ビジネス・コンサルティング 美容・健康

健康経営の新機軸!社員の妊活やメタボ、介護を食の専門家が支援!

株式会社シェアダイン
ホームシェフのシェアダイン、法人向けウェルネス支援プログラム提供開始。企業様・メディア様 10月30日(水)試食付き説明会ご招待!

妊活から生活習慣病までホームシェフのサブスクサービスを提供するシェアダインでは、従業員の健康や生活を食事面から支援する法人向け新サービス「シェアダイン ウェルネス」を2019年10月2日より開始します。従来の福利厚生サービスでは手が届きにくい以下の領域において、食の専門家によるウェルネス支援プログラムを提供することで、健康経営に取り組む法人の皆様をサポートします。 1. 妊活支援 (不妊治療と仕事の両立支援、不妊治療による離職防止支援) 2. 産前産後支援 (会社との接点が希薄になる産育休中の復職支援、復職後の両立支援) 3. 生活習慣病予防支援 (特定検診受診対象者向けの健康増進支援) 4. 介護支援 (介護と仕事の両立支援、介護による離職防止支援)



健康経営に欠ける「食の専門家による個別支援」の視点



従業員の健康に対する投資に、戦略的に取り組む「健康経営」を導入する企業が増えています。その狙いは生産性の向上や組織の活性化にあり、そして人材獲得や離職防止にも大きな期待が寄せられています。
シェアダインでは、今後の健康経営に欠かせない「食事と健康」の視点から、従業員の特定層に向けた個別セミナープログラムや、従業員の個別状況に応じて家庭におけるパーソナルな食事の指導・調理サービスを提供するウェルネス支援プログラム「シェアダイン ウェルネス」を開始いたします。

従業員の健康をサポートする施策には、これまでも身体面ではジムやパーソナルトレーニングの利用補助、メン タル面ではメディテーションのレッスンやカウンセリングなどがあり、食事面では社員食堂や昼食補助、さらに ヘルシーなサラダや惣菜、おやつといったベネフィットを導入する企業も増えています。そうした先進的な取り 組みをされている企業の皆様から、これを一歩進めたウェルネス領域における支援ニーズが高まっています。


<「シェアダイン ウェルネス」導入モデル>



○企業における食事セミナー(年2回)
・管理栄養士の資格を持つシェフが講師
・テーマ例:「働くの栄養学」「ストレスと食事」「血糖値を上げない食事法」
・ポイント:従業員の課題把握、組織の活性化、従業員の生産性向上




○生活習慣病と診断された従業員に向けたサポート
・管理栄養士の資格を持つシェフが家庭を訪問
・月2回コース利用、会社負担50%の場合
会社負担:6800円、個人負担:6800円
・ポイント:離職防止、人材獲得、企業に対するロイヤルティ向上
(注)サブスクコースの月2回の月額料金(交通費・買い物代行費含む)に基づき計算 食材費はご利用者様のご負担となります。




シェアダインが法人向けサービスに挑戦する意味



シェアダインでは2018年5月のサービス開始から、栄養士や調理師などの資格を持つホームシェフが妊活や離乳食、生活習慣病などご家庭による食の悩みに応じ、献立提案から調理まで行うサービスを個人向けに提供してまいりました。これまで蓄積した知見を活用し、法人向け支援に注力いたします。

従業員を企業におけるセミナーから家庭における食事まで包括的にサポートすることで、従業員の生産性向上や組織の活性化はもちろんのこと、食事面で従業員の健康的な生活を支えることで、企業に対するロイヤリティ向上に寄与、人材獲得や離職防止につながるのではないかと考えています。

シェアダイン共同代表の井出有希は次のように話しています。

「健康経営を加速させるためには、従業員の食生活を包括的に支えることが大切だと私たちは考えています。すでに健康経営を積極的に推進され、これからはウェルネス領域を拡充したいと考えていらっしゃる企業様はもちろん、自社にどのようなニーズがあるかまずは検証から始めたいという企業様とも協業してまいりたいと考えています。」



企業様・メディア様 説明会ご招待



正式リリースを受け、以下の日程で説明会・体験会を実施します。

▼日時:10月30日(水)12:00-13:00
▼場所:ASAC青山スタートアップアクセラレーションセンター(表参道駅から徒歩7分)
▼内容: ・セミナー体験(「働くの栄養学」「食とストレスマネジメント」などのテーマ) ・試食会(出張料理サービスの体験)・サービス導入の説明会・相談会
▼お申し込みはこちらまで:inquiry@sharedine.me
▼詳細およびお問い合わせはシェアダインの法人向けサービス 「シェアダイン ウェルネス」の特設サイトをご覧ください。
<URL>https://sharedine.me/shokuiku-media/sharedinewellness_20191002



<シェアダインサービス概要>





URL:https://sharedine.me/
シェアダインとは ホームシェフのサブスクリプションサービス。離乳食から生活習慣病まで、家庭料理をパーソナライズ。 1回3時間で栄養士・調理師などの資格を持った食の専門家が、献立の提案、食材の買い出しから料理まで 行う。
利用料金:月2回1万3600円~(税抜き)+食材費
Facebook:@corp.sharedine
Twitter:@SharedineO
instagram:@sharedine_official





★メディア掲載実績

〔2019年〕


日本テレビ『ズームイン!!サタデー』2019年9月28日「注目!食のサブスク特集」
テレビ東京『よじごじDays』2019年8月15日「驚きの最新宅配サービス プロのシェフが作るつくりおき料理」
テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』2019年7月30日「生活に役立つ 今注目のサブスクとは?」
『読売新聞』2019年7月6日「プロの味 『出張料理』で堪能 離乳食、企業のランチ... 好評」
『LEE web』2019年5月28日「おうちの食中毒対策、大丈夫?実は「梅雨前」が一番危険な理由って?【シェア ダイン料理講座レポ!前編】
『プレジデントウーマン』2019年4月22日「食事作りの悩みが思わぬビジネスに 時短育児で見えてきた『起業の 手がかり』」
『日経新聞電子版』2019年4月22日「働くママ3.0」特集(1)「食卓、このままでいいのか」
『厚生労働』2019年4月号【特集】人生と仕事への活かし方「考え方も働き方も変わった! 私にとってプラスの 経験でした」
『TechCrunch Japan』2019年3月21日「月額1万2000円+食材費で約32食ぶんを「つくおき」、出張料理サ ブスクの詳細」
『VERY』2019年4月号「女性が働く時代でも、日々の食卓を豊かにし子供達に家庭料理を伝えていく そして 『一世代先の食卓』を共に創る!」
『産経新聞』2019年1月1日「プロ料理家が出張調理 家庭でお魚食育」


〔2018年〕


『週刊東洋経済』2018年7月14日号【特集】「ビジネスヒントはここにある! すごいベンチャー100 身近な問題 を“シェア”して解決」
『日経ビジネスオンライン』2018年6月21日【特集】消費の担い手「パワー共働き」をつかまえろ「夫婦共フルタイムワーカー」増加中
『日経産業新聞/日経新聞電子版』 2018年6月8日「料理人が出張、作り置き 悩むママの食卓を救う」

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会