医療・医薬・福祉

第5回 顧みられない熱帯病(NTDs)の根絶を目指す議員連盟会議開催案内(ゲスト講演:ノーベル生理学・医学賞受賞 大村 智 博士(北里大学特別栄誉教授))

特定非営利活動法人SDGs・プロミス・ジャパン
日時:2021年6月3日(木)16:00~(30分程度)

「顧みられない熱帯病(NTDs)の根絶を目指す議員連盟」(会長:塩崎泰久衆議院議員、事務局長:秋野公造参議院議員 2019年5月21日発足)では、来る6月3日(木)、2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞された大村 智博士(北里大学特別栄誉教授)をゲストスピーカーとしてお迎えし第5回会議を開催いたします。


「顧みられない熱帯病(NTDs)の根絶を目指す議員連盟」(会長:塩崎泰久衆議院議員、事務局長:秋野公造参議院議員 2019年5月21日発足)では、2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞された大村 智博士(北里大学特別栄誉教授)をゲストスピーカーとしてお迎えし第5回会議を開催いたします。

「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向け、アフリカなど貧困に苦しむ人々の支援を行っている特定非営利活動法人(認定NPO法人)SDGs・プロミス・ジャパン(SPJ、理事長:鈴木りえこ)は、本機会を通じて、報道関係の皆さま方にNTDsの問題についてご理解いただきたく、本会議についてご案内申し上げます。

会議名:第5回「顧みられない熱帯病(NTDs)の根絶を目指す議員連盟」会議
日時:2021年6月3日(木)16時~
講師:大村智先生(北里大学特別栄誉教授)
内容:「顧みられない熱帯病(オンコセルカ症、リンパ系フィラリア症)へのイベルメクチンのこれまでの貢献について」
ご参加形式:オンライン(Zoom・無料)
申込フォームのURL:https://zoom.us/webinar/register/WN_CYIv-pnpThe81u_qOSjiIQ

◇顧みられない熱帯病(Neglected Tropical Diseases-NTDs )とは
「顧みられない熱帯病(NTDs)」とは、世界保健機関(WHO)が制定した熱帯地域を中心に蔓延している20の寄生虫や細菌、ウイルスによる感染症の総称です。代表的な疾病にはリンパ系フィラリア症、シャーガス病、ハンセン病、住血吸虫症、マイセトーマなどがあります。世界149の国と地域で蔓延し、感染者数は約10億人にものぼり、深刻な社会問題になっています。持続可能な開発目標(SDGs)の17目標の3番目にあたる「全ての人に健康と福祉を」のターゲットにおいても、NTDsの制圧が明記されています。本年5月には、WHOは1月30日を「世界NTDの日」と正式に認証しました。(参照:WHO「Neglected tropical diseases」)。

◇特定非営利活動法人SDGs・プロミス・ジャパン(SPJ)について 
SPJ(旧ミレニアム・プロミス・ジャパン:MPJ)は、2008年に国連事務総長特別顧問(当時)のジェフリー・サックス教授(コロンビア大学)らが、ニューヨークで設立したミレニアム・プロミスの主旨に賛同し、そのグローバルアライアンスとして設立された東京都の認定NPO法人です(共同設立者:北岡伸一、鈴木りえこ)。SPJは、SDGsの達成に向けて、アフリカをはじめとする発展途上国にて、貧しい人々のための支援活動(難民支援、女児の教育支援、農民の自立支援、自然災害被災者支援など)を行い、NTDsにより健康被害を受け、貧困から抜け出せずに苦しむ人々を支援する活動にも取り組んでいます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)