美容・健康 教育・資格・人材

“体ひとつ”でできる筋力トレーニングを順天堂大学と佐倉市が共同で作成。佐倉市オリジナル体操「Sakura 10 Minutes Exercise ~気軽に10分筋活~」

学校法人 順天堂
コロナ禍における運動不足の解消やロコモ予防に!

順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科(研究科長:吉村雅文)と千葉県佐倉市(市長:西田三十五)は、運動不足や筋力低下によって生じるロコモ(ロコモティブシンドローム、運動器症候群)や生活習慣病の予防を目指し、自分の体ひとつで手軽に実施できる10分間の運動プログラム「佐倉市オリジナル体操:Sakura 10 Minutes Exercise ~気軽に10分筋活~」を共同で作成しました。





<佐倉市オリジナル体操:Sakura 10 Minutes Exercise ~気軽に10分筋活~>
順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科で運動生理学を専門とする町田修一教授が監修した、自体重筋力トレーニングを中心とした運動プログラムです。


佐倉市オリジナル体操 URL:http://www.city.sakura.lg.jp/0000028406.html
動画URL:https://youtu.be/wwZDc5E7DIE



<佐倉市オリジナル体操のポイント>
【1】いつでも、どこでも、誰でも、体ひとつで行うことを目指し、自分の体重を負荷にしてできる筋力トレーニングを中心に構成しています。仕事や家事のすき間時間に手軽に行える10分間の運動プログラムです。

1.自分の体重の負荷を生かして行うトレーニングを紹介
【2】太もも、おしり、肩・腕周り、お腹周りなど、全身の筋力をバランスよく向上させる4つの筋力トレーニングメニューで構成されています。動画では、トレーニングのポイントや注意点を解説しています。

2.トレーニングのポイントや注意点を解説
【3】筋力トレーニングの合間の休憩時間(60秒)には、佐倉市の景色や名所の映像を楽しみながら、有酸素運動やバランストレーニングに取り組むことができます。

3.佐倉市の名所を散策する気分で有酸素運動を実施
【4】トレーニングと併せて「ロコモチェック」を行うことで、自分の筋力レベルやトレーニングの効果を確認できます。

4.トレーニング前のロコモ度チェックで自分の筋力を確認
コロナ禍でこそ意識したい筋力アップの必要性
コロナ禍における活動自粛で運動の機会も減り、運動不足の状態が長引いてしまうと、筋肉・骨・関節といった運動器の状態が悪化してしまうことが懸念されます。その結果引き起こされる移動機能の低下が「ロコモ」です。 ロコモが進行すると、今まで無理なく上れていた階段がきつく感じるようになったり、休憩なく歩けていた距離で休むことが必要になったりなど、日常生活にも支障が出ることが考えられます。「ロコモ=高齢者の問題」と捉えられがちですが、シニア世代だけでなく、若い世代においてもしっかり対策することが必要です。生涯にわたって健康で自立した生活を営むためには、体を支えたり動かしたりする筋肉を維持することが特に大切になります。
このように、コロナ禍が長期化してしまっている現状では、筋力アップを目的とする運動支援の必要性が、より一層高まっています。こうした社会的な背景を踏まえて、市民の健康増進に貢献するため、佐倉市よりオリジナル体操の共同制作の依頼を受けました。


コロナ禍で増え続けている“運動不足”が問題に。シニア世代だけでなく、若い世代にも必要な“筋活”とは? https://prtimes.jp/story/detail/arl48Jh8prW



制作のポイント
制作に際してまず留意したのは、これまでに順天堂大学が取り組んできた、学術的な取り組みを根拠とする運動プログラムの内容とすることです。効率的に運動に取り組むためには、目的に応じた適切な内容を理解するとともに、自分自身の体力の現状や、運動継続による成果を把握することも重要となります。また、「いつでも」「どこでも」実施できるという点で、筋力アップを目的とする自体重筋力トレーニングは非常に有用な方法ですが、健康増進のためには、有酸素運動やバランストレーニングといった、多面的な運動様式に取り組むことが望まれます。今回のオリジナル体操では、上記の複合的な要素を盛り込みながら、運動時間が10分間となることを目指しました。さらに、佐倉市の公式コンテンツとなることから、視聴者が佐倉市の魅力を再発見できるよう、佐倉市内の名所や風景の映像を運動中に見ていただけるように構成しています。
制作した映像は、YouTubeで公開されており、世界中の方々に視聴していただくことが可能です。一人でも多くの方が繰り返しご視聴になり、運動の習慣化に役立ててくださるようになることを目指しています。

町田 修一 教授コメント
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止を目的に活動自粛が求められる中で、千葉県佐倉市と共同でオリジナル体操を制作する運びとなりました。そして誕生した「佐倉市オリジナル体操:Sakura 10 Minutes Exercise ~気軽に10分筋活~」は、“新しい生活様式”への対応が求められるコロナ禍の中でこそ、活用していただきたいコンテンツとなっています。
この体操に取り組むことで、様々な運動を行う充実した10分間の過ごし方が身に付けられることでしょう。まずは週2回の頻度で実施することから始めて、4週間程度はトレーニングに慣れることを目標にしてください。トレーニングの効果は「ややきつい」と感じる程度に負荷を掛けることで期待できますが、自身の体力や体調に合わせ、継続することを大切にしてほしいと思います。今後、この体操が広まることで、佐倉市民の方々は勿論、ご視聴くださる皆様が笑顔で元気になっていくことを願っています。
町田 修一 教授

<関連URL>
■「JUNTENDO SPORTS」サイト
ポストコロナ時代にこそ「筋活」が必要!“新しい生活様式”に対応する「ロコモ予防運動プログラム」
https://www.juntendo.ac.jp/sports/news/20200716-01.html

■順天堂大学研究ブランディング事業
https://www.juntendo.ac.jp/university/research/JARIHES/branding_index.html

■順天堂大学COI拠点ウエブサイト:https://www.juntendo.ac.jp/coi-s/

■順大さくら“筋活”講座:https://juntendo-kinkatsu.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)