その他 医療・医薬・福祉

ブータン王国にて、メロディ社「モバイル胎児モニターiCTG」55ユニットの引渡式が行われました

メロディ
ジェツン・ペマ王妃生誕31周年を記念して、JICAブータンとUNDPブータンより、ブータン保健省へモバイル胎児モニター55ユニットの引渡式がオンラインにて執り行われ、開発・販売元であるメロディ・インターナショナル株式会社(香川県高松市:代表取締役尾形優子)も同席しました。


引渡式は、ブータン東部のMongerリファラル病院にて、保健省のHon’ble本部長により実施されました。




6月4日(金)の日本時間午後6時(ブータン時間午後3時)より開始され、冒頭JICAブータン事務所長よりご挨拶があり、今回引き渡しされるモバイル胎児モニターの歴史と、それが産まれた背景が説明されました。離島が多く、出産環境に恵まれない地域もある中、周産期死亡率が日本国内でもワーストで低迷していた香川県にて、香川医科大学設立とともに赴任した、香川大学瀬戸内圏研究センターの原量宏特任教授(現任)が、胎児モニタリングの徹底した普及や、地域連携システムの構築に尽力し、香川県の周産期死亡率を全国一、そして世界一好成績にまで導いた歴史と共に、その成功例をブータンにも拡げていきたいとの想いが語られました。引き続いて、UNDPブータン常駐代表からの挨拶、そしてブータンエリアも管轄する在インド日本国大使館からの挨拶がありました。
それを受け、保健省のHon’ble本部長より挨拶があり、引き続いて僧侶によるiCTGへの読経と散華を経て、iCTGとサポートビデオとハンドブックの引き渡しが行われました。





その様子は、ブータン保健省のSNSでも公開されました。
▶Ministry of Health, Royal Government of Bhutan, Facebookページより
https://www.facebook.com/MoHBhutan/posts/4227613420633575




本事業は、2020年6月4日、ロテ・ツェリン首相により、国家の3大事業としての位置づけが発表された母子保健向上のためのプロジェクトであり、1年の間COVID-19対策と共に、iCTGの全国配布と運用開始が準備されてきました。
▶昨年のプレスリリース
ブータン王国にてメロディ社製「IoT胎児モニターiCTG」の導入が決定しました
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000038603.html

メロディ・インターナショナルは、ブータン保健省及びJICAブータン、UNDPブータンと協働し、ブータン国内における、国土全体をカバーする世界有数の周産期リファラルネットワークを構築とに尽力する予定です。
「幸せの国ブータン」にて「安心安全な出産の国ブータン」の実現により、GNH(Gross National Happiness:
国民総幸福量)の向上を全力でサポートします。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)