広告・マーケティング 企業向けシステム・通信・機器

中国5G&6G マーケットトレンド -2021版の英語バージョンが発売開始されました。

沖為工作室合同会社
市場調査分析レポート「中国5G&6G マーケットトレンド」グローバル販売開始。沖為工作室合同会社

将来、実用化が期待される先端技術の情報を提供する沖為工作室合同会社(東京都町田市、CEO:沖本 真也)が発行した市場調査分析レポート「中国5G&6G マーケットトレンド」の英語バージョンのグローバル販売が2021年5月28日に開始されました。


5Gの最大の課題はネットワークの不均一性の解消であり、5G時代にキーとなるのは統合型クラウドネットワークとなると考えられます。中国5G市場ではパブリック、プライベート、ハイブリッド、エッジの各クラウドを相互接続できる統合システムにより、リアルタイムなデジタル社会を構築することが目指されています。米中貿易摩擦や半導体リスクにより、中国では製造分野への投資が加速していくことが考えられ、5Gのアプリケーションとしては、AR/VR等、産業向けのモノのインターネット(IoT)アプリケーションが今後伸びていき、市場を牽引していくと考えられます。バスなどの公共車両を除く自動運転市場は、従来のガソリン車がまだ多いため、EV化への移行とともに拡大していくことが期待されます。市場調査分析レポート「中国5G&6G マーケットトレンド」では、中国5G市場トレンドについて、5Gで使われる部品(アンテナなど)の特性やサプライチェーン、5G基地局・デバイスの市場規模予測、5Gデバイス・サービストレンド等について扱っています。



弊社の国外主要代理店(パートナー)様は下記になります。
https://www.chong-wei.com/distributors.html

また沖為工作室合同会社は2021年5月28日に新社会システム総合研究所主催セミナー「スキンマイクロバイオームのグローバル市場トレンド」で講演を行いました。腸内細菌叢が消化や免疫において重要な役割を果たしていることは消費者でも認知されてきていますが、近年、皮膚にも多数の細菌が存在していることや皮膚の健康と細菌の生態系、関係性についての議論も盛んになってきています。マイクロバイオームは、細菌、真菌、ウイルス、その他の微生物が体内や皮膚に生息するミニエコシステムであり、 研究によると、皮膚の1平方センチメートルあたり100万から10億の微生物が生息しているとされます。スキンマイクロバイオームは、VogueやHarper’s Bazaarなどの雑誌でも取り上げられるようになり、スキンケアのトレンドになりつつあります。




講演ではスタートアップ企業の取り組みをはじめ、実際に弊社で購入したスキンマイクロバイオーム製品についてもご紹介させて頂きました。COVID-19の時代には、ソーシャルディスタンスが当たり前となる一方で、非接触型の社会を形成するためにデジタル化がさらに加速しました。コトラーらが提唱するマーケティング5.0はこれまで新興技術として捉えられてきたAI、NLP、センサー、ロボット工学、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)、IoT、およびブロックチェーン等をツールとして戦略的に用いることが前提となっています。マイクロバイオームに関するデータが大量に取れるようになった一方で、これらの氾濫するデータ群を研究者間で効果的に情報共有化することが課題になっており、情報管理ツールを有効活用できる企業に大きなアドバンテージがあると考えられます。

【沖為工作室合同会社について】
「人々が働き、生活するためのフェアな場所を作る」という、ミッションのために2020年に設立された会社です。国内だけでなく、米国メディアにも取り上げられ、グローバルに活動を展開しています。沖為工作室合同会社では、利用可能なすべてのネットワークを利用し、エマージングテクノロジーの領域において、迅速かつ信頼性の高い、最適な市場情報をご提供することに精進していきます。 英語表記ではChong Wei Gong Zuo Shi, LLCとなります。沖は中国語ではChongと発音し、突き進むという意味があります。困難にも恐れず突き進む者に為(Wei)るという意味と工作室(Gong Zuo Shi)は中国語でジブリスタジオなどのスタジオを意味し、市場のエンターテイナーになりたいという思いで会社名がつけられています。

もし宜しければ弊社ホームページもご覧ください。
https://www.chong-wei.com/
SNSでのフォローも歓迎いたしております。

【本件に関するお問合せ先】
沖為工作室合同会社
電話:050-4560-2377 メールアドレス:support@chong-wei.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)