美容・健康

社会人男性の4人に1人以上が夏場でも毎日スキンケアを実施していた!理由の1位は「最低限のマナーだと思う」で「トラブルケア」を上回る

(株)マンダム
社会人男性のスキンケアに関する意識調査

秋冬は乾燥が気になり、ローションやクリームなどを使用したスキンケアを意識的に行う人も増えるかと思いますが、 最近は、季節を問わずケアを行う男性が増えてきています。彼らはどのような理由からスキンケアをしているのでしょうか。 株式会社マンダムは、25歳~59歳の社会人男性399人を対象に、社会人男性のスキンケアに関する意識調査を実施致しましたので、ご報告致します。 (本調査内の「スキンケア」はローションやクリームなどを使用して行うケアを指します。)



【社会人男性のスキンケアに関する意識調査】
調査手法:インターネットリサーチ 調査期間:2019年8月 調査対象:25歳~59歳の社会人男性399名(マンダム調べ)

社会人男性の4人に1人以上が夏場でも毎日スキンケアを実施



社会人男性の4人に1人以上が、夏場(8月)に実施した調査において、スキンケアを「毎日」実施していると回答しました。また、半数以上の社会人男性が、スキンケアを実施した経験があると回答。男性でもスキンケアをする人が増加してきていることが伺えます。


スキンケアをする理由1位は「最低限のマナー」で「トラブルケア」を上回る



スキンケアをする理由として最も多かったのが、「最低限のマナーだと思う」でした。肌状態の変化やトラブルを実感したり、指摘されてスキンケアをしている人がいる一方で、今はマナーの一つとしても捉えられているようです。
また、年代別に見てみると、肌状態の変化を感じやすいとされる40代は、唯一「肌状態の変化やトラブルを実感・
指摘された」が1位となり、一方、まだ肌状態の変化を大きく感じない20代は「印象を良くしたい」が2位となりました。

まだスキンケアをしたことがないという方や、肌の変化を感じやすい秋冬だけ使用しているという方は、今後、年間を通しての使用も考えてみてはどうでしょうか。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会