医療・医薬・福祉

NECのリモート機能訓練支援サービスが、神奈川県のロボット補助金の対象に認定

日本電気株式会社
~サービス費用の1/3を補助~


 NECがデイサービス(通所介護)事業者向けに提供している「リモート機能訓練支援サービス」について、神奈川県の「ロボット導入支援補助金」の対象ロボットに認定されました。神奈川県下のデイサービス事業者はサービス費用の1/3を「ロボット導入支援補助金」より補助されます。

■神奈川県 ロボット導入支援補助金 について
 神奈川県では、生活支援ロボットの実用化や普及を通じて、地域の安心・安全の実現を目指す「さがみロボット産業特区」の取組として、特区の取組を活用して商品化されたロボットの導入経費の1/3を補助(年度内の限度額は、1申請につき100万円)しています。

申請方法など詳細は以下をご覧ください
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/sr4/robot-donyu-hojo.html

■リモート機能訓練支援サービスについて
 デイサービス事業所におけるご利用者の自立支援に資する個別機能訓練の提供を目的に、遠隔にいる理学療法士や作業療法士がご利用者一人一人の歩行動画などの情報を基に評価レポートを作成するとともに、評価レポートの運動プログラム動画をタブレット端末で確認できる機能を提供するクラウドサービスです。評価レポートに基づいた個別機能訓練計画書案の出力機能や運動内容の自動記録機能により、デイサービス事業者が行う個別機能訓練加算算定業務を支援します。



リモート機能訓練支援サービス 訓練動画イメージ

 リモート機能訓練支援サービスは昨年10~12月に実施した「さがみロボット産業特区」の実証実験(※)で9割の利用者から継続利用意欲の回答を得ています。この度、「ロボット導入支援補助金」の対象に認定されたことで、初期費用と補助期間分の月額費用、各々の1/3の補助を受けることが可能となります。


製品サイト:https://jpn.nec.com/rtrepo/index.html

 なお、NECは、6月25日(金)18:00よりデイサービス事業者を対象に、理学療法士を招いて「リモート機能訓練支援サービス」を活用した加算算定セミナーをウェビナーで実施予定です。

セミナー申込サイト:https://jpn.nec.com/event/210625rtrpo/index.html

(注)NECのリモート機能訓練支援サービスが、神奈川県の公募型実証実験で9割の利用者から運動継続意欲を確認
   https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000067307.html

<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>
NEC AIプラットフォーム事業部
E-Mail:info@promo.jp.nec.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)