医療・医薬・福祉

ロシュ創立125周年、日本における診断薬事業50周年記念 コーポレートサイトに「PCRって何ですか?」ページを新設

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社
ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長 兼 CEO:小笠原 信)は、コーポレートサイトの一般向けコンテンツとして、「PCRって何ですか?」を新設します。昨今、新型コロナウイルス感染症の検査法として広く認知されている「PCR」について、PCR技術の発展に大きく寄与してきたロシュが解説します。


遺伝子を増幅させるPCR技術は、1980年代にアメリカの科学者キャリー・マリス氏が考案し、当時マリス氏が所属していたシータス社の同僚たちと完成させた技術です。ロシュ社は、この技術を診断に応用させるためマリス氏らに協力しました。その後、ロシュはシータス社から特許を取得、1991年には全事業権を取得しました*。事業権を取得した後もロシュはPCR技術をさらに進化させ、商業的な成功へと導いていきました。
今回新設する「PCRって何ですか?」は、ロシュ創立125周年および日本における診断薬事業50周年の記念企画の一つとして、シリーズで展開していきます。第一回目はPCR法の原理を中心とした基本情報です。二回目以降は、PCR法の種類や応用例、そして技術発展の歴史などについて取り上げます。PCRの黎明期からこの技術について熟知しているロシュ・ダイアグノスティックスならではのストーリーを今後展開していきます。

*現在、特許期間は満了しています。

ぺージ概要


URL:https://www.roche-diagnostics.jp/ja/general/pcr.html
内容:
一回目 PCRとは(基本情報)
二回目以降、PCRの種類、活用例、歴史等について公開予定です。

※将来医療系を目指す高校生とロシュ社員による会話形式で展開していきます。
※内容は変更する可能性があります。

会社概要
創立125周年を迎えるロシュグループは、ヘルスケア業界で革新を起こし続ける、世界有数のバイオテックカンパニーです。医薬品と診断薬を併せ持ち、健康・予防・診断・治療・予後のすべてのステージにおいて、医療従事者の皆さまと患者さんが最適な治療選択や意思決定をできるよう支援しています。
ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社はロシュ診断薬事業部門の日本法人です。日本における診断薬事業は50年の経験と実績があり、2021年1月現在で従業員728人、全国9都市に支店を有し、体外診断用医薬品・医療機器事業、研究用試薬・機器事業などを幅広い領域で展開しています。診断の革新によりヘルスケアの未来を形づくり、人々がより健やかに、自分らしい人生を送れるようサポートすることを目指しています。
詳細は、http://www.roche-diagnostics.jpをご覧ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)