出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

父から娘へ、突然の電話。「父さんは、ぼけてしまいました」 認知症の父との日々を描いたコミックエッセイ『ねぼけノート 認知症はじめました』が発売

株式会社朝日新聞出版
認知症の父との日々を娘がマンガで記録した「ねぼけノート 認知症はじめました」(朝日新聞出版)が2021年6月7日(月)に発売されました。認知症当事者とともにつくるウェブメディア「なかまぁる」の大人気連載がついに書籍化。高齢者の5人に1人が認知症になる時代、「大変そうなのに、癒される」「家族の物語にほっこりします」と、共感の声が続出です。



父から娘へ、突然の電話。「父さんは、ぼけてしまいました」。この日を境に著者は、1人暮らしの東京から埼玉の実家まで、父の様子を見に通う日々が始まります。同じことを何度も繰り返したり、手が震えうまく歩けなかったり、これまでとは違うお父さんを見守るのは、確かに大変そうだけれど、お父さん、いい味を出していて、どこか憎めないのです。



=====

「父さんは、バカになっちゃったの。
だから、しょっちゅう面倒みに帰ってきてください(えへ)」

(あ、かわいこぶった)

=====

父「したことと、やったことの区別がつかなくてなあ(たは)」

娘「うん、それ、同じだよね」

=====

無邪気な父とマイペースな母、2人の言動に小さなツッコミを入れる娘。都会で働く娘が父の介護に関わるようになって、はじめて気づいた父の一面や、夫婦や家族の関係を8コマ漫画に切り取っていきます。慣れない介護の日々は、大変そうだけれど、どこか笑えて愛おしい――家族の物語にほっこりします。


■著者プロフィール
あさとひわ

埼玉県出身、東京都在住。大学卒業後、デザイン会社、編集プロダクション勤務などを経て、イラストレーターとして活動中。


「ねぼけノート 認知症はじめました」
発売日:2021年6月7日(月曜日)
定価:1210円(本体1100円+税10%)
A5判、134ページ
ISBN:9784023319714
https://www.amazon.co.jp/dp/4023319716
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)