美容・健康 ネットサービス・アプリ

食事・運動・睡眠データの履歴をチェックしてコロナ禍の健康管理を見直し~AI健康アプリ「カロママ プラス」に「振り返り機能」を追加~

株式会社リンクアンドコミュニケーション
栄養指導や保健指導に必要な生活習慣の共有も画面キャプチャで簡単に

株式会社リンクアンドコミュニケーション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡辺 敏成、以下 当社)は、当社が運営するAI健康アプリ「カロママ プラス」のライフログ振り返り機能をリリースしました。 当機能では、食事・運動・睡眠などに関する毎日の記録(ライフログ)を一覧表示することができるので、自分自身で生活習慣を振り返ることができるほか、医師や保健師・管理栄養士・カウンセラーに、自分の生活習慣について正確に伝えることができるようになります。 カロママ プラス: https://plus.calomama.com/


■リリースの背景:生活習慣の正確な把握を実現、医師や栄養士への情報共有も簡易化
コロナ禍の今、食事や運動など生活習慣の見直しを始める方が増えています。
生活習慣の見直しには、自分が食べた食事や運動・睡眠などの履歴を振り返ることが必要です。
今回の「ライフログ振り返り機能」は、このような背景の元、開発を行いました。
また、病院やクリニックでの面談や栄養指導・保健指導においても、医師や保健師・管理栄養士は、「どのような食事をとっているのか」「運動習慣はどのくらいあり、何をしているのか」など、普段の生活習慣に関する質問を行いますが、正確な把握は難しい状況にありました。
今回開発された新機能により、自分自身の生活習慣の振り返りや、栄養指導・保健指導などの用途にライフログ記録を活用することが可能となりました。昨今急激に増加したオンラインでの栄養指導・面談時も、対象者がアプリ画面のキャプチャをメールで送るだけで、医師や栄養士に自身の生活習慣を共有することができます。

■リリースポイント
1、毎日の記録を一覧で表示する機能を追加
アプリに入力した、食事・歩数・運動・睡眠・摂取カロリー・消費カロリーといった生活習慣データを一覧化することで、振り返りがより便利になりました。


2、入力画面を改善、「入力しやすさ」を追求
ユーザーがライフログの記録を習慣づけられるよう、より入力しやすい仕様に画面を改善しました。


当社では、今後も利用者さまからのご意見・ご要望を取り入れ、継続的に機能追加・改善に取り組んで参ります。

■「カロママ プラス」とは
カロママ プラス : https://plus.calomama.com/
毎日の食事や運動、睡眠などのライフログに、AI管理栄養士がリアルタイムにアドバイスをする健康管理アプリです。食事を記録すると独自のアルゴリズム・AIにより、食事画像を認識してカロリー計算、栄養バランスの評価を行い、その後、食事の改善点や次の食事の提案まで2億通り以上のアドバイスを自動で提供します。また、スマホ内蔵の歩数計やウェアラブルデバイスともデータ連携し、運動量も自動的に取得します。
「カロママ プラス」は企業・健保の従業員や、自治体の市民、スポーツクラブの会員、保険加入者の方を対象に、現在約6,000以上の法人・団体が導入しています。

■株式会社リンクアンドコミュニケーションの概要
リンクアンドコミュニケーションは、「社会の健康課題を解決し、世界の誰もが自然に健康になる世界を創る」をミッションとし、ICT×専門家ネットワークで「専門家がもっと身近にいて健康をサポートするシステムの構築」を目指しているヘルステック企業です。全国で約1万人の管理栄養士・栄養士のネットワークをもとに、食と健康、栄養分野のリーディングカンパニーとして、健康アドバイス事業、健康情報の発信事業に取り組んでいます。

所在地: 〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1 新紀尾井町ビル5階
設立: 2002年7月25日
資本金: 7億8720万円
代表者: 代表取締役社長 渡辺 敏成
URL: https://www.linkncom.co.jp/

<提供サービス>
・企業・健保・自治体・スポーツクラブ向け健康アドバイスアプリ「カロママ プラス」
・一般向け健康アドバイスアプリ「カロママ」
・健康医療ニュースを専門家が解説するレビューサイト「HEALTH NUDGE」 http://healthnudge.jp
・管理栄養士・栄養士向けのポータルサイト「かわるPro」 http://kawaru.biz/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)