その他 医療・医薬・福祉

バイエル、 “Feeding a Hungry Planet”(地球レベルでの食糧安定供給について)をテーマに、第5回世界若者農業サミットに世界中から若きリーダーを募集

バイエル ホールディング株式会社
● 選出された100人を11月16~17日開催のバーチャルグローバルフォーラムに招待 ● 業界リーダーや若者農業サミット(YAS)参加経験者によるオンラインでのメンタリングに続き、国連の持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)およびBabele社と、10週間の若者農業サミット大学開催で協力 ● 応募は2021年6月30日まで


モンハイム、2021年5月17日 – 2021年世界若者農業サミット(Youth Ag Summit :以下YAS)は、現在参加者を募集中です。これは、若きリーダーたちが連携し、世界的なイノベーションの手段となることを目指して食糧安全保障と世界の農業の持続可能なソリューションの開発に取り組む、2年に1回開催される世界規模のフォーラムです。

隔年開催のYASは今回で第5回目ですが、バーチャルイベントとしては初開催となります。今年の参加者には、もう一つの刺激的なYASにも初参加できる特典があります。今年のフォーラムでのバイエルの公式グローバルパートナーとして、国連の持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)とテクノロジー企業であるBabele社が「YAS大学」と呼ばれるバーチャル・アイデアインキュベーターの場も提供します。YAS大学では、11月のサミット後の10週間を通じて、参加者はメンターからコーチングを受け、起業家精神やリーダーシップスキルを学び、独自の“Thrive for Change”(変革に向けた前進)プロジェクトの概念を向上させていきます。

サミットの全体的テーマである“Feeding a Hungry Planet”(地球レベルでの食糧安定供給について)は、2050年には世界人口が97億人に達し、食糧安全保障の問題に直面するという国連の予測に基づいています。 今年の世界若者農業サミットの参加者に選出された100人には、国連の持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を枠組みとして、この問題に対するソリューションの開発に取り組む課題が与えられます。

ドイツ・バイエル社経営委員会委員でクロップサイエンス部門代表のリアム・コンドンは「若きリーダーたちがより健全な食糧システムや農業システムの開発に取り組むことが強く必要とされていると考えています。2021年世界若者農業サミットでの取り組みを通して、若きリーダーたちは、ネットワークを拡大し、新しい転換可能なスキルや知識によって力をつけ、行動を起こすインスピレーションを得るでしょう」と述べています。

2021年世界若者農業サミットの応募対象は、18~25歳までの若者で、経歴は問いません。応募者には、サミットへ参加する動機、これまでの支援活動経験、および“How to feed a hungry planet”(いかにして、地球レベルで食糧を安定的に供給していくのか?)というテーマに対するプロジェクトを説明する3分間の動画の提出が求められます。なお、これまでのサミットで取り上げられ開発されたプロジェクトの例として、スリランカのKadamandiya Food Bankの開設や、患者さんに必要な栄養量を補足するために不可欠な穀物を、近隣でスタッフが収穫するマダガスカルの診療所の設立があります。

応募者には、農業、国際開発、環境スチュワードシップ、食糧安全保障、バイオテクノロジー、および/または農業経営に個人的、専門的、学術的関心があることが求められています。

2021年世界若者農業サミットへの参加応募については、www.youthagsummit.comをご覧ください。詳細は、Twitterの#AgvocatesWithoutBordersおよびYASのInstagramチャンネルYouth Ag Summit(@youthagsummit)をフォローしてご覧ください。

世界若者農業サミットについて
世界若者農業サミットは、持続可能な農業と食糧安全保障を支え、生産者と消費者との相互理解をサポートする若きグローバルリーダーのコミュニティです。2年に一度100名の代表団が選出され、サミットに参加します。過去の開催国は、カナダ、オーストラリア、ベルギー、ブラジルで、今回のサミットは新型コロナウイルス感染症により、初の完全なバーチャルイベントとして開催されます。

国連の持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)について
国連の持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)は、国連事務総長の後援により、2012年に設立されました。SDSNは、世界の科学技術の専門知識を動員し、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の実現など、持続可能な開発に向けた実践的なソリューションを推進します。詳細はwww.unsdsn.orgをご覧ください。


バイエルについて
バイエルは、ヘルスケアと食糧関連のライフサイエンス領域を中核事業とするグローバル企業です。その製品とサービスを通じて、世界人口の増加と高齢化によって生じる重要課題克服への取り組みをサポートすることで、人々の生活と地球の繁栄に貢献しています。バイエルは、持続可能な発展を推進し、事業を通じて良い影響を創出することに尽力します。同時に、収益力を高め、技術革新と成長を通して企業価値を創造することも目指しています。バイエルブランドは、世界各国で信用と信頼性および品質の証となっています。グループ全体の売上高は414億ユーロ、従業員数は100,000名(2020年)。特別項目計上前の研究開発費は49億ユーロです。詳細はwww.bayer.comをご参照ください。

バイエル クロップサイエンス株式会社について
バイエル クロップサイエンス株式会社は、農薬、種子、エンバイロサイエンス(防疫用薬剤)の分野で世界をリードする、ライフサイエンス企業であるドイツ バイエル社のクロップサイエンス部門に属し、日本における農業関連事業を担っています。日本では1941年に事業を開始、現在は農薬事業とエンバイロサイエンス事業(緑化製品と生活環境製品)を中心に、グローバル規模の研究開発体制を活かした製品開発、製造・販売を行っています。同社は日本のバイエルグループの一員として、日本農業の持続可能な発展に向けた革新的な製品とソリューションを提供しています。


読者からのお問い合わせ先:
バイエル クロップサイエンスお客様相談室
Tel: 0120-575-078(平日 9:00-12:00、13:00-17:00 受付)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)