医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

【今さら聞けない】介護外国人採用の基礎知識 セミナー開催決定。ミャンマーNo.1の介護人材送り出し実績がある講演者が生の情報をお伝えします<オンライン無料生配信>

株式会社スリーイーホールディングス
介護職における在留資格について基礎知識から採用の手順まで解説

少子高齢化、労働人口減少が進む日本。厚生労働省は2025年に38万人の介護人材の不足を予想しており、介護人材確保の必要性は日に日に増加しています。 株式会社スリーイーホールディングスは、介護人材不足の解決法として「【今さら聞けない】介護外国人採用の基礎知識」についてのセミナーを2021年6月18日(火)12時より、オンラインにて無料開催いたします。





介護職種の外国人採用

現在、日本は深刻な介護職員の不足に陥っております。
少子高齢化が進む中、厚生労働省は、2025年には38万人の介護職員が不足すると推計しています。
今回のウェビナーでは多くの施設様で人材不足の解決策として導入が進む、外国人の採用について分かりやすく解説します。
講演者は、ミャンマーNo.1送り出し機関「ミャンマー・ユニティ」で、介護技能実習生185名を日本に送り出した経験を有し、外国人受け入れ経験のない方々向けに生の情報をお届けいたします。
本ウェビナーでは外国人採用に関する知識がゼロの方でもご理解頂けるように内容を作っておりますので、外国人採用の基礎知識を身につけたい方、介護人材を採用したい介護事業所様は是非ご参加ください。

★講演内容

人手不足解消のための外国人材
介護職における「在留資格」の違いについて
外国人が活動できる業務範囲
技能実習生と特定技能のメリットデメリット
国内在住の外国人の特徴と採用に関して
採用の手順


★こんな方におすすめ

・外国人採用の経験がなく踏み切れない
・外国人採用はハードルが高いと考えている
・受入れにはどのような準備が必要かわかない
・将来の人手不足対策に外国人採用を検討してみたい

▼セミナー詳細・申し込みはこちら▼
https://media.jumpjapan.net/kaigo_seminar


セミナー概要

【開催日】 2021年 6月 18日(金)12:00 - 13:00
【当日スケジュール】 セミナー:50分 質疑応答:10分
【閲覧方法】 Zoom・YouTubeLiveから同時配信
まずは、フォームよりセミナー参加のお申込みをお願いいたします。
お申込みいただいた企業様に後日、閲覧用のURLがメールで届きます。
【主催】 株式会社スリーイーホールディングス
【定員】 100名(先着)
【参加費】 無料
【対象業種】 外国人採用の経験のない介護事業所様

■登壇者

富澤 大地 株式会社スリーイーホールディングス グローバル人材事業部神奈川大学で国際ビジネスを専攻し、2014年4月に大学卒業後、株式会社スリーイーホールディングスへ入社。同年にミャンマーへ出向。 7年間に渡り、Myanmar Unity Co.,Ltd でのミャンマーからの人材の送り出し業務や3E Yangon Co.,Ltd(当時J&K Co.,Ltd)での24業種 63社の企業の立ち上げを行ってきた。現在は海外での人材管理の経験を生かし、日本在住外国人人材の紹介提案を行っている。

▼セミナー詳細・申し込みはこちら▼
https://media.jumpjapan.net/kaigo_seminar


■セミナーご参加の注意事項
セミナーご参加の際には、事前のお申込みが必要です。
定員を超えた場合は先着とさせていただきます。
同業他社様のご参加はご遠慮いただいております。予めご了承ください。


株式会社スリーイーホールディングスについて



会社名:株式会社スリーイーホールディングス(3E Holdings Co.,Ltd.)
所在地:東京都中央区日本橋小伝馬町4番2号 VORT日本橋本町ビル
代表者:代表取締役 北中 彰
許可番号
有料職業紹介事業 13-ユ-307503
労働者派遣事業 派13-306321
特定技能外国人登録支援機関許可番号19登-000894
設立:平成2年 12月 1日
資本金:1億円

MAIL:globalsales@3ec.jp
TEL:03-5640-1770
FAX:050-5838-5619

会社HP:https://www.3ec.jp/
運営サイト:https://media.jumpjapan.net/ghr


※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
■本件に関するお問い合わせ先
株式会社スリーイーホールディングス
グローバル人材事業部 富澤大地
MAIL:d-tomizawa@3ec.jp
TEL:03-5640-1770
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)