美容・健康

『#iMUSEで医療支援』プロジェクト オリジナルLo-Fi Hip Hopを5月21日(金)から公開

株式会社フロンテッジ
当社は、当プロジェクトの企画、SNS設計およびLo-Fi Hip Hopコンテンツを作成

株式会社フロンテッジ(代表取締役社長・高瀬 竜一郎 以下フロンテッジ)は、Twitter投稿数に応じて、キリンホールディングス株式会社(社長 磯崎功典)の機能性表示食品「キリン iMUSE プラズマ乳酸菌サプリメント」(7日分)を医療機関に寄付し、医療従事者にお渡しするプロジェクト『#iMUSEで医療支援』において、オリジナルLo-Fi Hip Hopコンテンツを制作し、5月21日(金)に公開しました。


「#iMUSEで医療支援」は、公開から14日間で42,000件以上のツイートに加え、医療従事者の方への応援コメントも多数寄せられ、現在も継続中のCSV※型プログラムです。
今回公開されたコンテンツは、プロジェクトに参加する方と医療現場で働く方をつなぐ目的で制作されました。未発表曲で構成された4曲のLo-Fi Hip Hop は、トラックメーカーのBROCKBEATSが担当。この時代を生きる一人の日常と、医療従事者の姿がシンクロする映像は、アニメーション作家の今津良樹が担当しました。新しい生活様式も2年目。肩肘張らずに継続できる医療支援プログラムと、日常に寄り添った音楽コンテンツによって、一人でも多くの方に支援の輪が広がってゆくことを目指しています。
※Creating Shared Valueの略。お客様や社会と共有できる価値の創造





Lo-Fi Hip Hop制作の背景


■[Lo-Fi HipHop] BROCKBEATS presented byプラズマ乳酸菌 #iMUSEで医療支援


https://youtu.be/TFYX0qUrSyA
※『#iMUSEで医療支援』プロジェクト 特設サイト内(https://www.imuse-p.jp/support/)で公開

コロナ禍も2年目となりました。医療現場の逼迫した状況が日々報道される中、自分に何かできることはないだろうかと考える人も数多くいるはずです。『#iMUSEで医療支援』は、ツイートだけで参加できる身近な支援。それは、今日もどこかの医療現場で働く方の支えになっています。会ったことはない、でもお互いにつながっている。その連携を感じてもらうことが動画コンテンツの役割の1つ。そして、今日と変わらない明日を健やかに過ごすことこそが、間接的に医療現場を助けることになると考えました。Lo-Fi Hip Hopは、2010年代後半に生まれた音楽ムーブメントですが、コロナ禍に在宅の生活が続く中でBGMや作業用動画として楽しむ人も増えてきています。ツイートで参加して終わりではなく、日常に寄り添うプロジェクトのあり方として、今回のコンテンツは生まれました。動画の中で描かれる、現代のSTAY HOMEを象徴するアイテムの数々や、繊細な天候の移り変わり。そこに4曲のLo-Fi Hip Hopが組み合わさることで、淡々とした日常風景でも飽きることなく観る人に寄り添うコンテンツとなっています。



制作チーム

○企画制作 :株式会社フロンテッジ
SCD:上島史朗
PL:牟田神東章悟、前原理央、松田紘樹

◯アニメーション:今津良樹
アニメーション作家。東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻修了。デジタルペイントを使った技法で、様々なアーティストのミュージックビデオやTV・WEBCMなど広告のアニメーションを手掛ける他、国内外の映画祭で上映された「モフモフィクション」などオリジナル短編アニメーション作品を制作している。
https://www.yoshikiimazu.com/

◯音楽:BROCKBEATS
代表的なLo-Fi Hip Hopアーティストが数多く所属するドイツのレーベル Vinyl-Digitalに所属。欧米を中心に昨年Spotifyだけでのべ1600万回再生されている日本人トラックメーカー。
https://linktr.ee/brockbeats12/

◯音楽プロデュース:(株)ラダ・プロダクション
音楽を中心としたクリエイティブ・プロダクション。2014年の設立以来、TVCM音楽、アーティスト・マネージメントからインタラクティブ施策まで、「CATCH A MOMENT」一音一瞬で伝わる表現をミッションに活動。音楽レーベルのTYP!CAL RECORDS、813 Records主宰。21年6月には日本初となる360 Reality Audioに特化したスタジオ、山麓丸スタジオをローンチ予定。
http://www.laderpro.com/


■フロンテッジについて
フロンテッジはコミュニケーション エンタテインメント カンパニーとして、企業・商品・サービスと社会的意義の関係を見出だし、価値を上げることを目指しています。「アイデア」と「テクノロジー」を掛け合わせた創造的な課題解決を得意としています。


■会社概要
本社所在地:〒105-0003東京都港区西新橋1-18-17
代表取締役社長:高瀬竜一郎
URL:https://frontage.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)