ロピア、富士シティオ、東急ストア、東武ストア、生活協同組合コープみらい、生活協同組合ユーコープ、連合松本/デリシア、連合長野/デリシア

T&Gグローバル社について
T&Gグローバル社は、創業124年を誇る国際的な企業で、新鮮な果物や野菜を通じて、世界中の人々へ、より健康的なライフスタイルをお届けしています。13か国の拠点では、2,500人の従業員が働き、1,200以上の生産者と協力して、世界60か国以上で栄養価の高い農産物を、販売、流通しています。私たちは、栽培、収穫、包装、販売において、最高水準の食品安全性と、品質を保証し、おいしくて健康的で新鮮な農産物の生産に取り組んでいます。

公式ウェブサイト:http://www.jazzapple.com/jp/
Facebook:http://www.facebook.com/jazzapplejp/
Instagram:https://www.instagram.com/jazzapplejp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)