ネットサービス・アプリ 美容・健康

認知症予防の『Dr.脳トレ』|コロナ禍における認知症予防習慣についての実態調査

CMサイト
株式会社CMサイト(本社:大阪市、代表取締役:柴原誠治)は、Webサイト『Dr.脳トレ』の登録メンバーを対象に、コロナ禍における認知症予防の生活習慣の変化についてアンケート調査を行いました。 「Dr.脳トレ」は、認知症予防に特化した無料の脳トレWebゲームです。シニア層を中心に認知症予防意識の高い方にご利用頂いています。この度、登録メンバーを対象に「コロナ禍における認知症予防習慣」について実体調査を実施しました。 認知症予防の『Dr.脳トレ』 https://dr-noutore.jp/



調査サマリー

コロナ禍で77%の方が「生活習慣に変化があった」と回答。「外出」や「人とのコミュニケーション」機会が大きく減少したのに対し、在宅時間が大幅に増加し、39%の方が「ストレス」が増えたと感じていることがわかった。これらの影響により、35%の方が「認知症になる不安が増した」と答える結果となった。

一方、認知症予防の新たな生活習慣として、30%以上の方が「身体によい食事」「運動(室内)」「運動(屋外)」を積極的に取り入れ、88%の方がオンラインで利用できる「Dr.脳トレ」も積極的に参加している状況が分かった。

コロナ収束後のやりたいこととして、「国内旅行(宿泊)」72%と最も多く、「知人・家族・親戚と集まる」61%、「外食」59%の順となる。コロナ収束後は、シニア層の国内宿泊旅行や外食のニーズが意欲が旺盛であることが分かった。

調査概要

調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年5月27日~29日
対象者:Dr.脳トレ 登録メンバー
有効回答数:125名(男性53:名/女性:72名)

調査結果

Q1. コロナ禍で生活習慣に変化はありましたか?
「大きく変わった」22%、「少し変わった」52%、両方を合わせると77%のメンバーが生活習慣に変化が有ったと回答。



Q2. コロナ禍で減った事柄は何ですか?(いくつでも)
Q3. コロナ禍で増えた事柄は何ですか?(いくつでも)

「人とのコミュニケーション」「外出する機会」「運動する機会」が減少し、「インターネット利用時間」「Dr.脳トレの利用」「テレビの視聴時間」が増加。巣ごもりによる「ストレス」増加の状況が分かる結果となった。



Q4. コロナ禍で認知症になる不安は?(ひとつだけ)
65%のメンバーが「変わらない」と回答したものの、35%のメンバーは「不安が増えた」と回答する結果となった。
「家にいてばかりで物忘れが多くなった(男性・70歳~)」




Q5. コロナ禍での認知症予防として実施していることは何ですか?(いくつでも)
88%のメンバーが「Dr.脳トレ」に参加し、30%以上のメンバーが「運動(屋外)」「運動(屋内)」「身体によい食事」を積極的に取り入れている状況が分かった。


Q6. 「Dr.脳トレ」への参加は? (ひとつだけ)
「毎日参加している」48%、「ほぼ毎日参加している」48%、と9割以上のメンバーが積極的に「Dr.脳トレ」を利用。


Q7. コロナ収束後にやりたいことは何ですか? (いくつでも)
「国内旅行(宿泊)」72%と最も多く、「知人・家族・親戚と集まる」61%、「外食」59%の順となる。コロナ収束後は、国内宿泊旅行や外食のニーズが意欲が旺盛であることが分かった。
「マスク無しで外出する(女性・55~59歳)」「離れている娘&孫との再会(男性・70歳~)」「ボランティア(女性・60~64歳)」「スポーツジム通い(女性・60~64歳)」


回答者属性

性別



年齢





まとめ

認知症予防の生活習慣として「程度な運動」と「人とのコミュニケーション」が有効とされていますが、コロナ禍においてこれらが十分に行えず、認知症リスクが高まっている状況です。『Dr.脳トレ』では、オンラインで行える認知症予防の新たな生活習慣を提案し、認知症予防の啓蒙活動を取り組んでまいります。

本調査の掲載URL
https://dr-noutore.jp/column/006.html

『Dr.脳トレ』とは
トレーニングにかかる時間は1日約5分で、完全無料でご利用いただけます。すべて簡単な操作で行え、気軽に毎日楽しく続けることができます。なお本プログラムは、認知症診断医の内野 勝行医師の監修のもと提供されています。
https://dr-noutore.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)