美容・健康

独自のMRI方式で肉体改造を徹底サポート!日々の変化がひと目でわかる、グラフ表示機能付き“ECLEAR体組成計”を新発売

エレコム株式会社
FFMI(除脂肪量指数)を表示機能を搭載し、日々のトレーニングを助ける体組成計が登場!

エレコム株式会社(本社:大阪市中央区、取締役社長:葉田順治)は、グラフ表示機能を本体に内蔵した“ECLEAR 体組成計”を発売いたしました。





【日々の変化がひと目でわかるグラフ機能付き】
 過去90日分の測定データをグラフ表示し肉体改造を徹底サポート。日々の変化がひと目でわかるグラフ表示機能搭載“ECLEAR 体組成計”です。全9項目を測定可能です。グラフモードでは、測定項目9項目全ての過去90日分のデータをグラフ表示し、日付を選択することで過去の測定結果を振り返ることができます。




【エクリアシリーズ初!マッチョ指標「FFMI」を表示】
 FFMI(除脂肪量指数)は通称「マッチョ指数」とも呼ばれ、筋肉量の多少を判定する指標です。似ている指標に「骨格筋率」があります。骨格筋率は、体重に占める骨格筋の割合を示しており、FFMIとは算出方法が異なります。骨格筋率は、脂肪が少ない方は数値が高く出やすくなります。脂肪が少なければ、筋肉量の多さに関わらず数値が高く出やすくなるため、骨格筋率のみで実際の筋肉量を判断することは困難です。
 FFMIは、算出に身長を用いることで筋肉量の多少を判断することが可能です。筋肉量を判断する際はFFMIを確認し、総合的な体型判断を行う際は骨格筋率と体脂肪率、FFMIをあわせて確認することがおすすめです。



【骨格筋率とFFMIの数値の違いについて】
 Aは身長170cm体重55kgで、 Bは身長170cm体重80kgです。2人の数値を比較すると、骨格筋率はAが15%も高いですが、FFMIはBの方が高くなっています。Bの外見は肥満気味に見えますが、実際の筋肉量は筋肉質に見える細マッチョのAよりも多いと言えます。このように、骨格筋率だけでは筋肉量を適切に評価できないため、トレーニングなどをしていて筋肉の多さを知りたい方はFFMIの数値を確認することがおすすめです。


【“筑波大学”との産学連携プロジェクトによる独自のMRI方式を採用】
 MRI測定方式により腹部全体の内臓脂肪を算出する体積推定方式を採用し、より正確な内臓脂肪レベルの評価が可能です。生活習慣病との関係が深い内臓脂肪量の測定は、筑波大学との共同研究により、MRIで胸の下~腰上までの腹部全体の断層写真を24枚撮影したことによって得られる測定データ(通常、へそまわりのCT画像1枚)を元に、内臓脂肪レベルを30段階でより正確に評価します。


【専用アプリで日々の変化をわかりやすく記録できる】
 専用スマホアプリ“ECLEAR plus”に体重・体脂肪率を手入力すると、9項目の体組成データの管理や、体重/体脂肪率/骨格筋率のグラフ表示ができ日々の変化をわかりやすく記録できます。また、体型判断を行うこともできます。専用スマホアプリ“ECLEAR plus”に記録した測定データは、iOS「ヘルスケア」とのデータ連携やExcel形式ファイルに出力することもできます。





【その他の特長】
 体重変化が詳細に把握できるように、50グラム単位の精密な測定が可能です。本体に乗ると自動で電源が入り、測定を開始。登録ユーザーを判別する自動認識機能付きで、登録したユーザー番号を選択する手間を省けます。





■製品詳細


〈ブラック〉
型番:HCS-FSG01BK
価格:¥8,778(店頭実勢価格)¥7,980(税抜)


〈ホワイト〉
型番:HCS-FSG01WH
価格:¥8,778(店頭実勢価格)¥7,980(税抜)
URL:https://www.elecom.co.jp/products/HCS-FSG01WH.html


詳細は下記URLより当社HPをご覧ください。
https://www.elecom.co.jp/news/new/20210608-07/


【エレコム株式会社 会社概要】
■会社名 :エレコム株式会社
■本社所在地 :大阪市中央区伏見町4丁目1番1号 LAタワー9F
■設立 :昭和61年(1986年)5月
■代表者 :取締役社長 葉田 順治
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)