美容・健康

アクティブオーガニックブランド「Be 」の人気商品 ふきとり化粧水「フェイス&ボディシート」が6月よりリニューアル発売 

株式会社Be
気になるニオイや汚れをひとふきでリフレッシュ オリジナル発酵原料が、保湿と美白を促す

株式会社Be(本社:東京都港区高輪 代表取締役:稲垣大輔)は、アクティブオーガニックブランド「Be」より、「フェイス&ボディシート」を6月23日にリニューアル発売いたします。 この度、以前より発売していた「フェイスアンドボディシート」から、リニューアルしたBeのスキンケアラインと同じくオリジナル発酵粕エキス[(アスペルギルス/サッカロミセス)(コメ/クワ果実)発酵粕エキス]を追加し、「フェイス&ボディシート」として販売いたします。 「フェイス&ボディシート」は、ふき取り化粧水として毎年人気があり、これからの季節に汗のベタつきやニオイが気になるところを拭きながら保湿ができる優れものです。また、アルコールが微量に入っているので、昨今の状況に対してもご使用いただけます。






ふき取り化粧水「フェイス&ボディシート」のポイント

オリジナル発酵原料が、保湿と美白におすすめ
▷ 国産ハーブで有名な落合ハーブ園と向島農園の素材をふんだんに使用
▷ 顔、首筋、腕などのピンポイントのベタつきに
▷ 微量のアルコール入り
▷ 予防美白が期待できるビサボロールや、天然ヒト型セラミド、発酵粕エキスを新配合
カキタンニン、ガリカバラ花エキス、ルイボスエキス、3つの消臭成分で、気になるニオイや汚れをひとふきでリフレッシュ


※写真はイメージを表現するものです。


フェイス & ボディシート」




※植物の写真はイメージを表現するものです。

保湿力、予防美白がアップ。また、3種類の消臭成分で気になるにおいへ、アプローチ
リニューアルにより、チャ葉エキス、ローズマリーエキスの配合が倍増しました。
それに伴い保湿力がアップ。また、ビサボロールを追加したことにより、予防美白が期待できます。
さらに、●カキタンニン、●ガリカバラ花エキス、●ルイボスエキスを配合することで気になるにおいへ、アプローチします。
悪臭成分と結合し別の成分に変化することでニオイを元から絶つことが期待できます。肌へハリ・うるおいを与えるだけでなく、気になるにおいへアプローチするシートです。
※チャ葉エキス→向島農園、ローズマリーエキス→落合ハーブ園のハーブを使用


天然由来成分に加え、独自の精油ブレンドも配合
『フェイス&ボディシート』は、「鉱物油、パラベン、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料、動物由来原料」を添加しておらず、全成分中の92%が天然由来。また、ラベンダー・ローズマリー・ベルガモットをベースとした独自精油ブレンドの心地良い香りが、心もリラックスさせてくれます。

□商品容量 10枚(48mL)
□商品価格 583円(税込)
□主な配合成分
保湿成分:アロエベラ液汁、シロキクラゲ多糖体、スイゼンジノリ多糖体
エイジングケア成分※:クリスマムマリチマムカルス培養液(マリンプラント幹細胞エキス)、エリンギウムマリチムムカルス培養液(パワープラント幹細胞エキス)
国産オーガニック原料:ローズマリーエキス、セージ葉エキス、チャ葉エキス、レモングラスエキス、ラベンダー水、カミツレ水 
※エイジングケアとは、年を重ねた肌にうるおいを与えることを言います。

□全配合成分
水、アロエベラ液汁、(アスペルギルス/サッカロミセス)/(マグワ果実/ コメ)発酵粕エキス、エリンギウムマリチムムカルス培養液、クリスマムマリチマムカルス培養液、チャ葉エキス、ツボクサ花 / 葉 / 茎エキス、ハゴロモグサ花 / 葉 / 茎エキス、セイヨウサクラソウ花エキス、セイヨウノコギリソウ花 / 葉 / 茎エキス、セイヨウハッカ葉エキス、セージ葉エキス、ゼニアオイ花 / 葉 /茎エキス、ラベンダー油、ローズマリー葉エキス、ローズマリー葉油、ベルガモット果皮油、ベロニカオフィシナリス花 / 葉 / 茎エキス、メリッサ葉エキス、レモングラスエキス、ラベンダー水、カミツレ水、カキタンニン、ガリカバラ花エキス、ルイボスエキス、グリチルリチン酸2K 、シロキクラゲ多糖体、スイゼンジノリ多糖体、セラミドAP、セラミドNP、フィトスフィンゴシン、ヒアルロン酸Na、ビサボロール、グリセリン、クエン酸、クエン酸Na、クロラミンT、炭酸水素Na、炭酸Na、デキストリン、シクロデキストリン、BG、デヒドロ酢酸、ベンジルアルコール、1,2-ヘキサンジオール、PEG-50水添ヒマシ油、PPG-4セテス-20、エタノール、カプリリルグリコール、フェノキシエタノール

□ご使用方法
シートを取り出し、肌をふいてください。シートは両面使えます。水に溶けませんのでトイレに流さないでください。



フェイス & ボディシート」の成分特徴

3種類の成分で臭いへアプローチ
▷カキタンニン
柿由来の成分で大きな構造式を持つ縮合型タンニンが含まれております
▷ガリカバラ花エキス
バラの花弁、つぼみから得られたポリフェノールが含まれています
▷ルイボスエキス
ルイボスティーの原料である葉はフラボノイドやミネラルが豊富です

新配合
▷ビサボロール
色素沈着の低減・美白作用・抗炎症抗刺激剤
▷セラミド
天然ヒト型セラミド・醤油の粕由来
▷オリジナル発酵粕エキス


「フェイス&ボディシート」のベースとなっている「ローション」





※植物の写真はイメージを表現するものです。

しっとりタイプの化粧水。角質層の奥までしっかりと潤いを与える保水力のあるシロキクラゲ多糖体を配合し、しっとりと潤いのある肌に整えます。エイジングケア(※)効果が期待できるパワープラント幹細胞エキスを配合することで、高いうるおい感とハリ感が実感できます。テクスチャーにもこだわり、気持ちよく毎日お使いいただけるローションになりました。市販の不織布パックを用いて、週に一度の集中保湿パック原液として使用するのもおすすめです。

※ エイジングケア=年齢に応じたお手入れ

□商品容量 100ml
□商品価格 5,830円(税込)
□主な配合成分水 / アロエベラ液汁※/BG/ ペンチレングリコール / エタノール / ミリスチン酸ポリグリセリル-10/(アスペルギルス / サッカロミセス)/(マグワ果実 / コメ)発酵粕エキス※※/ エリンギウムマリチムムカルス培養液 / グリセリン / キサンタンガム / クエン酸 / クエン酸Na/ クリスマムマリチマムカルス培養液 / セラミド AP/ セラミドNP / ヒアルロン酸Na/ フィトスフィンゴシン / ゼニアオイ花 / 葉 / 茎エキス※/ セイヨウハッカ葉エキス※/ セイヨウサクラソウ花エキス※/ ハゴロモグサ花 / 葉 / 茎エキス※/ ベロニカオフィシナリス花 / 葉 / 茎エキス※/ メリッサ葉エキス※/ セイヨウノコギリソウ花 / 葉 / 茎エキス※/ ビサボロール / シロキクラゲ多糖体 / グリチルリチン酸2K/ セージ葉エキス / チャ葉エキス※/ツボクサ花 / 葉 / 茎エキス※/ デヒドロ酢酸 / ヘプチルグルコシド / ベルガモット果実油※/ ベンジルアルコール / ラベンダー水※/ ラベンダー油※/ ローズマリー葉エキス※/ ローズマリー葉油※ローマカミツレ花水※

※オーガニック原料※※ オーガニック由来原料

□ご使用方法
洗顔後、適量を手にとり、あたためてから顔の下から上に向けてお肌になじませます。これを3回くり返します。




今日も、明日も。
ベストな美しさを人生に描く。
『Be』for the earth.
肌に、体に、心に。




毎日を駆け抜けるアクティブワーカーがベストコンディションをキープし、美しくあるために。今こそ、シンプルでミニマルなエナジーケアを。

スキンケア、ヘア&ボディケア、インナーケアをお届けする『Be』は肌や体が求めるエネルギーや栄養を、時間や手間をかけることなく、シンプルなカタチにして取り込むことを追求する、アクティブオーガニックブランド。

それぞれのアイテムは、アクティブワーカーとそのパートナーにも心地よく仕上げ、環境に配慮したバイオマスプラスチック、メカニカルリサイクルPETを使用。厳しい基準のエコサートコスモス認証を取得し、よりサスティナビリティを追求しました。

人生の基盤(Base)となる肌、体、心をつくる、BaseのBとeから生まれたBe。理想の自分になる(Become)を実現させる、Becomeから生まれたBe。存在する(Be)、ここにある/いる状態を表す、Beから生まれたBe。

『Be』は、新しいステージへ向かう「私」をサポートします。

https://be-beauty.jp


会社概要

□本社 〒108-0074 東京都港区高輪2-14-17
□電話番号 03-6869-9662
□設立年月 2017年2月7日
□資本金 1,000万円
□代表者 稲垣 大輔
□事業内容
1. 化粧品、美容用品、食品、飲料、衣料品、服飾品、インテリア用品、電気製品、通信機器及び日用品の企画、製造及び販売
2. 通信サービスに関する契約締結の媒介
3. 上記各号に附帯関連する一切の事業
□URL『Be』ブランドサイト:https://be-beauty.jp/

商品に関するお問い合わせ
▷『Be』カスタマーサポート
□TEL 03-6869-3969
□OPEN 10:00~17:00
(祝祭日、年末年始、夏季休暇を除く月~金曜日)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)