医療・医薬・福祉

「TOPs細胞」ブランドでの展開を開始します

CPC株式会社


CPC株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 辻哲)は、「一人でも多くの患者様に、良質で・負担の軽い・信頼される幹細胞治療を、志を共有する医療機関様とともに、お届けすること」を使命とし、再生医療の導入から運営までの支援サービスに加え、再生医療等安全性確保法の許可を受けた細胞培養加工施設において、医療機関様から細胞培養加工を受託する業務を行なっています。

CPC株式会社がこの受託業務において厳守している細胞培養加工の一連の方法は、間葉系幹細胞治療の分野で国内トップレベルの実績を持つアヴェニューセルクリニックの辻晋作医師が形成外科領域で開発した細胞培養法を基盤に、さらに東京大学医学部整形外科の齋藤琢准教授との共同研究により整形外科領域で改善が重ねられた方法ですが、このたび、両医師により、この方法で培養加工されたヒト脂肪由来幹細胞とその方法について「TOPs細胞」及び「TOPs」という商標が共同出願されました。両医師は、培地や足場素材など培養技術に関するこれまでの一定の成果をこのブランド名に集約表現した上で、継続的な技術向上とエビデンス構築を重ねていくことにコミットしています。

以上の展開を受け、CPC株式会社は、細胞培養加工を受託する業務において、今後は「TOPs細胞」を提供してまいります。また、臨床と研究の協働による「TOPs細胞」の今後の進化について、関係学会等での情報発信を支援するなど、継続して弊社使命の実現に努めてまいります。

(参考1) 「TOPs細胞」の名称の由来
アヴェニューセルクリニックの辻晋作医師と東京大学医学部整形外科の齋藤琢准教授は、東京大学医学部医学科の同期生(1998年卒)です。同門発の臨床とアカデミアの協働で生み出されたことを記念し、東京大学、辻医師の姓、齋藤医師の名の共通の頭文字Tを先頭に置き、整形外科領域、形成外科領域で生み出されたヒト脂肪由来幹細胞という意味を示す英語表現Orthopaedics and Plastic surgery-oriented adipose-derived stem cellの中から読みやすくなる頭文字を取り、また、他の領域への展開の期待も込め、「TOPs細胞」と命名されました。

(参考2)「TOPs細胞」は、東京大学に「成果商標」として届出済みです。
共同出願に先立ち、齋藤准教授は東京大学に成果商標の届出を行なって判定を受け、出願を行なってよい旨の決定通知を受けています。

【CPC株式会社】
本社所在地:東京都港区南青山3丁目18-16
電話番号:03-6625-5377
代表者:代表取締役 辻哲
ホームページ:https://dr-cpc.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)