医療・医薬・福祉 美容・健康

新宿マルイでCBDが買える!「Greeus」「HEMP BABY」「SheaBrand」他 『concept shop』に新登場!

株式会社DropStone
新宿マルイ本館で開催中「concept shop」にて食品から化粧品まで様々なCBD製品を展開

株式会社DropStone(本社:東京都台東区、代表取締役:中川 智裕、以下:DropStone)は、新宿マルイ 本館8階『concept shops(コンセプトショップス)』で人気のCBDブランドの製品を6月1日(火)~20日(日)まで発売し、初日から老若男女たくさんのお客様が訪れています。




新宿マルイ本館8階に新設された『concept shops(コンセプトショップス)』に「Greeus(グリース)」のショップ名にて、CBD(カンナビジオール)製品をご紹介しています。
concept shopsは、期間ごとにテーマを決めて、そのテーマに沿ったブランドをブースごとに展開していく新しい自主販売売り場になっています。
今回のテーマは「サスティナブル」。近年、よく目にするようになったサスティナブルとは、sustain(持続する)とable(~できる)からなる言葉で、「持続可能な」「ずっと続けていける」という意味があります。
環境に優しい原料として麻由来である「CBD」もサスティナブルの素材として注目されています。

自社にて国内開発した「Greeus」を中心に、当社が輸入総代理店となっている「sheabrand」「Verobar]や、CBDグミがベストセラーとなっている「HEMP BABY」などをご紹介しています。
健康・美容に注目を集めているCBDですが、日本の中ではまだまだ認知が低いため、新宿マルイ店の支持層である20~40代の感度の高いお客様にアピールし、新しい顧客層の取り込みに期待を込めています。

新宿マルイ 本館『concept shops』はこちら
https://www.0101.co.jp/003/store-info/feature.html?article_id=4014&from=01_pc_st003_top_news-topics

【ブランド紹介】


Greeus(グリース)



Greeus(グリース)のブランド名は麻(Green)の力で私たち(us)の明日を輝かすという意味が込められています。初めてCBDを使用する方でも安心して取り入れていただけるように、スイス国産のヘンプのCBDを使用し、製品はすべて国内で生産しています。また、すべての製品が単体CBDではなく、複数のヘンプ成分を使用した“ブロードスペクトラム“を使用している点が特徴です。
日常的に幅広い方に使用いただけるように食品や化粧品などをラインナップにしています。
CBD以外の原材料もノンケミカルなど天然由来の成分にこだわることで、「Greeus」はハイクオリティで安心安全な製品をお届けしています。
https://greeus.jp/


HEMP BABAY(ヘンプベイビー)




HEMPBABYはアメリカのフロリダに本社を置く家族経営のブランドです。
家族が病気や慢性的な痛みに悩まされ、鎮痛剤に頼りきだった生活を送る中で自然治癒の方法を模索していました。CBDによって自分たちの家族が救われたように一人でも多くの人々の助けになりたいという想いからHEMPBABYを設立しました。
株式会社DropStoneはHEMPBABYの日本総代理店です。


SheaBrand(シアブランド)



SheaBrandはニューヨーク発のブランドです。化学的根拠に裏付けられた、なるべく自然のままの原料を使ったセルフケアブランドを作ることが夢だった創設者は、パッケージにもこだわりながら、サスティナブルであることも意識した製品ラインナップにしています。
あなた自身があなたらしくいられ、ベストな状態を引き出せるような製品づくりを目指しています。
株式会社DropStoneはSheaBrandの日本総代理店です。

■会社概要

・会社名 :株式会社DropStone【DropStone,Inc】
・事業内容 :小売業(食品、健康食品、サプリメント、化粧品、雑貨)、卸業(原材料、食品、健康食品)
 食品販売における企画・セミナー・コンサルティング・マネジメント業
・本社 :〒110-0015 東京都台東区東上野2-19-9 東宝工芸社第三ビル5階
・代表取締役 中川 智裕・URL:https://dropstone.co.jp/

■過去のプレスリリース一覧
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/60755
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)