出版・アート・カルチャー

「主治医が見つかる診療所」でおなじみのスーパードクターが教える!

株式会社 高橋書店
飲む点滴でおいしく簡単に感染症・熱中症予防!『免疫力があがる「昆布水」レシピ』5/24発売

 株式会社高橋書店(本社:東京都豊島区、代表取締役:高橋秀雄)は、2021年5月24日(月)に、『免疫力があがる「昆布水」レシピ』(秋津壽男 監修、税込1,320円)を全国の書店・オンラインストアで発売します。  日本の伝統食材“昆布”を水に浸けるだけの「昆布水」の健康効果と、それを用いた全70品の多彩なレシピを紹介します。うまみたっぷりの昆布水で日々の料理をおいしく簡単にグレードアップしながら、免疫力と抵抗力の底上げができます。免疫力が見直される今の時代に必見の一冊です。




注目の監修者、秋津壽男先生 ~飲む点滴「昆布水」のすすめ~
 本書は、「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京/TXN系列)にレギュラー出演の秋津壽男先生(秋津医院医院長)が監修しています。人呼んで“何でも解決! スーパー町医者”またの名を“医療の雑学王”。下町の一次医療を担う総合内科専門医として絶大な支持を集めています。
 「昆布水」は、そんな先生ご自身が10年以上実践する健康法。本書では、「昆布水」の詳しくわかりやすい説明から、すぐに取り入れられるレシピ(洋風、中華、エスニックなど)が満載です。まさに医×食のコラボレーション。おいしく、簡単に、一石二鳥にも三鳥にもなる健康法には説得力があり、おうち時間も増え、忙しい現代に生きる読者必見の内容です。(写真:秋津壽男先生)



昆布水とは? ~薬要らずの健康法~

 本書で紹介する「昆布水」は、昆布を水にひと晩浸けておくだけでできる簡単な水だしです。
 「昆布水」には、海のミネラルや水溶性食物繊維、うまみなどの成分がたっぷり溶け出しており、生活習慣病予防をはじめとする疾患に有益であることがわかっています。








免疫強化・感染症予防にも!  ~今こそ実践したい「飲みうがい」~
 インフルエンザウイルスは気道に付着すると、10分程度で細胞に侵入するといわれていますが、10分おきにうがいをするのは大変です。そこで提案するのが「飲みうがい」。普段口にしている飲料を、昆布水に置き換えこまめに摂取することで、のどの粘膜を保護するほか、付着したウイルスを洗い流し、強力な胃酸で大抵のウイルスを撃退することができます。昆布水をそのまま飲むもよし。ホットドリンクにアレンジするのもよしです。



▼昆布緑茶【上】
▼梅昆布茶【中央】
▼柚子昆布葛湯【下】




手軽においしく!  ~うまみが料理をおいしくする、「昆布水」長生きレシピ~
 本書は、レシピ監修として料理家の金子文恵氏を起用。医学的な根拠はもちろん、昆布水を使用した、手軽でおいしく続けられる長生きレシピ70品を紹介しています。洋風、中華、エスニック料理とも相性が良く、万能調味料ともなる昆布水の魅力が満載です!




▼ホタテの天津飯風【上】:主食、主菜、汁もの、副菜…なににでも使える!
▼チキンフリカッセ【中央】:和食だけじゃない多彩なレシピ!
▼即席海苔のおつゆ(上)・あさりの潮汁(下)【下】:うまみ成分たっぷりの昆布で減塩!




本文構成
・はじめに・薬要らずの健康法、それが「昆布水」
(「飲みうがい」のすすめ/昆布水を料理全般に使おう)
・昆布のパワーで免疫力アップ& 生活習慣病撃退!
◎Part1 昆布水を飲む健康習慣を始めよう!
 昆布水の作り方/ホットドリンクを昆布水でアレンジ/症状別おすすめの栄養素ほか
◎Part2 昆布水活用レシピ
 昆布水で始まる1日で健康に!/昆布水と合う粉末調味料/昆布水入り合わせ調味料ほか
  【主食】きのこの炊き込みご飯/ボロネーゼスパゲッティ/ピリ辛ごま涼麺ほか全14品
  【主菜】チキンフリカッセ/麻婆春雨/ラムのスパイス煮/アクアパッツァほか全20品
  【汁もの】即席みそ汁/ミネストローネ/豚キムチスープ/冷静ヨーグルトスープほか全13品
  【副菜】ミニトマトのだし浸し/アスパラガスの昆布水マリネ/シンプルポテトサラダほか全13品
◎コラム 昆布水のだしがら活用レシピ




書誌情報                                                
『免疫力があがる「昆布水」レシピ』
監修:秋津 壽男(あきつ としお)/レシピ監修:金子 文恵(かねこ ふみえ)価格:1,320円(税込)/体裁:A5判、104ページ/ISBN:978-4-471-40880-0


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)