暮らし 医療・医薬・福祉

ロイヤルカナン ジャポン、次世代の獣医療を担う学生の育成を支援 

ロイヤルカナン ジャポン合同会社
第2回オンラインイベントに16大学から約70名の獣医学生が参加


栄養学に基づいた犬と猫のプレミアムペットフードおよび食事療法食を展開するロイヤルカナン ジャポン(本社:東京都港区、社長:山本 俊之)は5月18日(火)、獣医学生を対象に、獣医師の多様なキャリアを紹介し卒業後のキャリア形成のサポートを目的としたオンラインイベント「キャリアユニバーシティ ~先輩に聞く卒業後の多様なキャリア~」(第2回)を開催し、全国16の大学から約70名の学生が参加しました。


最初に登壇した前田晴子先生(共立製薬株式会社)は、開発部門をはじめとして社内に多くの獣医師が在籍するなど、製薬会社には活躍できる様々な場がある点や、営業担当向けの学術トレーニングの実施、販促ツールの作成・提供、パートナー企業との協業など、企業で働く獣医師の具体的な業務内容を説明しました。人と同じように動物に薬を提供するという製薬会社の使命を担い、多くの動物の役に立てることや、多くの人と関われることに喜びを感じると、仕事のやりがいを紹介しました。

次に益田豊(ロイヤルカナン ジャポン)は、製品売上の進捗確認、営業資料の作成、キャンペーン立案など、セールスプランニング担当としての多岐にわたる業務内容を1日の流れも例示し紹介しました。獣医学生に対して、これからどの様な道に進んでも必ず起きる変化に対して、柔軟に対応できるよう意識しておくことが大事だとエールを送りました。

国家公務員として働く先輩となる菊池栄作先生(農林水産省動物衛生課(現 内閣府食品安全委員会))は、農林水産省における獣医系技術職員の業務内容を紹介しました。「畜産物の安全性確保」、「家畜衛生の向上」のための業務を行う消費・安全局や、「生産振興・経営安定対策」、「畜産物の流通合理化・消費拡大」のための業務を行う生産局の様々な取り組みのほか、農林水産省の機関である動物検疫所や動物医薬品検査所、関連機関である家畜改良センターなどで働く獣医師の多様な役割を紹介しました。

最後に、動物病院で働く先輩として登壇した木村真治先生(王禅寺ペットクリニック 院長)は、開業以外での勤務医・専門医としてのキャリアの築き方や、それを支える病院が増えてきている現況を説明し、その上で研修医を中心にした動物病院の1日の流れを例に、入院管理、診療、手術、トレーニングなど多岐にわたる業務内容を紹介しました。獣医師は「ペットとの生活」を守ると同時に、命の大切さを説く大事な職業であることや、勤務医も開業医と同等以上にプロフェッショナルとしての自覚を持つ必要があると結びました。


各獣医師の講演後に行われた座談会では、参加した獣医学生から多くの質問が寄せられました。「学生の時にしておけば良かったと感じること」に対して、獣医療と無関係なアルバイトの経験や、多くの人と知り合いコミュニティ・ネットワークを拡げておくことなど、各先生から揃ってコミュニケーション力を磨くことが大事だと回答がありました。その他にも、進路を決めた時期、就職を有利にするために行った課外活動など、獣医学生のキャリア形成のための貴重なアドバイスや考えが紹介されました。

ロイヤルカナンは今後も年2~3回のイベント開催を通して、獣医学生のキャリア形成サポートを継続する予定です。また、栄養学に限らず様々な卒後教育を充実させ、獣医学生、若手獣医師を包括的にサポートしていきます。そして、獣医療の更なる発展と未来を考え、様々な取り組みを通してサポートを行い、共に歩みを続けて参ります。

■オンラインイベント詳細
イベント名称: キャリアユニバーシティ ~先輩に聞く卒業後の多様なキャリア~
配信日時: 2021年5月18日(火) 18:00 ~ 20:00

内容: 
1.様々な業界で活躍する“先輩”獣医師による講演 ~実際の仕事内容を教えます!~
 1.<動物病院>木村真治先生(王禅寺ペットクリニック 院長)
 2.<公務員>菊池栄作先生(農林水産省動物衛生課(現 内閣府食品安全委員会))
 3.<企業>前田晴子先生(共立製薬株式会社)、益田豊(ロイヤルカナン ジャポン)
2.先輩獣医師による座談会 ~“ぶっちゃけ”の話を聞いてみよう~
3.ビジネスマナー講座「社会人への第一歩、面接編」
講師:香山万由里先生(一般社団法人ファーストクラスアカデミー代表理事)
 1. 一瞬でデキるを印象付ける“第一印象”のコントロール
 2. 面接官に興味を惹かせる“仕草”のコントロール
 3. 採用を引き寄せる“コミュニケーション”のコントロール

対象者: 獣医学生
受講料: 無料

講師プロフィール
各分野で活躍する“先輩”獣医師



ロイヤルカナン社について
ロイヤルカナン社は、50年以上にわたり、犬と猫に真の健康を提供することに尽力しています。1968年、フランス人獣医師ジャン カタリーにより創設されて以来、獣医師、ブリーダーなど世界中のペットの専門家との連携を通して栄養学と知識の限界を押し広げることにより、A BETTER WORLD FOR PETS™(ペットのためのより良い世界)の実現を目指しています。常に犬と猫の栄養ニーズをイノベーションプロセスの中心に置いて、犬や猫の品種、年齢、身体のサイズ、ライフスタイル、感受性、活動レベルを科学と観察を通じて研究し、それぞれの犬や猫に最適な栄養バランスのフードを開発しています。ロイヤルカナンは、責任ある原材料調達、CO2排出量および廃棄物の削減、持続可能なパッケージ資材の使用という観点から、サステナビリティへの取り組みを推し進めています。世界100カ所以上の市場で事業展開しているロイヤルカナンの従業員は約7,800名。そのうち、約500名が獣医師と栄養学の専門家です。また、世界中に16カ所の工場、1カ所の研究開発センター、2カ所のイノベーションセンター、4カ所の研究所を運営しています。ロイヤルカナンの栄養学に基づいたフード製品は、世界中の動物病院、ペット専門店または公式通販サイトを通して販売されています。日本をはじめ、ヨーロッパ地域以外では、ロイヤルカナン社はユーカヌバ製品を展開しています。ユーカヌバは愛犬の健康とアクティブな毎日をサポートするフードブランドです。
ロイヤルカナンに関する詳細: https://www.royalcanin.com/jp/
ユーカヌバに関する詳細: https://www.eukanuba.jp/
ロイヤルカナン ジャポン企業サイト: https://royalcanin.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)