美容・健康

【コロナ禍における男性のスキンケア意識を調査】マスク生活が続き、スキンケア意識が増加した男性は2人に1人!しかし、紫外線ケアをしている男性は、わずか23%

アンファー株式会社
アンファー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:叶屋宏一 以下「アンファー」)は、20代~30代の男性300人を対象に、コロナ禍におけるスキンケア意識について調査を実施しました。調査の結果、マスク生活が続き、よりスキンケアが重要だと思っている男性が53%いることがわかりました。しかし、スキンケアの一環である紫外線ケアを行っている男性はわずか23%ということもわかりました。


【調査概要】
調査手法:インターネットリサーチ調査
実施期間:2021年5月7日(金)~2021年5月11日(月)
調査対象:20~39歳男性 300名
※アンファー調べ





マスク生活が続き、男性のスキンケア意識は増加!しかし、紫外線ケア意識はまだまだ浸透せず


「マスク生活が続き、よりスキンケアが必要だと思うか」という質問に対し、53%の男性が必要だと思うと回答。しかし、スキンケアの一環である紫外線ケアを行っていると回答した男性は23%ということがわかりました。新型コロナウイルスの影響でマスク生活が続き「肌荒れが増えた」、「オンライン会議で自分を見る機会が増え、肌の変化に気づいた」など男性のスキンケアに対する関心は高まっていますが、スキンケアの一環である紫外線ケアに対する意識はまだまだ低いようです。



スキンケア意識が増加しても、男性が紫外線ケアを行わない理由とは


男性が紫外線ケアを行わない理由を調査したところ、最も多い理由としては「日焼けが気にならない」(55%)が挙げられました。次に「面倒くさい」(42%)、「日焼け止めのべたつきが気になる」(10%)と続きました。マスク生活に関わらず、やはり日焼けを気にする男性はまだまだ少ないという結果になりました。また、簡単に紫外線ケアが行え、べたつきが気にならないものを求める男性も多いようです。





べたつかず、スキンケアしながら紫外線もカットする「DISM オールインワンジェルUV」

DISM オールインワンジェルUVは、1品で化粧水・乳液・美容液・日やけ止めの役割を果たします。スキンケアしながら、同時に紫外線もカットすることができます。伸びがよいジェルで、べたつくことがなく、日中でも使いやすい、さらっとした軽い付け心地です。石鹸や洗顔料で落とすことができるので、クレンジングは不要です。



1品でスキンケアしながら紫外線をカット。
化粧水・乳液・美容液・日やけ止めの役割を果たす、
オールインワンジェルUV。

商品名:ディズム オールインワンジェル UV
<保湿ジェル(日中用)>
販売名:ディズム オールインワンジェル UVQR1
容量:70g(約2~3ヶ月分、朝1回使用の場合)
価格:2,100円(税抜) 2,310円(税込)

【こんな方におすすめ】
☑外出が多く、忙しい朝でも簡単に日やけ対策をしたい方
☑乾燥や、乾燥によるくすみやハリのなさが気になる方





マスクで紫外線は防げない!

Dクリニック東京 PLUS
脇坂 長興(わきさか ながおき)

紫外線を浴び続けると、肌のしみやしわ、たるみが発生しやすくなると言われています。
マスクを着用することで、紫外線を防ぐことができると思っている人が多いかと思いますが、マスクだけでは紫外線を防ぐことはできません。一般的な不織布マスクは、紫外線をブロックしきれずに、透過させてしまいます。また、マスクは着けたり外したりすることが多いため、どうしても摩擦で日焼け止めが取れやすくなってしまいます。マスク着用時に日焼け止めの塗り方で気を付けるポイントは、顔全体に日焼け止めを塗ること、こまめに日焼け止めを塗り直すことが大切です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)