企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

KAKEHASHIとPHCのセールスパートナーシップ契約締結および「Musubi」と「Pharnes」の連携サービスについて

株式会社カケハシ
より良い次世代医療ITインフラ構築に向けた新規サービスを推進

株式会社カケハシ(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:中尾 豊、以下「KAKEHASHI」)は、PHC株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮崎 正次、以下「PHC」)と、ヘルスケアITソリューションに関わるセールスパートナーシップ契約を締結するとともに、両社による連携サービスの提供を予定していることをお知らせします。KAKEHASHIは、より良い次世代医療ITインフラ構築に向けた新規サービスを推進してまいります。


【本提携の概要】
KAKEHASHIは、PHCが提供するヘルスケアITソリューションのひとつである調剤医事システム「Pharnes」の販売を予定しています。また、「Pharnes」とKAKEHASHIが提供する電子薬歴システム「Musubi」とのスムーズな連携を通じて、調剤薬局におけるより効率的な医療の実現を支援します。将来的には、“かかりつけ薬剤師”時代に相応しい、患者さんへの価値提供と対物業務の効率化を促進する次世代調剤システムの実現を推進してまいります。

【KAKEHASHIについて】
株式会社カケハシは2016年に設立。「日本の医療体験を、しなやかに」をミッションに、医療現場の課題を深く理解し、最新の技術をもって今までにない医療システムを提供することで、社内外の医療従事者と一緒になってより良い日本の医療の未来を形作っていくことを目指します。
https://kakehashi.life/corporate.html

【PHCについて】
PHC株式会社は1969年に設立し、糖尿病ケア、診断、ライフサイエンス、ヘルスケアサービスの事業分野で開発、製造、販売、サービスを行うPHCホールディングス株式会社の日本における事業会社です。健康を願うすべての人々に新たな価値を創造し豊かな社会づくりに貢献することを経営理念として、付加価値の高い製品・サービスを世界125カ国以上のお客様にお届けしています。メディコム事業部は1972年に国内で初めて医事コンピューターを開発、発売して以来、事業ブランド「メディコム」を掲げ、電子カルテシステムをはじめとしたヘルスケアIT製品・サービスの提供を通じて、患者さんへの医療サービス向上と医療従事者の業務効率改善に取り組んでいます。
https://www.phchd.com/jp/medicom/pharmacies/pharnes5

<本件に関する問い合わせ先>
株式会社カケハシ 広報担当 高橋
メール: inquiry@kakehashi.life
電 話: 03-5357-7853
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会