ネットサービス・アプリ 美容・健康

最短15秒で完了する計測マジック!AIが全身24ヶ所を推定採寸する「Bodygram」スマホ写真2枚で体脂肪率や筋肉量が分かる革新的な新機能がアプリに追加!体組成の測定と目標体型へのゴール設定が可能に

Bodygram Japan株式会社
体の“内側”をも可視化する新機能で、ヘルスケアやウェルネスの領域で飛躍的に活用用途を拡張

Bodygram Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、CEO:Jin Koh)はこの度、自社開発のAI採寸テクノロジーを搭載したアプリ「Bodygram」が機能面及びUIを一新し、大幅なアプリアップデートを完了したことを発表いたします。最も特徴ある新機能は魔法の様な革新的技術となり、スマートフォンで撮影した写真2枚から、独自開発したAIにより体脂肪率と骨格筋量の推定計測が可能になりました。計測方法は従来の「Bodygram」アプリと同様に、スマートフォンで撮影した写真2枚と身長・体重・性別・年齢の入力のみで簡単に完了いたします。さらに、目指す体型に合わせてゴール設定を行うことを可能にした「ボディゴール」機能も追加となりました。


人々の生活環境やニーズの変化に応えるべく技術更新を繰り返してきた「Bodygram」は、各身体部位の採寸といった“外側”の身体データだけでなく、体組成という“内側”のデータさえも瞬時に測定できる革新的な機能追加を実現いたしました。「Bodygram」は無料のアプリであり、高価な特殊機器や専用デバイスを一切必要とせず、スマートフォン一つで誰でも簡単に自分の身体を知ることができます。基本機能で身体採寸し、アバターを活用して体型のトラッキングを行なうだけでなく、身体内部の状態把握にも活用できるようになった最新の「Bodygram」は、BtoBでの連携を含め、今後ヘルスケアやウェルネスの領域で飛躍的な用途拡張を果たしてまいります。今後のビジネス展開及び発表にご期待ください。



専用の機器は不要!スマートフォン1台、写真2枚で体脂肪率など体の“内側”のデータまでお手軽計測   数千人分のデータ学習を重ねたAIにより、魔法の様な体組成の推定計測を高精度で実現!


AIを用いた次世代の身体採寸テクノロジーアプリ「Bodygram」は、体重や身長などの数値入力及びスマートフォンで正面と側面の全身写真を撮影することで、全身24ヶ所の推定採寸が可能です。今回追加された新機能により、体組成データとして体脂肪率及び筋肉量を推定計測できるようになりました。各部位のサイズといった身体の“外側”だけでなく“内側”についても推定計測を行うことが可能となり、より踏み込んだ日々のヘルスケアマネジメントを簡単に行なっていただくことが可能になりました。また、計測した体型データや体組成データを基に、自身が目指す体型に合わせてゴール設定を行う「ボディゴール」機能も追加となっております。従来、体組成をモニタリング及びトラッキングするためには、専用の体組成計を使用し、計測データを手動で記録もしくはその他ヘルスケアアプリと連携するなど、複数の機器やツールを経由する必要があり手間となっていました。「Bodygram」は今回の革新的な技術面でのアップデートにより、場所や所有する機器を選ばず、スマートフォンさえあれば誰でも簡単に『自らの身体を知る』機会をご提供することが可能となりました。
「Bodygram」技術の根幹を担うAIは、収集した学習用の人体データで構築した独自アルゴリズムによるもので、日本を拠点に技術開発と仕組みの検証が日々行われています。採寸データ算出に際しては、画像からボディラインの推定検出を行い、さらにそのデータから各部位のサイズを推定分析しています。これら従来の仕組みに加え、体組成と相関関係にあることが判明している顔の構造分析を行うことで、2枚の写真から体組成データまで推定計測することに成功いたしました。機能の実装に向けて「Bodygram」のAIは数千人分のデータ学習を重ねており、高い精度での体組成の推定計測を実現しています。



カスタムシャツ通販のセルフ採寸機能として始まった「Bodygram」は、アパレル業界、寝具業界など  での技術導入を経て、ヘルスケア領域での本格的なビジネス展開へと発展


2018年に構想を発表して以降、常に精度とユーザビリティの向上を行ってきた「Bodygram」は、前身であるオンラインカスタムシャツブランド「Original Stitch(オリジナルスティッチ)」のセルフ採寸アシスト機能としてスタートいたしました。開発当初から、誰にでも使用可能で専用の機器を必要とせず、直観的な分かりやすさがなければ人々の生活には浸透しないと考え、スマートフォンという国民的ライフスタイル機器のみで完結可能な「手のひらに収まる採寸テクノロジー」として開発・更新を徹底してまいりました。特にコロナ禍に突入してからというもの、運動量の減少や在宅時間の増加といった生活者のライフスタイルの変化により、身体の自己管理の重要性が加速度的に増しています。「Bodygram」では、採寸データの可視化を可能にした3Dアバター機能の導入や、採寸精度の更なる向上など、使い易さや利用シーンの拡大を目指した変化を遂げてきました。また、非接触での接 客ニーズを満たす技術として、小売り業やサービス業での需要拡大も追い風に、数々の企業体とのサービス連携が急増しています。今回新たに体組成データの推定計測が可能になったことで、肥満をはじめとした生活習慣病や疾病リスクの予兆を早期に発見する手がかりとして有効活用いただけるなど、ヘルスケア領域におけるさらなる活用も期待され、「未来の技術」から「今必要な技術」へと飛躍的な成長を遂げております。

ボディグラム・ジャパン株式会社COOのRei Aibaは、今回の発表について以下のように述べています。
「この度提供を開始した新機能を通し、ユーザーの皆さんに楽しんでいただくと共に、必ずやベネフィットを感じていただけると自負しております。今回体脂肪率や筋肉量を推定計測することを可能にしたAIは、わずか3カ月という短期間で開発に成功いたしました。従来は高価なハードウェア機器を用いる必要がありましたが、『Bodygram』なら身体採寸・目標とする体型への設定・3Dアバター機能等を通し身体の変化をトラッキングするなど、よりご自身の身体について知っていただくことが可能です。ユーザーの皆さんに健康に関する知識を高めていただけるよう、有意義なインサイトを提供し続けるため、今後も一心に技術の開発と改善に取り組んでまいります。」

■Bodygram(ボディグラム)について
ボディグラムはAI(人工知能)の学習機能を駆使し身体サイズを推定する先進技術です。年齢・身長・体重・性別を入力し、服を着たまま、スマートフォンで正面と側面の2枚の写真を撮影するだけで被写体のボディラインを自動で検出し、腹囲・肩幅・手足の長さなど全身24ヶ所の推定採寸が可能になります。これまで、アパレル業界やライフスタイル・ヘルスケア領域へ技術提供・実用化を果たしており、今後もフィットネス領域など様々な分野への活用と展開を計画しています。また、消費者向けに自社アプリ「Bodygram」をApp store及びGoogle Play Storeで2020年6月に正式リリース。以降、スマートフォン1つで身体採寸できる画期的なアプリとしてユーザーの関心を集め、iOSとAndroidヘルス&フィットネスのカテゴリで1位※1を獲得しました。
※1:iOSは2020年8月10日、Androidは2020年8月13日に獲得しました。

■AI身体採寸アプリケーションBodygramダウンロードページ


App store:https://apps.apple.com/jp/app/bodygram/id1514709034
Google Pay store:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.bodygram.bodygram



■会社概要
社名 :Bodygram Japan(ボディグラム・ジャパン)株式会社
所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-18-22 S&T神宮前ビル 3F
CEO :Jin Koh
設立 :2019年 5月
URL :https://bodygram.com/ja
Bodygramに関するお問い合わせ:pr@bodygram.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)