流通 医療・医薬・福祉

日本製不織布ヘアキャップ販売開始! 5/21(金)より前田工繊が取り扱う衛生用品に新たな商品を追加。

前田工繊株式会社
不織布メーカーの前田工繊株式会社(本社:東京都港区、社長:前田尚宏)は、自社製不織布「スプリトップ」を用いたヘアキャップの販売を開始したことをお知らせします。 Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B08VWM99BW PayPayモール:https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/maedakosen/top/


コロナ禍においてはマスク不足が深刻な事態となっていましたが、一方で医療現場や食品などを扱う企業・小売店などでは不織布ヘアキャップの品不足も深刻なものでした。
このような社会インフラとして欠かすことができない場所へ、自社製造した安心・安全な日本製ヘアキャップを提供することで、不織布メーカーとして貢献してまいります。





【仕様】



商品形状


スティック状のため保管に場所を取りません
ご使用の際には広げてお使いください
医療、食品、クリーンルームなど様々な場所でお使いいただけます
通気性があり、長時間の着用でもムレにくくなっています



着用時 約230mm×23mm


【商品販売サイト】5/21(金)より販売開始
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B08VWM99BW
PayPayモール:https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/maedakosen/top/


【会社説明】
当社は、1972年の設立以来、インフラ(社会資本)の整備・維持に携わる会社として、土木資材の製造・販売ならびに各種繊維を原料とした産業資材および不織布の製造・加工・販売を行うことで業容を拡大してまいりました。不織布におきましては、1980年代にマスク等の衛生資材に使用されている「スパンボンド不織布」を生産した会社です。その他、一般産業資材用途から衛生資材用途まで幅広く生産しており、身近な製品にも、前田工繊の不織布が多数使用されています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)