医療・医薬・福祉

A4M国際学会日本会議2021を2021年10月16日~17日に開催することをお知らせします

MRT株式会社

Vantage株式会社(MRTグループ、本社:東京都渋谷区、代表取締役:小川智也、以下当社)は、A4M国際学会日本会議2021を2021年10月16日~17日に開催することをお知らせいたします。
https://a4m.vantage-inc.net/a4m-japan_2021event/




<A4M(エーフォーエム)について>
The American Academy of Anti-Aging Medicine (A4M)は、1992 年にアメリカ合衆国で設立された世界最大級のアンチエイジング医学・予防医学領域の学術団体で、現在では120ヵ国以上の国や地域から26,000名を超えるメンバーが登録しています。

設立以来、アンチエイジング医学領域の研究と実証を重ね、エビデンスに基づいた最新情報を発信しています。併せて、医師をはじめとする医療従事者および各種療法士やセラピストなどの育成を図るべくアカデミックプログラムと認証制度を提供しています。

A4Mでは年2回の世界大会と、オフィシャルパートナー団体によるローカル会議が開催されています。最新のアンチエイジング医学情報を広く発信し、世界的な課題となっている「アンチエイジング」領域の発展と普及に寄与しています。

<国際学会日本会議2021開催趣旨>
■本会議では、メインテーマとして「グローバル視点で考える最先端のアンチエイジング医学」を掲げ、国内外で活躍されているプロフェッショナルを迎え、世界中で加速しているアンチエイジング医学の最新情報を共有する機会となることを目指しています。

■医療従事者や各種プロフェッショナルが、アンチエイジング医学に関するエビデンスの高い確かな情報を習得し、臨床への普及を促進させていきます。
これにより、人々が身近にアンチエイジング医学をはじめとする先進医療を選択できる環境作りに寄与し、健やかで豊かな社会に貢献することを目指してゆきます。

■初の試みとして、自費研フェスティバル2021と日本オーソモレキュラー医学会第3回総会と同時開催し、多数の医療従事者が集結する場となり、幅広く交流を図る機会の創出に努めます。

<日本会議2021 ハイライト>
■グローバルに活躍するスペシャリストによる講演多数!
アンチエイジング医学、美容医療、再生医療、歯科領域、スポーツ医学、メディカルファスティングなどの領域から、スペシャリストが登壇。最先端の情報を包括的に学ぶことができます。
※海外在住の演者はビデオ出演となります。

■日本オーソモレキュラー医学会との合同セッション!
共通パスで日本オーソモレキュラー医学会第3回総会にも参加可能。
各日に合同セッションとしてパネルディスカッションを開催します。

■ハイブリット開催で聴講の機会が倍増!
リアル会場での開催に加え、オンデマンド配信も実施。
「来場が叶わない」「見逃した」を無くし、いつでも・どこからでも・何度でも視聴が可能です。オンライン配信限定コンテンツもお楽しみいただけます。
※オンデマンド配信は1年間を予定しています。配信期間、視聴方法など詳しくは後日ご案内いたします。

<主なトピックス>
・アンチエイジング医療(抗加齢医学・抗老化医学)
・再生医療
・統合医療
・美容医療
・健康長寿医学
・HOLISTIC & WELLNESS
・歯科医療
本会議のプログラム詳細は特設サイトをご覧ください。

<お申込み方法>
特設サイトから、お申し込みいただけます。医師をはじめとする医療従事者および各種療法士やセラピストの方のご参加をお待ちしております。
https://a4m.vantage-inc.net/a4m-japan_2021event/

<開催概要>
会場開催    :2021年10月16日(土)~17日(日)
TOC Exhibition Hall (五反田TOC)
※WEBオンデマンド開催(1年間)も実施いたします。
主催      :A4M国際学会日本会議2021実行委員会
企画・運営事務局:Vantage(ヴァンテージ)株式会社
特設サイト : https://a4m.vantage-inc.net/a4m-japan_2021event/
同時開催    :自費研フェスティバル2021
日本オーソモレキュラー医学会第3回総会

<本件に関するお問合せ先>
Vantage株式会社 担当:里見
メール:info@a4m.vantage-inc.net
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)