医療・医薬・福祉 アパレル・ファッション

障害福祉×デザインの想造楽工がオンラインストアをオープン!

株式会社ニューモア
障害を持つイラストレーターが生み出す世界観を、身近なライフグッズのデザインに

株式会社ニューモア(本社:東京都三鷹市 代表取締役:YORIKO(宮島 依子)が企画運営する、障害を持つ人々の絵を商業デザインに展開する事業「想造楽工(そうぞうがっこう)」は、6月1日(火)、初となるオンラインストアをオープンいたします。 サイトでは、昨年618%を達成したクラウドファンディングで展開したトートバッグを改良した商品をはじめ、イラストレーターたちの個性と才能あふれる絵をあしらった商品7種を販売いたします。 ECサイト:https://sozogakko-store.com






障害福祉×デザインの協働チーム「想造楽工」

想造楽工は、「障害の壁を越え、持ち味を生かし『好きなことを仕事にする喜び』『他者と協働する楽しさ』を誰もが目指せる世の中をつくる」をミッションに、2020年に創業したブランドです。
福祉作業施設に通う障害を持つ方をイラストレーターとして迎え、慈善事業ではなく「ビジネス」として事業を展開しています。
障害を持つ方々の絵の表現力の可能性を信じ、それぞれが持ち味を発揮し社会と対等に交わり働く環境をつくることを目標に活動しています。





6月1日(火)、初のオンラインストアをオープン。地域の職人技を活かし質にこだわった商品を展開

6月1日(火)に初となるオンラインストアをオープンし、自社プロダクトの販売を開始いたします。
URL:https://sozogakko-store.com
オープン時には、大人から子供まで楽しめるデザインの生活雑貨を中心に7カテゴリ(15種類)発売。八王子市・立川市といった多摩地域の福祉作業施設と絵の制作を重ね、ユーモアあふれるイラストとデザインを組み合わせました。
製造も地域の職人とコラボレーションし、品質にもこだわりました。

本事業の売上は、原料費、発送費などの必要経費を除いた利益の50%をイラストレーション費として還元、うち70%がイラストレーターに、30%が施設に支払われます。「絵を描く」という仕事を通じ、障害のある人々が社会と交わり働く機会を創出します。(※下記「障害者福祉市場に挑戦」参照)



主な商品ラインナップ

<鳥たちのモビール>



紙と糸だけでできたモビール。
一羽につき5枚の厚紙を張り合わせ、国内で一点一点、手作業にて作られる手工芸品です。

・価格|4,000円(税込4,400円)
・サイズ|約W26cm×H35cm(展開時の鳥たちの端から端)
・素材|紙、糸
・制作|マニュモビールズ MADE IN JAPAN
・illustration| 菅 光輝(就労継続支援B型事業所しあわせのたね:東京都八王子市)


<大きなトートバッグ>



生地から制作し、男女、年齢問わずお使いいただけるデザインと、使いやすさにとことんこだわりました。
書類やノートパソコンもすっぽり入る、40cm四方の大きめサイズ。内側ポケット付き。

・価格|文房具・数字:3,900円(税込4,290円) 雨:3,300円(税込3,630円)
・サイズ|バッグ部分約W400×H400mm、持ち手部分約700mm(持ち手幅約38mm)
・素材|綿100% MADE IN JAPAN
・illustration| 菅光輝・渡邊慶一(就労継続支援B型事業所しあわせのたね:東京都八王子市)
・印刷|奥田染工場(東京都八王子市)


<恐竜たちのTシャツ>






陽気な恐竜ファミリーのTシャツシリーズ4種類。親子おそろいで楽しめます。
恐竜の親子が全面と、なんと背面の首もとには化石になったイラストも!
おとなの商品は100%オーガニックコットンを使用、ふわっとライトな着心地です。

・価格|おとな:3,500円(税込3,850円)こども:2,200円(税込2,420円)
・サイズ|おとな:S、M、L(ユニセックス)こども:110、130、150
・素材|おとな:オーガニックコットン100% こども:コットン100%
・カラー|おとな:オフホワイト、ブラック こども:ナチュラル、ネイビー
・illustration| 菅光輝(就労継続支援B型事業所しあわせのたね:東京都八王子市)
・印刷|Strict Screen Printing GK


<花たちのレターセット>



楽しいお花畑のような、草花のイラストレーションをあしらったレターセット。
封筒は金の箔押し、便箋はシックな色味でまとめ、上質なデザインを目指しました。

・価格|600円(税込660円)
・サイズ|便箋:A5(100mm×148mm)封筒:洋2カマス封筒
・数量|1セットに便箋10枚、封筒4枚入り
・MADE IN JAPAN
・illustration| 就労継続支援B型事業所ワークセンターまことくらぶ(東京都立川市)



障害者福祉市場の課題に挑戦

一般企業で勤めることが困難な障害のある方が所属する、就労継続支援事業所の利用者の月間平均賃
金はA型で76,887円、B型で16,118円で(平成30年度)となっています。障害のある方の所得の低
さが課題に挙げられます。

株式会社ニューモアでは、課題解決策のひとつとして、障害のある方の「絵の才能」に着目。
それを商業デザインに昇華させ、自社プロダクトや企業・施設とのコラボレーションを通じビジネスとして展開していくことに挑戦します。
障害を持つイラストレーターに正当な報酬を支払い、「好きなこと」の能力を高め、働き続けられる世の中に近づけていきます。


<想造楽工(そうぞうがっこう)>
公式サイト|https://sozogakko.com
公式オンラインストア|https://sozogakko-store.com
公式Instagram|https://instagram.com/sozogakko_official

<株式会社ニューモア>
本社所在地|東京都三鷹市上連雀7-28-20
設立日|2020年4月1日
代表者|YORIKO(宮島依子)
WEBサイト|https://www.newmor.net

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)