医療・医薬・福祉

バイアルホルダーがモデルナ製ワクチンに対応!互換性を重視したインナーバッグ、バイアルホルダーの個別販売を開始

匯智徳康株式会社

現在、日本全国で新型コロナウイルスのワクチン接種が急ピッチで進んでおります。

ワクチン輸送用保冷ボックス「J-BOX BIO MISSIONシリーズ」を全国の自治体に提供している匯智徳康(カイチトクコウ)株式会社(本社:埼玉県川口市)は、いよいよ本格化するワクチン輸送に際し、「J-BOX BIO MISSION」を提供した多くの自治体からの追加要望に応え、従来は保冷ボックスの付属品として提供しているインナーバッグ、ファイザー製ワクチン用バイアルホルダーをリーズナブルな価格で個別提供開始したことと、モデルナ製ワクチンに対応したバイアルホルダーを発売することをご報告いたします。

■モデルナ製ワクチンに対応したバイアルホルダーについて
この度、モデルナ製ワクチンの国内流通拡大を見据え、モデルナ製ワクチンのバイアルサイズに適したバイアルホルダーを開発しました。
すでに発売中のファイザー製ワクチン用バイアルホルダーと同じ、振動に強いクッション素材を使用しております。さらに現在発売中の「J-BOX BIO MISSIONシリーズ」の保冷ボックスとインナーバッグに入れることが可能で、ワクチン現場のコストを最大限に配慮した製品になります。


■インナーバッグとバイアルホルダーの個別販売について
ワクチン個別接種に参画する診療所、クリニックなど医療施設へ毎日ワクチンを配送する現場においては、保冷ボックス本体よりもインナーバッグ、バイアルホルダーの数が不足している現状がございます。

当社の保冷ボックスを使用する自治体はもちろん、他社の保冷ボックスを使用している自治体からの追加要望に対しても当社のインナーバッグ、バイアルホルダーは極力、互換性を意識した仕様で設計されています。そのため、対応可能な場合が多く、保冷ボックスは他社を採用したもののインナーバッグやバイアルホルダーの追加要望は当社に、といったケースが増えております。


■J-BOX BIO MISSIONについて
2021年2月にリリースいたしましたJ-BOX BIO MISSIONは、保冷剤を選択いただくことで冷蔵輸送(2~8℃)、冷凍輸送(-15℃以下)いずれにも対応できる保冷ボックスです。新型コロナウイルスワクチン接種現場の操作性を配慮する仕様で、発売して以来、十数カ所の自治体、運輸会社、医療施設、老人ホームなどに採用されています。


■個別購入について
当社が運営する「J-BOX オフィシャル ストア」にてお買い求めいただける。
・ショップ名:J-BOX オフィシャル ストア
・ショップURL:https://wish2020.jp
・製品ページ:https://wish2020.jp/collections/j-box-bio-mission
・法人様向け:https://wish2020.jp/pages/request

自治体にとって大きな費用負担が強いられるワクチン個別配送。
すでに構築した配送オペレーションに追加で必要となるインナーバッグ、バイアルホルダーは実用性に優れていることに加え、お求めやすい価格設定であることを重視しました。

高価な保冷ボックスを追加購入するのではなく、インナーバッグとバイアルホルダーを充実させることが配送業務の現場において有為であると考え、当社はこれら製品をリーズナブルな価格で大量に提供できる体制を整えました。

全国のワクチン接種が恙なく円滑に進行するよう、その一助となれることを心より願っております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)