ホテル・レジャー 美容・健康

軟水技術を用いたクラフト温泉「Le Furo HITO VISON」が、VISON本草湯に誕生。

ルフロ
国内初 『採掘しない温泉』大浴場型クラフト温泉施設

クラフト温泉(R)の製造・販売を手掛ける株式会社Le Furo(本社:東京都港区、代表取締役:三田直樹)は、国内最大級の商業施設であるVISON(三重県多気町)の本草湯において、高濃度クラフト温泉「HITO VISON」の提供を2021年 6月5日(土)より開始し、施設内でも発売いたします。




Le Furo website: https://le-furo.com/


Le Furo HITO VISON》の3つの特徴
1. 掘らない温泉 大注目のクラフト温泉の国内初展開
2. 天然温泉比約1万倍という超高濃度還元が可能のため、移動・備蓄が容易で低コストでの温泉開発を実現。
3. 特許技術のクラフト温泉精製により、採掘不要の温泉開発が可能で環境負荷が小さい

HITO VISON誕生の背景



Craft Onsen/クラフト温泉(R) は、世界初の職人の手により誕生した温泉です。各地の天然温泉を原料に専用工房で温泉シェール層から採掘した鉱石を細かく挽き、高圧の釜に投入し丁寧に攪拌し温泉成分だけを取り出します。土の味を識る職人が、各地の温泉の雑味まで忠実に精製します。この技術で天然温泉比で数千~1万倍という超高濃度の濃縮温泉入浴液が誕生、私達は秘湯にちなみ”HITO”と名付けました。




■VISONのSDGsへの様々な取り組み
VISONの所在地である多気は古来より「多くの気(いのち)を育む場所」と言われてきました。山海の豊かな多気町には「癒・食・知」の要素が揃い、地域に新たな活力や暮らしを生み出す希望にあふれています。そこで、VISONでは、式年遷宮をモデルとし、20年に一度木造建築物の一部の建て替えを視野に入れた上で、木材を使用して施設を建築するなど林業を継続した産業として支えることを目指しています。また、三重県内にて余っている生地を買い取りVISONエコバッグ製造などに活用、売れ残った魚や野菜市場で余った食材を再利用し、食品ロス0の取り組みを行い、さらに延縄(はえなわ)漁で捕られたマグロのみを販売し乱獲を防止、地域産物の価値向上を目指しています。

■VISONのスーパーシティ特区への取り組み
VISONは、多気町、大台町、明和町、度会町、大紀町、紀北町と連携し、地域課題を解決するためのスーパーシティ特区構想があります。VISONをスーパーシティのグリーンフィールドとし、施設内での自動運転、モビリティ、自律式ドローンの活用、遠隔医療クリニック、キャッシュレス・地域通貨に取り組み、これらの先端的サービスを一つのIDで管理する「One-ID」データ連携基盤を構築します。その実践によるノウハウを連携する6市町に展開することで地域住民の利便性の向上、地域活性化を図り、新たな未来社会の先行実現を目指します。


SDGsの取り組み及び地方創生に力を入れているVISONが目指す未来を実現させる為に、VISONに関わる企業や、来場したお客様も参加頂ける「サーキュラーコミュニティー」を形成し、VISON内での体感・体験を通じてSDGs活動に貢献を頂ける様々な施策を通じて、コミュニティーの一員となって頂きます。また、出店する各テナントと協力することで、地産地消などの経済効果を目指します。


Le Furo HITO VISON製品概要】
商品名:Le Furo HITO VISON (入浴液)ほか
価格: 300ml (約10回分) 4,950円(税込)ほか
販売方法: VISON施設内限定販売
販売店:VISON(三重県多気町)




Le Furoについて
温泉の社会的活用をミッションに2013年に創業。世界初の鉱石抽出型温泉、「クラフト温泉」を開発し、国内の様々な源泉をクラフト温泉化する取り組みを行う。この技術により天然温泉比で約5000-1万倍 という高濃度化が実現、成分の安定のほか、移動・保存が容易になり、資源としての温泉輸出を含め温泉の活用法が飛躍的に広がった。
現在はVISONを始め直営、グループ施設12カ所の運営に加え、クラフト温泉原料開発製造から製品の企画販売を行う。
【会社概要】
会社名:株式会社Le Furo
所在地:東京都港区西麻布3-21-3
代表者:三田直樹
設立:2013年
URL:https://le-furo.com/
事業内容: クラフト温泉の製造、販売およびTOJI施設の企画、運営
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)