出版・アート・カルチャー 美容・健康

シリーズ累計35万部突破!! ベストセラー『脊柱管狭窄症は自分で治せる!』シリーズ最新刊。今までなかった「四十肩/五十肩」への特効ストレッチで、「腕が上がらない痛み」も「眠れない痛み」も自分で治せる!

株式会社 学研ホールディングス
治療実績100万人超!「ゴッドハンド」として各種メディアにひっぱりだこの酒井慎太郎先生が考案。四十肩/五十肩の痛み・腕の動かしづらさを自宅でケアできる、1日5分のかんたんストレッチ。

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)は、「四十肩・五十肩は自分で治せる!」(定価:本体1100円+税)を10月10日(木)に発売いたします。



■「四十肩/五十肩は放っておけば治る」という思い込みは間違いです!

「腕が上がらない」「肩が痛い」「背中で腕が組めない」……四十肩/五十肩の痛み・苦しみは、「歳のせい」とあきらめられがちでした。
そんな「放っておくしかない」と思われていた痛みを解消する、これまでなかった健康書が登場です。

必要なものは、テニスボールとタオルと、ひも。100円均一ショップで購入できるもの、自宅にあるもので「自宅で」「ひとりで」ケアできます。

■患者数は約600万人。50代以上の4人に1人の肩が危ない!

「四十肩(五十肩)だと思う」とさかいクリニックを来院される方の中には、「腱板断裂」や「インピンジメント症候群」のかたも散見されるそう。

この「腱板断裂」の患者数は約600万人と言われ、なんと50代以上の4人に1人に!

だから、「腕が上がらない=四十肩・五十肩だ」と自己診断をして「放っておけば治る」と思い込んで放置していると、最悪の場合には手術を宣告されてしまうこともあるのです!

■ひとつでも当てはまったら、四十肩/五十肩の予備軍かも!?

四十肩・五十肩を自分で治すためのセルフチェック

■1日5分でOK! 「とにかく気持ちいい」から続けられる

99%の患者に効果があった治療法、「関節包内矯正」をもとに考案

■痛む場所から疾患を探るから、「自分に合った」ケア法がわかる

痛む場所はひとそれぞれ。自分の痛みを理解することがセルフケアの第一歩

■わかりやすい解説で納得! だから効果が実感できる

説明には図やイラストを多用。痛みの原因がわかれば解消法もよくわかる

■肩の痛みに悩む、すべての患者さんにおすすめします!

四十肩・五十肩だけでなく、「スマホ首」と話題の「ストレートネック」や「巻き肩」にも対応

■体験者の声
~第4章「四十肩・五十肩を自分で克服した症例集」より~
◆「腕を切り落としたいほど」の肩の激痛が1カ月半で完全に消えた(男性・60代)
◆肩~腕を思いどおりに動かせて、痛みは解消! 手指のしびれも大改善!(女性・60代)
◆ストレートネックと巻き肩が原因の痛みが1カ月で治まり、びっくり(女性・40代)
◆肩の痛み・動かしづらさが大改善! セルフケアで手術を避けられた(女性・20代)
◆肩の痛みが完全に消えた! 生まれ変わったかのような健康体に!(女性・60代)
◆プロのアスリートも特効ストレッチでインピンジメント症候群を克服!(男性・30代)
◆重度の五十肩にも効果出現! ガチガチだった肩関節にしなやかさが!(女性・50代)

■著者プロフィール
酒井慎太郎(さかい しんたろう)
さかいクリニックグループ代表。千葉ロッテマリーンズ オフィシャルメディカルアドバイザー。中央医療学園特別講師。柔道整復師。整形外科や腰痛専門病院などのスタッフとしての経験を生かし、腰・首・肩・ひざの痛みやスポーツ障害の疾患を得意とする。解剖実習をもとに考案した「関節包内矯正」を中心に、難治のひざ痛や、腰痛、肩こり、首痛の施術を行う。プロスポーツ選手や俳優など多くの著名人の治療も手掛けている。TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド 土曜日版」でレギュラーを担当。著書に『脊柱管狭窄症は自分で治せる!』(小社刊)など。

[商品概要]
「四十肩・五十肩は自分で治せる!」
定価:本体1100円+税
発売日:2019年10月10日(木)
判型:B6変型/176ページ
電子版:あり
ISBN:978-4-05-801079-2
発行所:(株)学研プラス
学研出版サイト:https://hon.gakken.jp/


【本書のご購入はコチラ】
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4058010797/
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/16047935/
セブンネット https://7net.omni7.jp/detail/1107027106
学研出版サイト https://hon.gakken.jp/book/2380107900
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会