美容・健康

発明名【毛髪色素増強剤】主要成分タラタンニンの有効性に関する特許が成立・権利化されました【SUNA BIOSHOT】

株式会社NIL
画期的なエイジングケア製品を開発する株式会社NIL(神奈川県中郡二宮町)の販売するスーナバイオショットの主要有効成分である『タラタンニン』の有効性に関する特許が正式に成立・権利化されました。 発明の名称:毛髪色素増強剤 特許番号:第6562469号 特許権者:株式会社NIL


特許成分 タラタンニン
この度、株式会社NIL(代表取締役:佐藤幸蔵、本社:神奈川県中郡二宮町)が開発したスーナバイオショット製品の主要成分タラタンニンの有効性に関する特許が正式に認可されました。本発明の名称は【毛髪色素増強剤】です。毛髪色素形成に関与する細胞に作用して毛髪色素の生成を促し、白髪を防止・改善することができる毛髪色素増強剤を提供します。

【特許内容概略】 (公開特許より一部抜粋)
従来、老化(加齢) に伴う白髪化に対し、髪を黒髪へと変化させる方法として、染毛が主として行われてきた。ところが近年においては、白髪化は、頭皮の毛包中の毛髪色素細胞が老化やストレスにより機能が低下することで起こることが分かってきた。そして、白髪化については、毛髪色素細胞におけるメラニン産生を促進させる成分が見出され、そのような成分を用いた白髪防止用組成物が提案されている。

本発明は、上記の事情に鑑みてなされたものであり、毛髪色素形成に関与する細胞に作用して毛髪色素の生成を促し、従来のメラニン産生促進剤や白髪防止組成物に比べて、より優れた白髪防止改善能を発揮することができる、毛髪色素増強剤を提供することを課題とする。
(出典:https://patents.google.com/patent/JP6562469B2/ja?oq=6562469号)



【SUNA BIOSHOT】スーナバイオショットとは
有効性が認められたタラタンニンをはじめとした植物成分には、人智が及ばない能力がたくさん備わっています。しかしながら、水に溶けにくいものや代謝され易いものが多く、配合してもきちんと働かせることが非常に難しいという壁があります。この課題を革新的な機能化ナノ粒子技術(SNP 技術)と有機化学の高度な技術を用いて、解決し安全性や地球環境へも配慮した製品。それがスーナバイオショットです。


【SUNA BIOSHOT(スーナバイオショット)製品詳細】 〈植物のチカラを届ける〉
■「SUNA SCALP ESSENCE PREMIUM」スーナスカルプエッセンスプレミアム 100ml
 有効成分:タラタンニン配合
 定価¥5,000(税抜) ※スプレーノズル採用
 クラウドファンディングMakuake(マクアケ)にてコスメ部門第1位を獲得した大注目の商品です


■「SUNA SCALP ESSENCE PREMIUM」スーナスカルプエッセンスプレミアム50ml 
  有効成分:タラタンニン配合
  定価¥2,500(税抜) ※トンガリノズル採用
  約1か月使用のお試しタイプ

~染めずに“白から黒”へ逆転を~
この度特許成立した新発見の植物成分(タラタンニン)×革新的ナノ技術(届けるチカラ)で染めずに白髪を積極ケア。タラタンニンとは、髪の黒密度(色合いと量)に働きかけるスイッチのような成分。革新的ナノ技術から産まれたSNP*の採用によって、頭皮のメラニン色素にかかわる部分に効率的に届けます。頭皮を健やかに整える有用な植物成分(=SUNA PLANTS:タラタンニンを含む5種類)で、使い続けるほどにハリ、コシのある豊かな黒髪へ。*SNP=Super Nano Particle(スーパーナノ粒子)略称。

■SUNA シャンプープレミアム 300ml  
 有効成分タラタンニン配合 ※10月1日リニューアル発売製品
 有効成分キラヤサポニン増量
 定価3,000円(税抜)
 クリーミーな泡立ちで多くのお客様に支持を頂いております。


~頭皮環境を整え弾力のある髪へ~
頭皮を健やかに整える植物成分(=SUNA PLANTS:タラタンニン、ユッカサポニン、キラヤサポニンの3種)の働きでパーマやカラーによる負担を軽減。
ノンシリコン、ノンパラベン、ラベンダーとローズマリーの精油による爽やかな香りで洗い上げ、頭皮と髪にうるおいを与えます。

◆SUNA BIOSHOT公式オンラインショップにて10月1日より特許成立記念キャンペーンを実施致しております◆


是非ご覧ください。

【販売店舗】
・SUNA BIOSHOT公式オンラインショップ https://www.suna-bioshot.jp/
・キャンペーンページ https://promo.sunacp.net/
・東急ハンズ各店 全国の美容サロン など
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会