医療・医薬・福祉 その他

横浜市内の高齢者を対象とした、大規模接種会場を新たに設置します

横浜市
今後の新型コロナウイルスワクチン接種の拡大について

高齢者の方々のワクチン接種を迅速に進めるため、集団接種、個別接種に加え、横浜ハンマーヘッドに新たな大規模接種会場を設け、6月6日(日)から毎日接種を行います。予約については、予約の電話が殺到しこれまでに「電話がつながらない」、「予約がとれない」等のご指摘をいただいております。 こうした状況を踏まえ、よりスムーズな予約受付に向けて、横浜市民の皆様に次のとおりご案内いたします。 ・ ワクチンは、「希望するすべての高齢者の方々が接種できる量」が確保できています。 ・ ワクチンは希望する高齢者の方々すべてが7月末までに必ず接種できます。焦らず予約をお願いします。 ・ 区役所にワクチン相談員を配置し、予約のサポートをしています。 ・ 予約センター(電話)よりも、予約専用サイト(WEB)の方が繋がりやすいので、出来る限り、 予約専用サイト(WEB)での申し込みをお願いします。


【予約受付の改善等について】
1 コールセンターのブース増設

電話がつながりにくい状況を改善するため、ワクチン接種コールセンターと予約センター併せて110ブース(回線)を追加し、最大530ブース(回線)に増設します。
(6月7日36ブース、6月21日74ブース追加)

2 大規模接種会場での予約受付
大規模接種会場(横浜ハンマーヘッド「CIQホール」)の予約の受付を、年齢別(75歳以上、65~74歳の2段階)に分けて受付を行うことで、予約センター(電話)及び予約専用サイト(WEB)のアクセス集中を緩和します。
また、大規模接種会場(横浜ハンマーヘッド「CIQホール」)の予約受付枠を、当初計画の約52,500人分から約39,500人分を増やし、約92,000人分とし、より予約を取りやすいように改善します。

3 個別接種協力医療機関の拡充
個別接種の充実に向けて、医師会や病院協会と連携し、市内医療機関へさらなる協力を依頼しています。現在、市ウェブサイトを通じて新たなワクチン接種を実施する医療機関の募集を行っています。5月21日現在、医療機関は、約1,300か所(目標1,700か所)となっています。
さらに、高齢者接種迅速化にかかる協力金の導入等により、身近な医療機関での接種を増やし、予約を取りやすいように改善します。

※この他に、集団接種会場での接種回数を増やすため、予診時間の短縮、時間延長、実施日の追加などについて医師会をはじめ関係機関と調整を進めています。そのため、6月15日以降は、随時予約を受け付けます。
-------------------------------------------------------------

1 今後の予約見通しについて
予約の見通しは次のとおりです。
※個別接種は、医療機関からのワクチン要求量ベースの見込み数値です。




2 コールセンターのブース(回線)の増設について
(1)ブース(回線)の増設
現在、ワクチン接種コールセンターと予約センターを併せて最大420ブース(回線)を設けていましたが、電話がつながりにくい状況となっています。これを改善するため、ワクチン接種コ―ルセンターと予約センター併せて、6月7日に36ブース、6月21日に74ブース、合計110ブース(回線)を追加します。

(2)予約キャンセル専用電話の増設
既に市の予約サイトや予約センターでの予約をされた方が、別途、医療機関で予約した場合、国の大規模接種センターで予約した際は、どちらかの予約のキャンセルが必要です。これまで、市の予約キャンセルは、予約専用サイトのほか、ワクチン接種コールセンター(0120-045-070)で受け付けていましたが、新たに6月7日から予約キャンセル専用電話を設置します。

◆予約キャンセル専用電話 0120-045-154
※キャンセルされた予約枠は、随時、予約専用サイト(WEB)および、予約センター(電話)で新たな予約を受け付けます。なお、予約キャンセル専用電話では、予約の受付を行っていません。

3 大規模接種会場について
6月6日(日)から、横浜市立大学2病院、市立病院、地域中核病院、病院協会、薬剤師会、横浜薬科大学その他関係機関のご協力を得て、大規模接種会場での接種を開始します。当初計画よりも、予約枠を拡大して、予約を受け付けます(現在の予約枠:約92,000人分←当初計画枠:約52,500人分)

◆会場:横浜ハンマーヘッド「CIQホール」(横浜市中区新港2-14-1)


◆接種期間:6月6日(日)~7月31日(土)
◆実施日:全日(週7日)
◆使用ワクチン:モデルナ社製(予定)
◆1日あたりの接種回数:3,000回以上/日
◆予約日
 ●5月31日(月)午前9時~
  予約期間(接種1回目):6/6(日)~6/19(土) 約4.2万人分
  75歳(令和3年度中に75歳に達する方)以上の接種対象者からのご予約を受け付けます。

 ●6月3日(木)午前9時~
  予約期間(接種1回目):6/20(日)~7/3(土) 約5万人分
  65歳(令和3年度中に65歳に達する方)~74歳の接種対象者からのご予約を受け付けます。

※詳しくは横浜市公式HPをご覧ください
 https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-20.html

※モデルナ社製のワクチンを使用するため、1回目・2回目とも大規模接種会場で接種を受けていただくことになります。既に1回目の接種をファイザー社製のワクチンで別の会場で受けた場合、大規模接種会場で受けることはできません。
※1回目の予約の際に、4週間後の同時刻で大規模接種会場での接種2回目の予約が自動的に設定されます。
※桜木町駅から会場まで、約5分間隔で、専用シャトルバス(約10分)を運行予定です。

4 個別接種について
現在、市ウェブサイトを通じて新たな医療機関の募集を行っており、ワクチン接種を実施する医療機関は、5月21日現在、約1,300か所となっています。
医師会や病院協会と連携し、7月末の高齢者接種完了に向け、接種医療機関を増やすため、市内医療機関へさらなる協力を依頼しています。

※詳しくは横浜市公式HPをご覧ください
 https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/20210512113255469.html

(1)協力医療機関にかかる広報について
協力医療機関の情報については、改めて公表する情報について確認を行い、新たにご協力いただく医療機関名と併せて、医療機関毎の予約方法・予約開始日がわかるよう市ウェブサイトを更新します。併せて、地域情報紙等に掲載し市民の方に周知します。
【スケジュール】
6月10日(木) 公表可の医療機関名等の情報を市ウェブページで公表
6月中旬 地域情報紙等で区(または方面別)ごとの医療機関名等を公表

(2)医療機関向けの取組について
ア 協力金について

医療機関名を公表し、かかりつけ患者等に限らず広く高齢者の方の予約を受け、接種を担う医療機関数を増やし、支援するため、協力金を支給します。
〇予約専用回線・人員等、その他接種体制整備にかかる協力金
月15万円/1医療機関
〇高齢者接種迅速化にかかる協力金の導入(接種1回あたり3,000円)(国と調整中)

イ 医療機関向け参考動画の公開
個別接種を行っていただく医療機関向けの参考となるよう、ファイザー社ワクチンの接種にかかる一連の流れについて、独立行政法人労働者健康安全機構横浜労災病院に御協力いただき、動画を作成し、YouTubeで公開しました。市内医療機関が初めて取り扱うワクチンを円滑に接種するための一助とします。
 URL:https://youtu.be/amPD4lXT19w
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)