医療・医薬・福祉 暮らし

【新たな門出にエールを】介助犬新ペアの認定報告会~感謝の集い~

社会福祉法人 日本介助犬協会
●(社福)日本介助犬協会(https://s-dog.jp/)で前年度認定されたペアを紹介する催しを5月22日に開催 ●2020年度は介助犬とユーザーペア1組、DI犬とハンドラーペア1組が認定された


社会福祉法人日本介助犬協会(以下、協会)では、手や足に障がいのある方の手助けをする介助犬の育成に取り組んでいる。潜在的な介助犬希望者は15,000人程度いると言われているが、全国で活動する介助犬はわずか57頭。介助犬の対象でもある肢体不自由者は一人一人障がいの程度が異なり、オーダーメイドな訓練が求められるため、育成には時間がかかる。協会からは毎年1~6組の介助犬ペアが誕生させしており、2020年度も1組の介助犬ペアが誕生。また、協会の新たな分野である活動において昨年度認定を受けたDI(Dog Intervention※)犬とハンドラーペアの紹介の他、前年度1年間の協会の活動報告を行う予定。
※Dog Intervention:犬による医療機関等への介入https://s-dog.jp/with-you-project/
平野氏と介助犬ピースケペア
前年度の認定ペアの報告会として毎年実施をしている「感謝の集い」が今年は5月22日に開催されることが決定した。例年であれば会場にて会員限定で行っていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響でオンライン開催へ変更したことに伴い、世界中からどなたでも見ることが出来るようになった。
活動資金の9割以上を個人や法人からの寄付で賄っている協会にとって「感謝の集い」は文字通り支援者への感謝を伝える場である。


向野氏とDI犬ハチペア


《感謝の集い~認定報告会~詳細》

・開催日時:2021年5月22日(土)14時~介助犬フェスタ2021(※)内にて実施
・参加条件:どなたでも
・開催媒体:協会公式YouTubeチャンネル
      (https://www.youtube.com/channel/UC2w5dXlD5P1LvcubIH5dMhw
・実施内容:介助犬ペア・DI犬ペアの認定報告と認定までの軌跡紹介、協会の活動報告

※ 介助犬フェスタとは介助犬の認知度向上のため協会が行なっているイベント。以前は愛・地球博記念公園(愛知県)にて開催をしていたが昨年よりオンライン開催となっている。

*感謝の集い2020の様子https://www.youtube.com/watch?v=jocy97GPx2I

《問い合わせ先》

(社福)日本介助犬協会
0561-64-1277
info@s-dog.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)