医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

「2019年度 グッドデザイン賞」を介護・保育でダブル受賞 有料老人ホーム『グランダ稲村ヶ崎 鎌倉碧邸』 保育メソッド『その子の宇宙が拡がり続けるためのことば』

株式会社ベネッセスタイルケア
 株式会社ベネッセスタイルケア(本社:東京都新宿区)は、介護と保育を主な事業としており、2019年10月1日現在、高齢者向けホームは全国の大都市を中心に327拠点、保育園は首都圏を中心に57拠点、運営しております。このたび「2019年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を介護事業、保育事業の両方で受賞いたしました。


 介護事業では、2018年10月に開設した有料老人ホームグランダ稲村ヶ崎 鎌倉碧邸(神奈川県鎌倉市)が受賞。当社の20年を超える介護事業運営で培ったノウハウを、環境づくりという切り口で共通言語化した『その方らしさに寄りそった環境づくりの手掛かり』(2017年度グッドデザイン賞)を、ハード・ソフトの両面において活用して設計、デザインした点が評価されました。
 保育事業では、こちらも当社の保育園における約25年の実践を言語化し、ベネッセメソッドとしてまとめた『その子の宇宙が拡がり続けるためのことば ~保育実践から生まれたこどもが伸びる40の手掛かり~』(書籍・カード・Webサイト)が受賞。こどもに関わる全ての人たちに向けてWebサイトでオープンソース化したことによって、社会的価値があると評価されました。

グランダ稲村ヶ崎 鎌倉碧邸



■施設概要
開設:2018年10月 所在地:神奈川県鎌倉市稲村ガ崎3-6-11
定員・居室数:35名・26室(全室個室) 
建物構造:鉄筋コンクリート造 地上3階建1棟(他1棟)

■デザインコンセプト
唯一無二のロケーションと、この場所で暮らす方々にふさわしいハードを創出するために、ベネッセスタイルケアがこれまで蓄積した環境づくりの共通言語を活用して設計・デザインを行った。また、この共通言語を通してサービスと連携した一体感も図る事で、ただ消費するのではなく、時を経ても魅力が増していくような「家」として、高齢者施設のサステナブルな在り方を目指した。

■グッドデザイン賞 審査委員による評価コメント/ウェブサイトでの紹介ページ
大小さまざまな居場所づくりや、使い勝手を丁寧に考えたディテールが印象的である。これは設計プロセスの特徴に寄るところが大きい。繰り返しが多く単調になりがちな老人ホームにおいて、ハードとソフトの両面で代替手段を提示している点が評価された。時の経過と共に空間に愛着が湧き、その意味で「住宅らしさ」が獲得される。
https://www.g-mark.org/award/describe/49355?token=WIUB6PlBF4

『その子の宇宙が拡がり続けるためのことば~保育実践から生まれたこどもが伸びる40の手掛かり~



■仕様
書籍:ソフトカバー152頁(A5版)
カード:42枚組 6.3 x 8.8 cm
Webサイト:https://www.benesse-style-care.co.jp/method02/

■デザインコンセプト
園長へのインタビューをもとに、ベネッセスタイルケアがこれまで積み上げてきた保育実践を40の共通言語として再構成し、書籍・カード・Webサイトという形で可視化・ツール化を行うことによって、様々な活用を生み出した。「やってもいいのかな?」という気持ちを後押しし、「やらねばならない」ではなく「やってみよう!」と思えるような実践知の獲得を支えるメソッドであり、さらに保育と介護という職種に関係なく、共に高め合うための、組織を支える仕組みづくりである。

■グッドデザイン賞 審査委員による評価コメント/ウェブサイトでの紹介ページ
保育のようにスタッフの業務が現場に専念している環境では、理念や実践知という深い情報共有の徹底は難しい。情報をパターン化するランゲージカードという手法は専門知識がない人でも短時間で内容を体験型で把握できるため、大手企業のスケールでマニュアル化ができない現場環境では効果的な選択である。また、開発プロセスで「能動的なアクションを自然に導くデザインが求められる」ことを把握した目標セッティングが良い。最終形だけでなくデザインアプローチが的確な取り組みとして評価した。さらにWebでのオープンソース化は、保育・育児に対する質が求められる社会傾向において社会的価値がある。
https://www.g-mark.org/award/describe/49692?token=2f5ATmcDj4

※グッドデザイン賞  公式ウェブサイト http://www.g-mark.org
グッドデザイン賞は、1957年に創設された日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。デザインを通じて産業や生活文化を高める運動として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加しています。これまでの受賞件数は48,000件以上にのぼり、受賞のシンボルである「Gマーク」は、よいデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。

ベネッセスタイルケアはこれからも、
ご高齢者、お子さま、そのご家族の「よく生きる」を支援してまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会