医療・医薬・福祉

安価なロボットアームを用いた自動分注装置の実証機を開発

株式会社GRIPS
自動分注装置を安価な卓上型ロボットアーム・Dobot Magicianを用いた実証機を開発。今後の開発を通じて、研究・臨床現場における膨大な分注作業を高精度で自動化を目指す。



株式会社GRIPS(所在地:千葉県流山市、代表:森田康)は、株式会社アイカムス・ラボ(所在地:岩手県盛岡市、代表:片野圭二)と Luominen Lab (所在地:東京都世田谷区、代表:角田正也)らと共同で、PCR検査をはじめとした様々な研究・臨床現場で行われる分注作業を自動化する自動分注装置のコアモジュールとして、安価な卓上型ロボットアーム・Dobot Magicianを用いて実証機を開発しました。

これは、国内外の研究・臨床機関の現場において、作業量の大きな割合を占める分注(ピペッティング)作業を自動化するための装置のコアとなります。分注作業は、膨大な作業量と正確性が求められることから作業者の大きな負担となり、課題となっています。

そこで当社は、分注作業を正確に繰り返す精度を持つ自動分注装置を開発することを通じ、繰り返し作業の負担を低減し、国内外の研究・臨床現場における生産性を改善に寄与することを目指しています。

今回開発した自動分注装置のコアモジュールとなる実証機は、STEM教育向けロボットアームとして開発されたDobot Magicianを用いています。そのため、ロボットアーム自体は小学生から取り扱える高い操作性と省スペースを実現しています。一方、繰返し精度±0.2mmの性能を有することから、産業用ロボットとしても国内外の製造現場にも導入が進んでいます。

また、分注を担うピペットには、共同開発の(株)アイカムス・ラボの電動ピペット“pipetty Pro”をDobot Magician用に調整したものを採用しています。同製品は、高精度な連続分注を実現する世界最小・最軽量のペン型電動ピペットとして国内の研究・臨床機関において採用されています。分注作業の制御、データのロギングを行うソフトウエアにより、作業・実験結果の正確性、信頼性が求められる製薬の研究開発領域、受託検査領域において活躍しています。さらに、BlueTooth通信機能による遠隔制御により作業中のコンタミネーションを抑制することが可能です。

これら2つの製品を組み合わせることにより、高精度な分注作業を安価に実現する自動化装置が実現できると考え、 Luominen Lab 角田氏のもつ医療現場における新技術適用の知見から助言を得て今回のコンセプト実証機の開発に至りました。今後はより汎用性を高め、ユーザーインターフェース(UI)の改善による処理速度向上、および実験データのトレーサビリティ向上に取り組み、製品化を進めて参ります。


<構成製品仕様>
pipetty Pro
吐出範囲 : 1-250μL
精度保証範囲 : 25-250μL
再現性(C.V.) 連続分注時 20μL≦0.4% :  (25μL≦3.0%)
自動ロギング機能の搭載により、実験日時や作業者名、分注量、温度、湿度などの情報を自動でデータ化します。作業者が分注作業を行うだけで、無線通信でデータベース上にログが記録されるので、実験プロトコルに沿って正しく作業が行われたかどうかの確認も容易です。

Dobot Magician
軸数 : 3+1
最大可搬重量 : 500g
最大リーチ : 320mm
繰り返し精度 : 0.2 mm


・販売開始(予定)
2021年12月頃。

・販売価格(予定)
お問い合わせください。

<株式会社アイカムス・ラボ>
2003年設立。岩手大学の金型技術を活用した超小型プラスチック歯車減速機とマイクロアクチュエータの技術を開発し、その応用製品を主力事業とする。アクチュエータを搭載した電動ピペット「pipetty」は、世界初のペンのように持つことができる世界最小・最軽量の電動ピペットとして世界に販売されている。

< Luominen Lab >
手のひらに載るくらいの程よい科学の普及を目指すために、2015年設立。バイオ・メディカル・診断関連の装置開発、流体デバイス開発コンサルティング業務も併設。株式会社GRIPSバイオメディカル部門技術顧問。

<株式会社GRIPS>
2019年設立。産業向けにロボットアームの販売や、シングルボードコンピュータ等の汎用品を用いた自動化・省力化を提案する。産業向け技術を応用した教育コンテンツの開発・教育の実施を通じた技術者や次世代人材の育成も行っている。DOBOT社製品の正規販売代理店。

【ホームページ・お問い合わせ】
https://grips.co.jp/
担当:森田
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)