広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

事故を防ぐ入浴介助マニュアル!入浴介助の実態調査を開始

バスリエ株式会社
お風呂に関わる企画・開発・販売などを行うバスリエ株式会社(千葉県我孫子市、代表取締役:松永 武「以下、バスリエ」)は、自宅での安心&安全な入浴介助方法を広めるため、アンケート調査を開始しました。入浴介助で起こりうる事故や、介助時の注意点を公開していく予定です。





入浴事故での死亡者数は年間1万9000人

お年寄りにとって非常に楽しい時間であるはずの”お風呂の時間”。
しかし一歩間違えれば、大変な事故に繋がりかねないもの。入浴事故での年間死亡者数は19000人、うち高齢者が8割と言われています。
「高齢者にとって、お風呂は危険!?」
そんな不安をなくし、すべての高齢者の方々に、こころからお風呂時間を楽しんでもらうことを目標に、当記事では入浴事故を防ぐための入浴介助の手順・注意点をご紹介していきます。

【コンテンツの内容】
・高齢者の入浴で起こりうる事故を知ろう!
・入浴介助での必須用品は?
・入浴介助のマニュアル&注意点!
・事故なく快適に!入浴介助を助けてくれる介助用具




高齢者の入浴中に起こりうる事故


・ヒートショック
・のぼせ
・転倒
・溺れ
・やけど
・脱水症状


若い人でもこれらの事故は起こりうるものですが、思うように身体を動かせない高齢者のかたがたは、特に気を付けなければ、最悪命を落としてしまう危険もあります。
このような悲しい事故を防ぐためにも、入浴介助は十分な知識を持って行わなければなりません。


入浴介助の基本事項


安全安心な入浴を行うためには、以下のことに注意しなければなりません。

入浴前の注意点


・脱衣所&浴室を温める
・体調チェック
・必要品の準備

入浴中の手順&注意点
・触れる箇所に湯をかけて温める
・足元から湯をかけて温める
・髪→顔→上半身→下半身の順に洗う
・入浴時間は短めにする

入浴後の手順&注意点
・水分をしっかりふき取る
・保湿や塗り薬の塗布
・水分補給
・体調チェック

これらの注意点を守ったからと言って、必ず安全ということでもありません。ちょっとした環境変化などが影響して、急に体調が悪化するということなども考えられます。
ですので、絶対に油断をせずに常に被介助者の状態を確認しながら、行ましょう。また、介助者よりも体が大きかったり、介助者自身が体調が思わしくないこともあるでしょう。無理だと思ったら、プロに依頼することもお勧めします。

本編では、上記の事故や手順についての詳細や、より安心な入浴介助のためのアイテムもご紹介しています。
https://www.bathlier.com/expand/o-recipe/survey/kaijyo.html

アンケート調査も実施しています
より多くの高齢者の方に安心&安全な入浴を楽しんでもらうため、アンケートも実施しております。
https://www.bathlier.com/chousa/kaijyo.html

・調査結果については弊社ホームページなどで発表予定です。
・調査報告の際は、調査期間/調査数とともにホームページで発表いたします。



会社概要



■会社名 :バスリエ株式会社
■代表者 :代表取締役 松永 武
■設 立 :2008年8月1日
■所在地 :〒270-1145 千葉県我孫子市高野山464-18 スペース&キャピタル我孫子ビル2階
■TEL :04-7183-3252
■FAX :04-7182-2937
■URL :https://www.bathlier.co.jp
■Email: info@bathlier.co.jp
■事業内容:浴用品の企画・製造・販売
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)