暮らし 医療・医薬・福祉

終活スペシャリストになるための方法を伝える書籍

一般社団法人 終活協議会
~一般社団法人終活協議会から初めての出版~

一般社団法人終活協議会(本部:東京都豊島区、代表理事:竹内 義彦、以下当会)は、終活スペシャリストになるための方法を伝える書籍『終活スペシャリストになろう』を、幻冬社より2021年4月30日(金)に発売いたしました。



『終活スペシャリストになろう』は、人生100年時代における「老後資金」と「仲間」、「生きがい」をカバーする終活スペシャリストの仲間を全国に増やしていきたい、書籍を通じて一人でも多くの方に終活について知ってもらいたいという思いから出版に至りました。書籍の出版は、当会でも初めての試みとなります。

Amazonの書籍情報ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/4344932404

書籍目次

1章 「人生100年時代、老後に夢は抱けるのか
長寿の夢は叶ったが孤独な高齢者が急増し、公的年金だけでは老後資金が足りない今、「終活スペシャリスト」の需要が高まっている理由などについてお伝えします。

2章 「今求められている、終活スペシャリストという仕事
「『生涯現役』を無理なく貫くには」や、困ったときにまず相談したくなる人であり、自分のためにも周りのためにもなる仕事である終活スペシャリストについてお伝えします。

3章 「終活スペシャリストになるためには
終活スペシャリストが知っておきたい6つのジャンルや、終活協議会のバックアップ体制などについてお伝えします。

4章 「終活スペシャリストとして働くということ
「半径2キロの『町の終活先生』になる」終活ガイドの体験談などについてお伝えします。

5章 「最後まで生きがいをもち自分らしく生きるために
「多くの方に「安心」をお届けするために」、「終活をすることで『今に生きること」の大切さが実感できる」などについてお伝えします。


書籍概要
タイトル:『終活スペシャリストになろう』
著者:竹内 義彦
定価:880円(税込)
発売日:2021年4月30日
発行:幻冬社
Amazonの書籍情報ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/4344932404


【著者プロフィール】
竹内 義彦(一般社団法人終活協議会代表理事)
1969年生まれ、大阪出身。
2012年にテレビで放送された特集番組を見て、興味本位で終活をスタートするも、初めて買ったエンディングノートは、書き始めてから3日で挫折。その実体験から自分の考えや希望を整理して伝え残すことの難しさや、終活に関わる問題を相談する場所がないことに気づく。
終活に必要な知識やお役立ち情報を終活専門ブログで発信するが、全国から寄せられる相談の対応に個人での限界を感じ、自分以外にも終活の専門家(終活スペシャリスト)を増やすことを決意。
現在は、終活ガイドという資格を通じて、終活スペシャリストを育成すると同時に、終活ガイドの皆さんが活動する基盤づくりを全国展開中。


終活スペシャリストについて
高齢になって起きてくる様々な問題に対して、相談を受けたり、問題解決のお手伝いができる人のことを、本書では終活スペシャリストと呼んでいます。
具体的には、自分が住んでいる半径2Kmの地域で、なにか困ったことが起きたときに「あの人に相談してみよう」と顔を思い浮かべてもらえる存在になることですしょうか。
終活の問題を解決することで、地域コミュニティとの繋がりができますので、自分のためにも周りのためにもなる仕事と言えるでしょう。


一般社団法人終活協議会について
一般社団法人終活協議会は、「相談者ファースト」をモットーに、2015年から運営している団体です。終活で悩みや不安を抱える人のトータルサポートができる人材の育成を目指して有益な情報を発信しているほか、終活ガイドの認定資格をはじめとしたさまざまな資格や講座を提供しています。



【組織概要】
組織名:一般社団法人終活協議会
所在地:東京都豊島区巣鴨2-11-4 第3高橋ビル11階             
設立:2015年12月                           
代表理事:竹内義彦                          
事業内容:終活ガイドの資格運営、終活の相談対応と支援サービス     
URL:https://kamurogi.net/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)