美容・健康

直営店舗全店でポリエチレン製のお買い物袋を廃止

株式会社ファンケル
-FSC(R)認証紙に切り替えてCO2排出量を削減-

株式会社ファンケルは3月中旬から順次、直営店舗全店で使用しているポリエチレン製のお買い物袋の使用を廃止し、環境に配慮したFSC(R)認証紙 (*)のお買い物袋に切り替えていきます。お買い物袋は、大、中、小の3サイズを用意しました。


当社は昨年6月に、「環境を守る(E)」、「健康に生きる(S)」、「多様性を認め合う(S)」、「ガバナンス強化(G)」の四つを重点テーマとした「サステナブル宣言」を策定しました。その中の「環境を守る(E)」 具体策として、CO2排出量の削減と環境に配慮した包材の採用を推進しています。今回その一環として、直営店舗全店で使用していたポリエチレン製のお買い物袋の使用を廃止し、CO2排出量(参考:2018年度は約28.3t排出)の削減を進めてまいります。その上で、環境に配慮したFSC(R)認証紙のお買い物袋を採用し、環境の保全に貢献してまいります。





企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会