美容・健康 医療・医薬・福祉

今年の梅雨はじめじめコリを磁気でほぐして快適に!長引くコロナ禍で迎える梅雨の傾向を日本気象協会・久保智子気象予報士が解説!

ピップ株式会社
6月1日(火)から実施の「じめじめコリ応援!梅雨のプレゼントキャンペーン」では雨の日数に応じて「ピップエレキバンM」「ピップマグネループEX」をプレゼント!

「ピップエレキバン」や「ピップマグネループ」など、磁気の力で血行を良くし、コリをほぐす磁気治療器を販売するピップ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:松浦由治)は、コロナ疲れを感じる人も多くいる中で迎える今年の梅雨の傾向について、日本気象協会の久保智子気象予報士に聞きました。



新型コロナウイルス感染拡大前後で、疲れやコリを感じるようになった人が多数!

ピップが日本全国47都道府県の有職者4,700名に対して実施した、新型コロナウイルス感染拡大前後の体調変化に関する調査によると、新型コロナウイルス感染拡大前後の比較で、「身体に不調や変化を感じていますか」という設問に対し、「感じる」(7.1%)、「やや感じる」(20.5%)と、約3割の人が不調や変化を感じている事実が明らかになりました<図1>。



さらに、具体的に感じるようになった症状について聞くと、6割近く(57.7%)の人が「疲れを感じやすくなった」と回答。続いて「肩がコリやすくなった」(48.7%)、「身体がなまったと感じる」(43.1%)といった症状が挙がる結果となりました<図2>。


新型コロナウイルス感染拡大から1年以上が経過しましたが、感染力が強いと言われる変異株の出現などもあり、引き続き、手洗い・マスクの着用・不要不急の外出自粛など、感染対策の徹底が求められています。


コロナ疲れに加えて、梅雨は肩コリに悩む人が多い季節

また、1年の中でコリを感じる季節を調査したところ、寒さによって血行が滞りやすくなる「冬」に次いで「梅雨」が高い結果となり、半数近い人が梅雨時期にコリを感じていることがわかっています<図3>。



今年は、全国的に例年より早い梅雨入りとなっており、既に西日本では雨の季節が到来しています。
長引くコロナ禍での疲れや肩コリを感じやすくなっている状態に加え、梅雨入りすると1カ月~1カ月半程度、雨が降る日が多くなるという季節的な要因も重なるため、日ごろコリを感じている方は重点的なケアが必要な季節と言えそうです。


今年の梅雨の傾向と注意点:日本気象協会 久保智子氏

◆今年は平年より早い梅雨入り 局地的な大雨に注意
5月は若葉の緑が青空に映える清々しい季節ですが、今年は早くも沖縄から東海地方まで梅雨入りしています。沖縄・奄美地方以外は平年より大幅に早く、統計開始以来1位か2位という記録的な早さとなっています。
梅雨入りが早くなった理由として、上空の偏西風が日本付近で平年より北を流れていることで、太平洋高気圧が張り出して梅雨前線が押し上げられたためと考えられます。今後、関東甲信から東北地方にかけても、平年並みか平年より早い梅雨入りとなりそうです。
一方、梅雨明けは平年並みの見込みで、今年は梅雨の期間が長くなる可能性があります。なお、梅雨前線の活動が活発になりやすいため、局地的に大雨となる恐れがあり、梅雨時期の降水量は平年並みか多くなるでしょう。避難経路や避難場所の確認など、早めに大雨への備えをなさってください。

◆雨の日は気圧が下がる?
天気予報でよく耳にする低気圧と高気圧。低気圧とは、周囲に比べて気圧が低い所です。空気は気圧の高い所から低い所に流れるため、低気圧の中心付近には周りから空気が流れ込みます。流れ込んだ空気は地上付近でぶつかり合って上昇し、上空で雲が作られて雨を降らせます。このため、低気圧周辺では雨の降ることが多いのです。
一方、高気圧は周囲に比べて気圧が高い所です。空気の流れは低気圧と逆で、上空の乾いた空気が地上付近に下降するため、雲が消えて晴れることが多くなります。ですから、雨の日は晴れの日に比べて気圧が低くなるのです。
気圧の変化は自律神経が乱れる原因となることがあるため、人によっては、雨の日に頭痛や関節痛、肩コリなどの症状が現れるなど、体の不調を感じることがあるようです。低気圧や前線の影響で、曇りや雨の日が多くなる梅雨の季節。事前に対策を心がけて、体調を崩さないように気をつけてお過ごしください。



気象予報士・防災士・熱中症予防指導員
久保智子氏

(プロフィール)
大学卒業後、流通業界に就職。売上と気象の関係を調べているうちに、生活の様々な分野に関わる気象に興味を持ち、気象予報士の資格を取得。
日本気象協会に所属し、北海道や関西のテレビやラジオで気象キャスターを担当。現在は、ラジオでの気象解説や小・中学校での環境授業、気象や防災についてコラム作成や講演を行っている。


雨の日が続く梅雨時期のつらいコリは磁気の力で改善!スッキリ快適に過ごそう!

長引くコロナ禍で迎える梅雨時期のコリ解消には、ストレッチなどの軽い運動をしたり、入浴で体を温めリラックスすることが効果的です。また、「簡単にケアしたい」という人はケアアイテムを活用することもオススメ。
忙しくて時間が取れない人や、日常生活の中で気軽にできるケアをお探しの人にピッタリなのが、血行を良くして老廃物を流し、コリを改善するピップエレキバン・ピップマグネループです。
雨続きで気分がどんよりしがちな日も、コリをほぐして身心共に晴れやかに過ごしましょう。

<ピップエレキバン>
ピンポイントでコリを解消する「ピップエレキバン」。磁気が体内成分に働きかけ血行を良くし、コリの原因となる老廃物を流します。貼っている間中効果が続くので、2~5日間貼ることを推奨します。そのままお風呂にも入れます。磁力の強さを選べるため、コリの状態によって使い分けが可能。こっているな、と思うところを指で軽く押さえ「少し痛い、気持ちいい」と感じるところに貼ったり、必要に応じてその周囲にご使用ください。その他、着けるだけで足裏のコリ・はりを手軽にケアする「ピップエレキバン足裏バンド」や、背中まで広がったしつこい肩コリにアプローチする「ピップエレキバンインナークリップ」もご用意しています。


<ピップマグネループ>
首にかけるだけで、手軽に首・肩のコリを解消する「ピップマグネループ」。ワンタッチで簡単に着脱でき、軽くてフィットするので、仕事中や就寝中にも快適に使用できます。シリーズ最強の200ミリテスラの強力磁力がガンコなコリにしっかり効く「ピップマグネループMAX」、ベーシックレベルの磁気治療器を使用したい方におすすめの「ピップマグネループEX」、やわらかなつけごこちでやさしい磁力の「ピップマグネループ ソフトフィット」の3種類からお選びいただけます。




「じめじめコリ応援!梅雨のプレゼントキャンペーン」実施!



<キャンペーン詳細>
【応募期間】2021年6月1日(火)~6月30日(水)

【応募方法】
1.Twitterにてピップエレキバン・ピップマグネループ(@pip_cp)をフォロー
2.キャンペーン対象の投稿をリツイート

【当選賞品&当選人数】
「ピップエレキバンM」「ピップマグネループEX50cmブラック」の2点セット。
キャンペーン期間中の雨の日数に応じて当選者数が決定!
(例)6月1日~6月30日の雨の日数が20日だっだ場合、20名様にプレゼント。

※雨の日数は東京都千代田区を基準にカウントします。
※応募要項・規約の詳細は、ピップエレキバン・ピップマグネループのTwitterアカウントをご覧ください。
※ご応募はコリにお悩みの方に限らせていただきます。

【製品概要】管理医療機器








※ピップエレキバン、ピップマグネループは、ピップ(株)の登録商標です。

【一般のお客様からのお問い合わせ先】
ピップ株式会社お客様相談室
TEL:06-6945-4427
ピップ製品情報ホームページhttps://www.pipjapan.co.jp/products/
ピップエレキバンブランドサイトhttps://www.elekiban.com/
ピップマグネループブランドサイトhttps://www.magneloop.com/
Twitter公式アカウントhttps://twitter.com/pip_cp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)