医療・医薬・福祉

三洋貿易、米Twist Bioscience社と販売代理店契約を締結。二重変異株を含む新型コロナウイルス検出用ポジティブコントロールの迅速な提供を開始

三洋貿易株式会社
三洋貿易株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:新谷 正伸、以下 「三洋貿易」)は、ライフサイエンス市場に向けた取り組みの一つとして、Twist Bioscience(本社:米国サンフランシスコ、CEO:Emily Leproust、以下「Twist」)と販売代理店契約を締結し、日本市場における合成DNA関連製品の販売を開始しました。ニーズが高まる新型コロナウイルス検出用合成RNAポジティブコントロールなどを迅速に提供します。


Twistは合成DNA製造のリーディングカンパニーであり、シリコン(半導体)上で大量にDNA合成を行う革新的な術により、高品質な合成DNAを迅速に生産・提供しています。三洋貿易は、Twistの日本における販売窓口として、同社が製造する感染症関連ツール、人工遺伝子、Oligo Pools、変異体遺伝子ライブラリなどの合成DNA関連製品を提供してまいります。

この取り組みの一つとして、三洋貿易は、PCR等の新型コロナウイルスの検査・診断法の研究開発に必要とされる新型コロナウイルス検出用合成RNAポジティブコントロールの日本市場への迅速な提供を実施します。同製品は、ウイルスゲノム塩基の99.9%以上をカバーした完全合成RNAであり、品質と安全性の優れたポジティブコントロールです。増え続ける変異株の出現にも迅速に対応しており、インドで特定されたデルタ変異株検出用のポジティブコントロールも6月14日より提供を開始します。

三洋貿易は、新型コロナウイルス検出用ポジティブコントロールなどの合成DNA/RNA製品の日本市場への迅速な提供を通じて、ライフサイエンス分野の研究・開発と発展に貢献してまいります。


■Twist Bioscienceについて
Twist Bioscienceは、2013年に設立されたサンフランシスコに拠点を持つ、合成DNA/RNAツールのリーディングカンパニーです。業界初のシリコンベースでのDNA/RNAプラットフォーム技術を使用し、大量にオリゴ配列を合成し提供。この技術によりゲノミクスツールの生産を低コストで迅速に行っています。
URL:https://www.twistbioscience.com/

■Twist新型コロナウイルス検出用合成RNAポジティブコントロールについて
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を検出するポジティブコントロールRNAです。遺伝子合成によって作られた完全合成RNAであり、99.9%以上のウイルスゲノムをカバーしています。次世代シーケンス(NGS)で配列が検証されており、高い信頼性と安全性を有します。RT-PCRおよびNGSアッセイの両方での使用が可能であり、需要が高まる新型コロナウイルス診断検査の研究開発における強力なツールです。ブラジル型、インド型など、新たな変異株を含む全18種類をご用意しています。
詳細:https://www.sanyo-si.com/products/detail/twist-sars-cov-2-rna-controls/
TWISTのシリコンプラットフォームによる遺伝子作成イメージ


■三洋貿易株式会社について
1947年、旧三井物産の解体に伴い、同社神戸支店の有志によって設立。ゴム、化学品、機械機器、自動車部品等の分野において市場ニーズの高い製品の輸出入及び国内販売を行う複合型専門商社です。国内4拠点(東京・大阪・名古屋・広島)、海外ではアメリカ、中国、タイを中心に10ヵ国17拠点とグローバル展開を推進しています。「最適解への挑戦」を掲げ、様々な商品・技術の提供を通じた社会の課題解決および、最適解の発見・追及に挑戦し続けます。
三洋貿易URL:https://www.sanyo-trading.co.jp/
三洋貿易 科学機器事業部URL:https://www.sanyo-si.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)