企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

Lazuli株式会社 複雑な医薬品マスタを統合する製薬業界向けソリューション「Lazuli PDP for Pharma」の提供を本格開始

Lazuli株式会社
外部マーケティングデータを一括管理するためのデータ統合基盤を構築、情報の整理・検索・呼び出しを可能にするプラットフォーム

AI技術を活用した、クラウド製品マスタ「Ninja DB」の開発・提供を行うLazuli株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:萩原 静厳、以下Lazuli)は、6月15日より、多様な医薬品マスタを統合する製薬業界向けサービス「Lazuli PDP for Pharma」の提供を本格的に開始します。


製薬業界では多くの企業が、正確な状況把握と意思決定のために、国内外のベンダーから様々な外部データを購入、利用しています。データを販売しているベンダー各社は、そのデータベースに最適な形でデータを作成、提供し、ユーザもそのサービスの目的に応じて、データベースを使い分けています。その結果、ある商品に関するデータは複数のデータベースに格納されており、場合によってはIDも異なることもあります。これにより、商品ごとに複数データベースをまたいで分析をする際に、膨大な量の手作業で名寄せをすることになるため、かなりのリソースを必要とするという課題に繋がっています。

この課題を解決するため、Lazuliの製薬業界向けソリューション「Lazuli PDP for Pharma」は、AIを駆使し複数のデータベース間における商品の名寄せを行います。製薬メーカーはLazuliのAIエンジンを活用し、複数データベースを統合することができ、データベース間でIDが異なっていても、ある商品のデータを横断して分析することが可能になります。これにより、販売・マーケティング系のデータ分析担当者は、これまで手で行っていた複数データベース間の名寄せをすることなく、スピーディーに高度な分析をすることができ、企業としてより早く正確な意思決定をする、またDX施策の実行可能性を上げる等の効果が期待できます。

Lazuli PDP for Pharma


Lazuliでは、すでに、本邦大手先発製薬メーカーとのPoCを完了し、2021年中の導入が予定されています。本ソリューションの提供開始を皮切りに、当社が注力している医薬品領域を対象に、商品情報データの民主化を目指しています。

* Lazuli PDPとは
Lazuliが開発、提供する「Lazuli PDP」は、複数の外部データベースに点在していた商品情報を一括して管理し、またデータを活用しやすい形に整理、拡張するためのPDPです。メーカーなどが保有する多様な商品マスタデータを、AIを活用して名寄せし、効能や製品の特徴からメタタグの付与や関連付けを行います。これらの情報が「NINJA DB」に格納され、「Lazuli PDP」として、ユーザーに提供されます。

<Lazuliについて>
Lazuliは2020年7月に設立されたスタートアップです。高度なAI技術とクラウドを駆使し、AI商品マスタとして、世界中の商品情報をビジネスに関わる誰もが利用できるSaaSの開発と、提供を進めています。商品が製造、流通、販売される中で、企業間、あるいは企業内においても、商品に関するデータはスムーズに同期されていないのが現状です。これがDXを阻害している大きな要因の1つと考えています。Lazuliはこれを解決すべく、ビジネスに携わる人が容易に商品の情報にアクセスできるSaaS型クラウド製品マスタNINJA DBを開発・提供しています。

「Lazuli」とそのロゴ、記載されている製品・サービス名などは、Lazuliの商標・登録商標です。無断複写・転載を禁じます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)