医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

医療福祉業界向け「技能実習外国人採用セミナー」、6月17日(木)・7月6日(火)・7月20日(火)オンラインにて開催

レバレジーズ株式会社
技能実習制度を中心にコロナ禍における介護業界の外国人採用を徹底解説

レバレジーズグループが運営する外国人採用に特化した人材支援サービス、レバレジーズグローバルサポート ( https://leverages-global-support.com/ )は、6月17日(木)14:00~、7月6日(火)14:00~、7月20日(火)16:00~の3日間、医療福祉業界での「技能実習外国人採用」についてオンライン無料セミナーを開催いたします。





■開催背景
医療・介護業界では2025年までに 37 万人の介護職員が不足すると言われており、すでに13,804箇所の医療・介護事業所が外国人雇用を進めています。※1)外国人の雇用が不可避な時代に突入する一方で雇用をするためには煩雑な在留資格申請作業や確認するべき法律も多く、雇用者側にとって不安な部分が多くあることも事実です。

今回のセミナーでは、外国人採用におけるデメリットと受入れた際に見込めるメリットを、技能実習制度を中心に実例を踏まえてお伝えいたします。

※1) 厚生労働省「外国人雇用状況」の届出状況まとめ【本文】 (令和2年10月末時点現)
https://www.mhlw.go.jp/content/11655000/000729116.pdf


■セミナー概要




 - 登壇者プロフィール       


レバレジーズグローバルサポート 
樋口 啓亮(ひぐち けいすけ)

介護施設で施設長を務める母の影響もあり、学生時代は介護施設にてアルバイトを行う。
大学卒業後レバレジーズ社へ入社し、医療人材紹介部署にて法人営業およびキャリアドバイザーを3年間経験。その後、海外事業部の介護領域チームへ異動。介護法人営業チームを立ち上げ、介護施設や病院に対し技能実習生の採用支援を行う。

- 登壇者コメント
技能実習制度はとても複雑で、制約もあります。
しかし、リスクさえ回避すれば、介護現場の人材不足を根本から解消できるポテンシャルを持っています。この機会に是非、今後の施設運営の選択肢を増やしていただけますと幸いでございます。


外国人採用支援「Leverages Global Support」

「Leverages Global Support」は、ベトナム・ミャンマー・インドネシアを中心としたアジア圏を中心に人材支援サービスを提供。下記2つを軸に事業を展開しています。

●技能実習生の送り出し・受け入れ
信頼のおける送り出し機関や国内の監理団体と連携を取り、技能実習生の受け入れ・採用・入職後のサポートを行います。実習期間中には、個人の適性を活かしたスキルアップのほか、日常生活のフォローアップを通して、実習生の継続したサポートを行います。

●特定技能
在留資格「特定技能」をもつ外国人の支援サービスも予定しており、企業の外国人採用から採用後のフォローまで全面的に支援します。


Leverages Group

 社会の課題を解決し関係者全員の幸福を追求し続けることをミッションに、インターネットメディア・人材・システムエンジニアリング・M&A・不動産の領域で国や業界をまたいだ問題解決を行なっています。2005年に創業以来、黒字経営を継続し14年期目の2019年度は年商449億を突破しました。各分野のスペシャリストが集うオールインハウスの組織構成と、業界を絞らないポートフォリオ経営で、時代を代表するグローバル企業を目指します。


本社所在地: 〒150-6190 
       東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号渋谷スクランブルスクエア24F/25F
代表取締役: 岩槻知秀
資本金  : 5,000万円
設立   : 2005年4月
事業内容 : 人材関連事業(人材紹介・派遣、IT人材のキャリア支援など)
       M&Aコンサルティング事業
URL : https://leverages.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)