医療・医薬・福祉

iMed Technologies代表取締役 河野健一の事業テーマがNEDOに採択

株式会社iMed Technologies
株式会社iMed Technologies(本社:東京地渋谷区、代表取締役CEO 医師:河野 健一、代表取締役COO:金子 素久、以下iMed Technologies)は脳梗塞・くも膜下出血の手術支援AIを開発しています。この度、2019年度「研究開発型ベンチャー支援事業/NEDO Entrepreneurs Program(NEP)」において、代表取締役CEO 河野 健一が、 研究開発テーマ「脳梗塞・くも膜下出血手術の安全性を向上させる手術支援AI開発」について採択されました。   ※詳細は国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)ホームページ参照 https://www.nedo.go.jp/koubo/CA3_100202.html ※交付決定先一覧 https://www.nedo.go.jp/content/100897994.pdf


iMed Technologiesは、「世界に安全な手術を届ける」というミッションのもと、脳血管内手術支援AIを開発しています。脳梗塞・くも膜下出血に対する脳血管内手術は、侵襲性が低く身体への負担が少ないことから、手術件数は年率10%以上で増加しています。カテーテルなどの複数の小さい医療機器をX線透視下で確認するため、現状は術者・助手が注意しあいながら手術しており、見落とすこともあります。iMed Technologiesは、この属人的な努力を手術AIでサポートし、世界に安全な手術を届けることを目指しています。

iMed Technologiesは、NEDO Entrepreneurs Program採択を機に、脳梗塞・くも膜下出血の手術支援AIの事業化をさらに推進してまいります。

■株式会社iMed Technologies 会社概要
会社名: 株式会社iMed Technologies
所在地: 東京都渋谷区渋谷三丁目6番2号 エクラート渋谷5階
設立日: 2019年4月1日
事業内容:脳梗塞・くも膜下出血の手術支援AI開発
代表者: 代表取締役CEO 河野 健一
     代表取締役COO 金子 素久
HP:   https://imed-tech.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会