医療・医薬・福祉 その他

Meiji Seika ファルマ株式会社との共同研究の契約延⾧

公益財団法人神戸医療産業都市推進機構
~自己免疫疾患治療薬候補抗体の創出に成功!~

公益財団法人神戸医療産業都市推進機構は創薬・バイオ分野の主要施策として「創薬イノベーションプログラム」を運営・管理しており、その第1 号としてMeiji Seika ファルマ株式会社(本社:東京都 と癌の創薬」として平成28 年4 月より5 年間の共同研究を実施してまいりました。 これまでの探索研究の結果、自己免疫疾患治療薬候補抗体の創出に成功いたしました。ついては、治療薬の物質特許および用途特許を出願するとともに、本共同研究をさらに令和3年4月1日より3年間延⾧して臨床試験に向けた創薬研究を次世代医療開発センター(HBI)で実施いたします。また、これに伴いプログラム名を「HBI イノベーションプログラム」と変更し、引き続き実用化の推進に取り組みます。 本共同研究を通じて当機構とMeiji Seika ファルマは革新的な治療薬の開発を推進し、世界中で患者数の多い関節リウマチなどの自己免疫疾患や癌の治療に貢献できるよう引き続き努めてまいります。


◆研究目的◆
これまでの共同研究で取得した治療薬候補品の安全性と有効性を試験することにより、関節リウマチなどの自己免疫疾患に対する治療薬の開発を目指します。また、引き続き免疫関連の共同研究を進め、新規で革新的な医薬品の創出を目指します。

◆研究延⾧期間◆
令和3 年4 月1 日より原則3 年間

◆プログラムディレクター◆
公益財団法人神戸医療産業都市推進機構 理事⾧ 本庶 佑

◆研究責任者◆
公益財団法人神戸医療産業都市推進機構 部⾧ 太田 明夫

◆研究施設◆
次世代医療開発センター(HBI)
住所:神戸市中央区港島南町6 丁目3 番7 クリエイティブラボ神戸内

◆「HBI イノベーションプログラム」について◆
神戸医療産業都市に集積する研究機関や基盤施設等の研究開発機能を結集・連携させたプログラムを国内外の製薬会社等へ提案し、当機構との共同研究体制により、創薬の開発に必要な研究者、設備、臨床開発等の研究環境を一元的に提供している、当機構における創薬バイオ分野の主要施策です。次世代医療開発センター(HBI)の開設にあわせてプログラムを再構築し、名称を「創薬イノベーションプログラム」から「HBI イノベーションプログラム」に変更しました。

◆関連URL: https://www.fbri-kobe.org/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)